町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「断腸の思い」の故事に登場する動物とは虎なの? 鼠なの?

<<   作成日時 : 2013/10/17 07:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★日本語★
問題:断腸の思いという言葉をご存じだと思います。「はらわたがちぎれるほど、悲しくつらい思い」だそうです。
■最適の例は浅野内匠頭長矩(たくみのかみ ながのり)ですね。憎き吉良上野介義央(きら こうずけのすけ よしひさ)は殺せず軽傷を与えたのみでした。それなのに自身は切腹。お家はお取り潰し。一族郎党、明日からみな浪々の身です。
■刃傷事件の報を耳にした5代目将軍綱吉の決断で、即日切腹と決まったそうです。陸奥一関藩主田村建顕(たつあき)邸の庭先で切腹します。大名の切腹です。いわゆる「扇子腹」ではありません*1。ホントの刃物を腹に突き立てます。当然ながら皮膚・皮下脂肪・筋肉・腹膜は切り裂かれ、腸(はらわた)はちぎれます。痛い。苦しい。それ以上に悔しい。なんて思うひまもあらばこそ。介錯人に首を切り落とされてしまいます。
■断腸の思いは、ある中国の故事に由来する表現だそうです。そこには十二支の構成員である、ある動物がかかわっているらしい。ではその動物とは次のどれでしょうか?
[い]鼠
[ろ]虎
[は]馬
[に]羊
[ほ]猿
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ほ]猿
説明:中国の5世紀の王朝宋(南朝)のころに成立した話のネタ本(逸話集)に、「世説新語(せせつしんご)」というのがあるそうです。以前にもご紹介したことがありますね*4*5。「世説新語」に記されたお話が「断腸の思い」の語源になっていると言われます。
■東晋(4世紀前半から5世紀前半、宋の前に存在した王朝)の武将、桓温(かんおん)が蜀に攻め込み、水軍で三峡と呼ばれる土地までやってきました。軍船を浮かべている川は長江です。最下流では揚子江と呼ばれます。川沿いには成都・武漢・重慶・上海・南京などの大きな都市があります。桓温がやってきた場所には、現在では三峡ダムという大きな貯水池・発電所があるらしい。
■兵士の1人が戯れに子猿を捕まえたそうです。母猿は悲しみ、鳴きながら数十kmに渡り、岸沿いについてきたとのこと。最後には船に飛び込んで来て、そのまま息絶えたとのこと。
■「その腹を裂いて調べてみると、腸はずたずたにちぎれていた」*3。この話が桓温の耳に入り、動物愛護精神にあふれた指揮官はひどく立腹し、その兵士の腹に剣を突き立てて掻き回した…というのはちょっとグロですね。実際には単に懲戒解雇処分に処しただけのようです。
■子供を人間に奪われた母親を描いたものでは、金子みすずの「すずめのかあさん」という詩がありますね。テレビCMなどでもときどき聴きます
---『すずめのかあさん』

---子どもが
---子すずめ
---つかまえた。

---その子の
---かあさん
---わらってた。

---すずめの
---かあさん
---それみてた。

---お屋根で
---鳴かずに
---それ見てた。
■猿も雀も理不尽な不幸に見舞われた母親はさぞ哀しかったのでしょう。でも感情の表現方法には違いがあります。日本人としては、雀の母親のほうに心を動かされます。世界の大部分の人間にとっては、積極的に歎き悲しむほうが単純でわかりやすいのかな。
■中国の逸話にイチャモンをつけるわけではありませんが、母猿の腹を裂いた理由がわかりません。司法解剖のつもりでしょうか。資格を持たない者が行なえば死体損壊の罪に問われそうですが。普通なら母子の遺骸を丁重に水葬してお仕舞いにする話でしょう。あっ、まだ子猿は生きていたのかな。
◆参考*1:HP「切腹したらどのぐらいで死ぬの?」
http://blog.q-q.jp/201309/article_13.html
◇*2HP「世説新語 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E8%AA%AC%E6%96%B0%E8%AA%9E
◇*3書籍「ことばの散歩道V 日中ことわざ雑記」初版103頁、上野恵司著、白帝社
◇*4HP「漢検3級程度四字熟語書取問題。「ガデン引水」のガデンはどう書くの?」
http://blog.q-q.jp/200812/article_15.html
◇*5HP「漢検一級程度。難しい四字熟語の読みです。「漱石枕流」はなんと読むの?」
http://blog.q-q.jp/200811/article_26.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「断腸の思い」は漢文で学習。泣きながら母親猿に同情しましたね。

「大怪獣ガッパ」(日活)も子ガッパ(卵)を人間が東京に持ち帰り"親ガッパ"が子ガッパを探して探して…

泣けるなあ〜断腸の思い
sadakun_d
2013/10/17 13:18
なんで、ワザワザ腹を裂いてみたのか、理由がよくわからないですね。
死んだ原因を探ろうとしたんでしょうけど・・・
母猿の気持ちがわからんとは・・・

子ザルが成長して、豊臣秀吉(サル)になって敵討ちをしようと中国に戦いを挑んだのかな?
ねこのひげ
2013/10/18 02:43
コメントをありがとうございます。

 そうか。人間に身体の格好が似ているけれど、カッパは卵生なんですね。胎生であるわれら人類とは違うんだな。
 待てよ。かの清水崑先生の漫画には、お腹が膨らんだ雌のカッパが描かれていたような気もするけど。記憶違いかな。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2013/10/18 14:21
コメントをありがとうございます。

 サルの生まれ変わり(?)が朝鮮経由で大陸に挑むというのは、気宇壮大でなかなか面白いお話ですね。映画にしたいような。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/10/18 14:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「断腸の思い」の故事に登場する動物とは虎なの? 鼠なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる