町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 外食産業やデパートの符牒。ウロコゼンシュってどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2013/09/26 08:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:デパートや外食産業、量販店、美容・理容業など、お客と接する機会の多い職場では、仲間内だけの言葉、隠語がよく使われます。
■昔、アルバイトしていた喫茶店では、太郎・花子といえばゴキブリのことでした。太郎がいたよとか、花子が出たよといって仲間に注意を促していました。太郎と花子がやたらと頻繁に顔を出すので、経営者はある日、バルサンを焚いてみました。床には足の踏み場もないほどにゴキブリの死骸が落ちていました。すさまじかった。なぜか電話機の中、配電盤の中にもたくさんの遺骸がありました。温かくて気持ちがいいのでは、というのがバイト仲間の仮説です。気持ちの悪いお話で失礼。
■では、次の隠語の説明のなかで正しいものはどれでしょうか? (正しい説明は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]ウロコゼンシュとは、「値段はそれ以上下げられない」という意味である
[ろ]アナウンスで「伊丹よりお越しの…」とは、クレーム発生の意味である
[は]外食産業での「4番行って来ます」とは、倉庫に物をとりに行くという意味である
[に]家電量販店でQランクといえば、品薄になっているから客に対して強気で交渉すべき商品のことである
[ほ]飲食店で落とすといえば、賞味期限切れなのでまかないなどに使うことである
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ろ]と[ほ]が正しい説明
説明:[い]ウロコゼンシュとは、「値段はそれ以上下げられない」という意味である(×)
■参考資料によれば、要注意客の意味らしい*1。ウロコは△(=要注意)で、ゼンシュは前主(=客)という意味とのこと。△をウロコというのは、書類上での目印から始まったのかも。勝手な推測ですが。
□何を注意すべきなんでしょうか。手癖が悪いので万引きに目を光らせろという意味かな。うるさい客だからより丁重に扱えという意味かな。まっ、どちらにせよ、店員に緊張を強いる客、嫌な人物なのでしょう。
[ろ]アナウンスで「伊丹よりお越しの…」とは、クレーム発生の意味である(○)
■デパートなどのアナウンスには、客に気づかれぬように情報を伝える場合もあるらしい。「伊丹よりお越しの…」は、クレームが発生したので、処理班は現場に急行せよという意味になるのかな。「伊丹」は「商品の傷み」を意味するのかもしれません。勝手な想像ですけど。
□昔々、ある老舗百貨店の新宿店で購入した服に問題がありました。裾上げをして貰ったら左右の長さが1cm以上も違っているのです。文句をいいにいったら対応は最悪でした。1時間以上待たされた揚げ句、担当者がいないから服を預からせてくれとのこと。その言いかたも、もうしわけないという気分はこれっぽっちも伝わらないような、事務的な態度でした。これでも客商売なのかなと呆れ、服を持ち帰り、別の店に修理を依頼しました。このときも「伊丹よりお越しの…」という放送があったのかな。
□この百貨店はその後週刊誌の誌面を何週にも渡って飾るような事件を起こし、衰退していきました。百貨店としては、新宿から撤退したようです。ただし、今でも倒産はしていないらしい。早く潰れちまえばいいのに。おっと、表現が少し下品でした。お詫びして訂正いたします。可及的速やかなる破産手続き開始を希望します。
[は]外食産業での「4番行って来ます」とは、倉庫に物をとりに行くという意味である(×)
■正しくは、トイレに行って来ますという意味らしい。外食産業では、数字の縁起から4番テーブルは忌避することが多いようです。で、4番が使われやすいのかな。
□トイレはさまざまな呼ばれかたをしますね。「つきあたり」という店もあれば、遠方とか横浜に行くという場合もあるようです。横浜は市外局番が045、つまり御疾呼という駄洒落だとか。ある回転寿司の店では事務所に行くと表現するらしい。ホントに事務所に行くときは休憩室に行くと表現するようです。休憩室に行くときはなんと言うのかな。
[に]家電量販店でQランクといえば、品薄になっているから客に対して強気で交渉すべき商品のことである(×)
■正しくは、「型落ちになったため、早急に販売しなければいけない商品のこと」だそうです。Q=旧だそうです。
□現在では、ネットのおかげで商品の情報もすぐに調べがつきます。Qランクの商品を高値でつかまされるというおそれはだいぶ減りましたね。
[ほ]飲食店で落とすといえば、賞味期限切れなのでまかないなどに使うことである(○)
■当時、京都でベストファイブに入るといわれたステーキハウスで短期のアルバイトをしたことがあります。まかないとして牛肉とニンニクを炒めたものがよく出されました。旨かった。ここの食事の素晴らしさだけは40年経っても記憶に残っています。いま思うと、賞味期限が切れた肉が「落とされたもの」だったのかもしれません。でもあれだけ美味なら、文句はいえないな。
◆参考*1:HP「ショップ外食業界の隠語」
http://www.dik.co.jp/seken/ingo/hyakka.htm

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
足の踏み場もないくらいのゴキブリの死骸というのは凄いですね。
以前、六本木の地下にある高級料理店で接待されたことがありますが、薄暗くて壁の桟などを指で擦ると埃がとれました。
きっと、バルサンを炊いたら山どころではないでしょうね。
ねこのひげ
2013/09/29 09:32
コメントをありがとうございます。

 高級料理店といっても、そんな衛生状態の店もあるんですね。食中毒を出したら、保健所からの営業停止命令はもちろん経営上からしても閉店の可能性もあるのに。いい度胸ですよね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/09/29 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
外食産業やデパートの符牒。ウロコゼンシュってどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる