町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ファラリスの雄牛とはどんなものなの?

<<   作成日時 : 2013/10/16 07:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:世界史の書籍の片隅に記された言葉です。「ファラリスの雄牛」。耳にされたことがあるでしょうか。
■Wikipediaの日本語版にも項目が立っています。でも、あまり認知度は高くないようです。では、「ファラリスの雄牛」とは次のどれに該当するのでしょうか?
[い]子供に命を助けられた恩返しに、非道なふるまいをする王を角で突き殺してしまうという牛にまつわる美談
[ろ]神話に登場する牛。めったやたらに好色で雌牛を追いかける有名な雄牛
[は]ギリシャの彫刻家ペイディアスの作品の1つ。記録には残されているものの実物が発見されず、幻の牛として好事家・収集家たちが追っているもの
[に]雄牛と乳牛の最適な割合を導き出すための計算法
[ほ]死刑執行、あるいは拷問のための道具
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]死刑執行、あるいは拷問のための道具
説明:ファラリスの雄牛は、紀元前6世紀ごろ、古代ギリシャのお話らしい。シチリア島の植民都市アクラガス(現アグリジェント)にファラリスという僣主がいたそうです。僣主は、「古代ギリシャのポリスで、非合法手段によって政権を握った独裁者」だそうです。
■そういえば以前にご紹介した「ダモクレスの剣」に登場する僣主もシチリア島の植民都市の親分でした*4。こちらはシラクサという都市でした。古代ギリシャ人はシチリアに植民都市をつくるのが好きなのかな。
■それはともかく、ファラリスはアテネの真鍮鋳物師ペリロスという人に真鍮製の牛の像を造るように命じました。中は空洞で人間が入れられるぐらいの大きさ。鍵のかかる扉がついているそうです。ファラリスは、2つのむずかしい注文をしたらしい。
---煙が馥郁(ふくいく)たる芳香の雲となって立ち上るようにせよ
---中の者の叫び声が「猛る雄牛のうなり声のような音を発するようにせよ」。
■前者の注文は、空洞中に香草を入れ、人といっしょに加熱することで解決したようです。後者の注文は、牛の頭部に金管楽器のような複雑な構造を施すことで解決できたらしい。
■Wikipediaによれば、ファラリスは最初の犠牲者としてペリロスを選んだそうです。僣主様は制作費と材料費が「高すぎる」と激怒した…というのは単なる憶測ですけど。「牛のうなり声が出るかどうか試したい」と騙してペリロスを中に閉じ込め、下から火で炙ったらしい。実験は成功だったのでしょうか。
■参考資料*3のニコニコ大百科にはちょっと異なる意見が記されています。「死ぬ寸前に出されたものの、褒美を貰えるどころか崖から落とされて死んだ」。いずれにせよ、最初の犠牲者が制作者自身だったという点では共通しているようです。
■処刑用具にまつわる似た話があります。フランス革命時にギロチンの活用を提案したギヨタン博士自身がギロチンで断頭されたという話ですね。ただし、Wikipediaのギロチンの項によれば、これは事実ではないという記述がありました(131016現在)。ギヨタン博士は1814年(文化(ぶんか)11年)に肩にできた腫瘍が元で亡くなっているとのこと。
■ファラリスは雄牛像を活用して拷問や処刑に使っていましたが、やがて彼自身も僣主の座を追われるときに、雄牛像で炙り殺されました。また、ローマ人がキリスト教徒を迫害する際にも使われたとも言われます。
■以上、お話としては興味深いのですが、どこまでが歴史上の事実かどうかははっきりしない点も多いようです。たとえば雄牛像は青銅製という説もあるらしい。我が国では江戸時代に入っても真鍮は高価だったと言われます*5。きっと古代ギリシャにおいても青銅のほうが安価だったでしょうけれど、ホントのことはわかりません。雄牛像の請求書を破り捨てた(かもしれない)ファラリス閣下が生きていたのは、日本で言えば弥生時代のことです。確たる記録が残されていないのは無理からぬことなのかな。
◆参考*1:HP「ファラリスの雄牛 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%9B%84%E7%89%9B
◇*2HP「ギロチン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%AD%E3%83%81%E3%83%B3
◇*3HP「ファラリスの雄牛とは (ファラリスノオウシとは) [単語記事] - ニコニコ大百科」
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%9B%84%E7%89%9B
◇*4HP「「ダモクレスの剣」とはどんな意味でしょうか?」
http://blog.q-q.jp/201307/article_4.html
◇*5HP「江戸城本丸の表門中雀門。日本史上唯一の門だったといわれるけど、どんな特徴があったの?」
http://blog.q-q.jp/201212/article_21.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これはギリシャ神話関係の本で読んだことがあります。
古代中国では、熱した青銅の棒に抱き着かせたり、その上を歩かせたりして殺した暴君の話がありますね。
秀吉は、五右衛門を釜茹でにするし・・・
権力者というのは残酷なことを考えるものです。
ホームレスに石を投げたりする小学生と変わんないですな。
ねこのひげ
2013/10/18 02:36
コメントをありがとうございます。

 秀吉は五右衛門に命を狙われたという話しがあります。盗人として知られた人物でもあります。一罰百戒です。見せしめに一族もろとも公開処刑せよ。当時としては当然の命令だったのかも。

 紂王と愛妾妲己の炮烙(ほうらく)の刑とか、ファラリスの牛は、理由のない人民虐待に見えます。
 日本びいきが過ぎるかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/10/18 14:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファラリスの雄牛とはどんなものなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる