町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 油屋さんの超絶技巧。メスシリンダーを使わずに1/4の液量を計る方法とは?

<<   作成日時 : 2013/10/01 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:落語の「はてなの茶碗」は京都が舞台のお話です。江戸あるいは大坂でしくじった人物が京都で油をかついで売り歩きながら敗者復活の機会をうかがっています。江戸の昔は蝋燭(ろうそく)は贅沢品だったそうです。照明にはおもに菜種油などを使っていました。かつぎの油屋さんは、たくさん街を歩いていたようです。
■でも油は利の薄い商売らしい。1年に1両貯めるのがせいぜいです。何かいい儲け話はないか。山っ気にあふれた油屋さんは、清水(きよみず)の茶店で茶金(ちゃきん)と呼ばれる有名な骨董商とたまたま同席します。茶金は目利きとして天下に知られています。茶金が手に取った商品は10両、うなずいた商品は100両で売れるという噂です。
■その茶金が不思議なふるまいをします。茶店の茶碗を手に取り、陽に透かしたりひっくり返したり、ためつすがめつ眺めています。量産品の安物、数茶碗(かずぢゃわん)のはずなのですが。ひとしきり調べた茶金が茶碗を置いて席を立ったところで、油屋さんが行動を起こします。数茶碗とはいえ、茶金が手に取ってあれだけの関心を示した代物です。何か他とは違うところがあるに違いない。茶店の親父を騙してこの茶碗を入手したら、高く売れるかもしれないぞ。
■最後には当時の天皇まで登場する滑稽話の続きは落語家諸兄におまかせするとして*1、本日は油屋さんに関する数学クイズです。ある油屋さんは、油を入れた樽と円筒形の容器しか持っていません。容器には1升の油が入るようです。では、この容器だけを使って、2合5勺(にごうごしゃく)の量を計るにはどうすればいいのでしょうか。なお、10勺で1合、10合で1升と、日本の容量の単位は10進法に忠実です。また、容器に目印をつけることは許されますが、他の道具や他の液体を使うことは一切許されません。
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:説明を参照のこと
説明:油屋さんは、まず5合の油を計り、次に円筒状の容器に目印をつけ、2合5勺の油を計りました。
■5合の油を計るには、円筒状の容器に半分以上と思われる油を入れ、少しずつ傾けて油を樽の中へこぼします。底の上端と口の下端の両方に油の面が触れるところまで油をこぼしたらストップです。このときの油の量は、円筒状の容器のちょうど半分になっているはずです。「底面積・高さともおなじで形状もまったくおなじ空間」が円筒状の容器にできているからです。
▼まず5合の油を計る
画像

■次に円筒状の容器を水平に立てます。半量、つまり5合の油の液面に目印をつけます。細い容器、口の狭い容器ですと手が入らずに苦労するかな。最悪の場合は容器の内側でなく、外側につけてもいいでしょう。
■次に5合を計ったのと同じ要領で、2合5尺を計ります。円筒状の容器を傾け、少しずつ油をこぼします。底の上端と目印の両方に油の面が触れるところまでこぼしたらストップです。当然ですけれど、半分の目印は円筒形のいちばん下側にくるように配置してください。
▼2合5勺が計れた
画像

■これで2合5勺が計れました。でも、ずいぶん時間はかかるでしょう。メスシリンダー(目盛り付きのガラス製円筒状容器)があれば、時間は節約になったかもしれません。
■余談です。「油を売る」という言葉があります。「無駄話をして仕事を怠ける」という意味ですね。一説には油屋さんの振る舞いから生まれた言葉だそうです。一般に油は粘性が強いので、ポタポタとしぶとく垂れます。お客さんの側からすれば、油代を払っているのに、わずかでも油屋の枡に残っているのは悔しい。実質の損はたいしたことがなくても、気持ちの上では大きな損です。で、油屋さんのサービスとして、最後の1滴が垂れ終わるまで、カミサンや下女などと世間話をして時間を潰した。これが油を売るの語源であるというのですが。まぁ、語源の話は真偽の確認が難しいので、噂話と考えたほうがいいのかもしれませんけど。なお、「日本国語大辞典(小学館)」では「髪油」を売る者の話として紹介されていました。髪油のほうが粘性が高いのかな。
◆参考*1:CD「南光落語ライヴ 5『はてなの茶碗/青菜』」3代目桂南光、TOCZ5204、東芝EMI(この演題は、他にも関東・関西に多くの演者がいます)
◇*2書籍「ギネスとっておきパズル」文庫初版20頁、ロバート・イースタウェイ/デイビッド・ウェルズ著、ISBN4-06-257181-1、講談社

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
メスシリンダーなしで計るというのはたけしさんのやっているクイズ番組などで出てきますが・・・
油を売るとうのが、油屋から出てきたとは知りませんでした。
なるほど納得であります。
ねこのひげ
2013/10/06 18:49
コメントをありがとうございます。

 油屋さんは1軒につき何分ぐらい「油を売って」いたのでしょうね。もし10分も世間話をしていたとしたら、時間がもったいないかな。それも一種の接待のうちに含まれるのでしょうかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/10/06 19:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
油屋さんの超絶技巧。メスシリンダーを使わずに1/4の液量を計る方法とは? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる