町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 切腹したらどのぐらいで死ぬの?

<<   作成日時 : 2013/09/17 11:24   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★科学★
問題:日本の武士の姿は、海外の人の目から見ると高貴に見えることもあれば野蛮に見えることもあるそうです。
■さまざまな武士の文化があるなかで、切腹は高貴と野蛮の混交した儀式なのかもしれません。死をもって責任をまっとうするようにも見えます。大量の出血があり、腸などの内臓がはみ出してくることは視覚的、嗅覚的にはあまりスマートな自殺、あるいは処刑の方法ではないかもしれません。
■武士の家庭では、父から子供へと切腹の方法が伝えられていたそうです。いざというときに恥をかかないよう、切腹をするときの作法が教えこまれたらしい。また、なるべく苦しみの少ない、つまり短時間で死ねる方法も教えられたと聞きます。
■でも現代のわれわれは武士ではありません。先祖が武士だったといっても、切腹のノウハウを父親から聞いている人はいないでしょう。どんな作業の手順でもネットで調べがつく時代ではあります。でも、切腹のマニュアルは探すのがたいへんでしょうね。
■では、あまり切腹について詳しくない人が「御腹を召す」場合、だいたいどのぐらいの時間で死に至ることになるのでしょうか?
[い]15分以内
[ろ]1時間以内
[は]半日以内
[に]1日以内
[ほ]5日以内
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]5日以内
説明:腹部を切り裂いて速やかに死に至るのは、素人にはかなりむずかしい技術のようです。参考資料*1によれば、背骨の脇を通っている腹部大動脈を切断すれば、わりと早く死ねるらしい。ただし、背中に近いところにありますので、素人がヘソの下に刃物を突き立てても、傷つけることはできないらしい。とくに肥満体型の場合には不可能といってもいいようです。
■腎臓を派手に傷つけるとショックで死んでしまうという噂もあります。ただし、腎臓もまた背中側にあります。背後からナイフで刺されたりすると、ショック死するのかもしれません。でも正面からではむずかしいようです。位置もわかりませんよね。
■浅くしか刺せなかった場合、すぐには死ねないそうです。腹の傷が痛むばかりだそうです。多くの場合、腹膜が破れています。腸にも穴があいているでしょう。腸の内容物から感染し、急性腹膜炎を起こし、2〜3日後に亡くなるようです。傷の痛みと感染症の苦しみ。想像したくありませんね。
■腸自体は傷がついていなくても、腹膜が切れていると、腸はそこから体の外に飛び出してくるそうです。突然に気が変わり、この世に未練が生まれ、慌てて腸を押し込んだりします。当然ながら雑菌も一緒に腹膜の内部に入り込みます。この場合にも腹膜炎の可能性がありそうですね。
■こうした苦しみが経験として理解されていたため、切腹の際には介錯をする例が多かったそうです。首をちょん切ってしまえば、一瞬の激痛はあるでしょう。でも、数秒〜十数秒後には脳は失血のために機能しなくなるようです。つまり痛みも感じなくなるらしい。これなら急性腹膜炎も恐くありません。
■江戸時代の死刑では、武士は切腹か斬首です。斬首は不名誉な死です。新選組の近藤勇(いさみ)が斬首されたのは、官軍側の恨みがそれだけ大きかったことのあらわれとも聞きます。
■江戸時代の切腹は、大名ですと浅野長矩(ながのり)のように他家の庭先でということもあったらしい。浅野長矩は忠臣蔵のお話の発端を作った人物です。松の廊下で吉良上野介を切り損ねた人ですね。一般の武士の犯罪人の場合は、牢屋敷に切腹場が設けられていたとのこと。後始末がたいへんなので、現場の人は嫌っていたようです。
■みんなが苦しんだり迷惑したりするホントの切腹よりも、形式だけの切腹のほうが合理的じゃん。そう思ったかどうかは知りませんが、腹に突き立てる短刀のかわりに紙を巻いた扇子を用いる例もあったようです。真っ白、あるいは薄浅葱(うすあさぎ、うすい青緑色)の死装束に身を固めた武士が三方(さんぼう)に載った扇子を取ろうと手と首を伸ばした瞬間に介錯人がスパッと首を切り落としたそうです。斬首とあまり変わりません。でも切腹扱いだそうです。苦しみは最小限です。後始末も少しラク。みんなが納得する方法なのかな。扇子腹、扇腹と呼ばれたらしい。
■参考資料*3によれば、赤穂浪士47人のうち、謎の行方不明者寺坂吉右衛門を除く46人は切腹を命じられます。大石良雄ら高級幹部数人は実際の切腹だったようですが、他は扇子腹、あるいは木刀腹(?)だったそうです。木刀腹というのは、三方に短刀は載っているものの木刀であるということなのかな。
◆参考*1: 書籍「ヒトはこんなことで死んでしまうのか」初版102〜103頁、上野正彦(まさひこ)著、ISBN4-7573-0254-1、インデックス・コミュニケーションズ
◇*2書籍「大江戸復元図鑑 武士編」初版280〜281頁、笹間良彦著・画、ISBN4-946525- 56-4、遊子館
◇*3HP「切腹 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%87%E8%85%B9

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「断腸の思い」の故事に登場する動物とは虎なの? 鼠なの?
●●●★日本語★●●● 問題:断腸の思いという言葉をご存じだと思います。「はらわたがちぎれるほど、悲しくつらい思い」だそうです。 ■最適の例は浅野内匠頭長矩(たくみのかみ ながのり)ですね。憎き吉良上野介義央(きら こうずけのすけ よしひさ)は殺せず軽傷を与えたのみでした。それなのに自身は切腹。お家はお取り潰し。一族郎党、明日からみな浪々の身です。 ■刃傷事件の報を耳にした5代目将軍綱吉の決断で、即日切腹と決まったそうです。陸奥一関藩主田村建顕(たつあき)邸の庭先で切腹します。大名の... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2013/10/17 07:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
五日も苦しむのはかないませんね〜
戦国時代には、自分の腹を掻っ捌いて、あふれて出てきた腸をちぎっては投げ、ちぎっては投げした武将がいたそうで、それに恐れをなして敵は逃げたそうですが・・・・
凄いのがいたものです。
ねこのひげ
2013/09/18 02:28
コメントをありがとうございます。

 生ゴミである腸を収集日でもないのに投棄した人物の話は耳にしたことがあります。腸無い会、失礼、町内会で問題になりそうですね。

 そのぐらい元気な人物ですと、腹部大動脈を刃物で切断することもできそうです。数分で絶命できそうですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/09/18 08:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
切腹したらどのぐらいで死ぬの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる