町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本人の平均寿命が50年を越えたのはいつごろのこと?

<<   作成日時 : 2013/10/08 07:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

画像
★科学★
問題:戦国時代のまっただ中、永禄(えいろく)3年5月19日、西暦では1560年6月12日。今川義元(よしもと)は桶狭間の戦いで命を落としたそうです。満41歳ぐらいだったらしい。軍勢の数から見れば、今川軍は圧倒的に有利でした。でも捨て身の突入作戦により、織田信長がジャイアント・キリングを果たします。
■このとき、織田信長は満25歳ぐらい。出陣の際には、謡曲「敦盛」で一差し(ひとさし)舞ったといわれます。まぁ、「信長公記(しんちょうこうき、のぶながこうき)」という本によれば、「…敦盛一番の外はお舞にならず『人間五十年、下天の内をくらぶれば夢幻のごとくなり』の節をうたいなれた口つきで舞われます」。信長はなんとかのひとつ覚えみたいに敦盛で舞うのが好きだったのかな。手下どもは「また始まったぜ」と目くばせしあったのかな。
■ともあれ、このころ一般に「人生は50年ぐらいのものだ」という認識があったようですね。もちろん当時は戸籍もキチンとはしていませんでしたし、統計もあまり厳密に行なわれなかったかもしれません。ホントに平均寿命が50年だったのかどうかはわかりません。
■では、専門家たちが「日本人の平均寿命が50年を越えた」と推定しているのは、次のどの時代でしょうか?
[い]鎌倉時代
[ろ]戦国時代
[は]江戸時代後期
[に]大正時代
[ほ]第二次世界大戦後
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]第二次世界大戦後
説明:意外なほどに遅かったようですね。参考資料*1には次のような記述があります。「1947(昭和22年)に生まれた男性の平均寿命(ゼロ歳児の平均余命)は、50.1年、女性は54.0年だった。戦前の日本人男女の平均寿命は50年に達していなかったから、日本人の寿命は47年に初めて50歳を超えたといえる。『人生50年』時代の幕開けである」。
■信長が言っていた「人生50年」は、戦国武将たちの平均値だったのかもしれません。彼らは庶民とは異なり、飢え死にはあまり縁がありません。そのかわり不慮の死は多発します。畳や布団の上では死ねない人が多いわけですね。好敵手の武田信玄は満51歳。上杉謙信は満48歳。このふたりは病死と見られています。信長自身は満47か48歳で亡くなっています。誕生日に諸説あって、はっきりしないようです。ご存じのとおり殺人事件の被害者です。
■日本人の平均寿命が男女ともに60年を越えたのは昭和26年(1951年)だそうです。たった4年で寿命が10年伸びたというのは凄いな。抗生物質の普及で結核その他の感染症で亡くなる人が急激に減ったのかな。
■平均寿命が70歳を越えたのは昭和46年(1971年)だそうです。女性が80年を越えたのはバブル景気が始まるころ、昭和59年(1984年)だったそうです。男性は21世紀になってもまだ80年の手前で足踏みしているのはご存じのとおりです。
■平成24年(2012年)の統計では、女性は86.41歳、男性は79.94歳とのこと。6年余り女性のほうが長生きのようです。女性は世界一、男性は世界で5番目に長生きなんだそうです*2。
■Wikipediaの「国の平均寿命順リスト」という項によれば、日本はスイスやサンマリノと並んで、男女総合で世界一の長寿国だそうです*1。この資料によれば、男性の世界一はカタールだそうです。あんな暑い国で平均して83歳まで生きているんだとか。凄いな。
◆参考*1:書籍「死因事典」文庫初版22頁、東嶋和子(とうじま わこ)著、ISBN4-06-257309-1、講談社
◇*2HP「日本人の平均寿命、女性2年ぶり世界一 男性は5位 :日本経済新聞」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2502J_V20C13A7000000/
◇*3HP「国の平均寿命順リスト - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%AF%BF%E5%91%BD%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東国に下った僧侶が馬と交換されてしまう原因は?
●●●●●★歴史★● 問題:参考資料*1の「古事談」という鎌倉時代初期の説話集に、不思議な話が掲載されていました。ある僧侶が東国に下り、修行していたそうです。法華経に凝っていたらしい。 ■ところがあることがきっかけで僧は自分の身体を東北に持って行かれることになります。しかも馬と交換されるということになったらしい。どうも奴隷の身分に落とされちゃったようですね。 ■修行中の僧侶がなぜ馬と交換されることになったのか。次の中からその理由を選んで下さい。 [い]誤って人を殺してしまった [... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2015/05/23 09:17
江戸時代には有名だった女詐欺師、妙海尼(みょうかいに)。誰の配偶者と称していたの?
●●●●●★歴史★● 問題:泥棒や詐欺、殺人や虐め(いじめ)は誰がみても悪徳です。悪徳ではありますが、なくそうとしてもなくならないものらしい。どんな国家体制であっても、どんな宗教が支配していても、その社会にはかならずこうした悪徳は存在すると言われます。自然が真空を忌み嫌うように、人間が生きている場所には必ず悪徳の影がつきまとうものらしい。 ■我が国の江戸時代にも、もちろんこれらの悪徳はありました。その中でいちばん笑える人物の1人は妙海尼という人物かもしれません。「妙海語」という書物によ... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2016/01/09 08:47
ツタンカーメンの墓の封印が解かれた日。王の呪いで亡くなった人は結局何人だったの?
●●●●★科学★●● 問題:1922年(大正11年)の今日、11月5日。ハワード・カーターというイギリスの考古学者がツタンカーメン王の墓の封印を解いたそうです。ご存知のとおり、ツタンカーメン王の墓は、他の王様の墓と異なり、ほとんど盗掘の被害にあっていなかったらしい。黄金のマスクのほか、さまざまな副葬品が掘り出されたようです(口絵参照)。 ■発掘計画の資金提供者、カーナヴォン卿がその5ヶ月後、1923年(大正12年)4月5日に亡くなったことが発端となり、ツタンカーメン王の呪い(ファラオの... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2016/11/05 06:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
桶狭間の戦いで信長が勝利したのは・・・・実は!?
という小説を加藤博という小説家が『信長の柩』という作品の中で書いてます。
なかなか面白い説ですよ。

しかし、やっぱり医学の進歩は大事なようですな。
ねこのひげ
2013/10/09 02:58
コメントをありがとうございます。

 百年以内にはおそらく癌も不治の病ではなくなるのでしょう。遺伝子解析による研究や再生医療の進歩が、その第一歩なのかな。
 日本あるいはほとんどの国で、死因の第1位は老衰になっちゃうのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/10/09 07:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本人の平均寿命が50年を越えたのはいつごろのこと? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる