町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮廷婦女のユニフォーム、十二単(ひとえ)の総重量はどのぐらいなの?

<<   作成日時 : 2013/07/10 07:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★歴史★
問題:平安時代の住居はあまり密閉性が高くありませんでした。木造の家です。すきま風はあちらこちらから吹き込んだと思われます。暖房はありましたが、能力は低かったでしょう。主に炭や薪を燃焼させるだけです。室内の温度はあまりあがらなかったと思われます。
■食べるものは、あまりカロリーの高い食品がありません。すでに仏教が入り込んでいますので、四つ足は食べられなかったようです。海に面していない京都では、鰊(にしん)の燻製とか塩鮭など、保存のきく魚肉以外は、入手しにくかったらしい。川魚はあったんでしょうね。でも市内を流れる鴨川や桂川では大型魚は捕れません。琵琶湖にはいるでしょうけれど、夏などは運ぶ間に腐るかも。結局、鮒鮨(ふなずし)などのように保存食にするしかなかったのかな。
■山が迫っている盆地の京都です。食と住があまり頼りにならないとすれば、衣に頼るしかありません。宮廷の女性は体が冷えないように、十二単を着込んだようです。十二単は重ね着の枚数によって暖かさを調節できるかも。京都のように寒暖の差が激しい地域に適した衣服だったのかな。
■ところで十二単を全部着込んだ場合、どのぐらいの重さになったでしょうか? 次のうちから近い数字を選んでください。
[い]2kg
[ろ]4kg
[は]8kg
[に]16kg
[ほ]32kg
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]8kg、あるいは[に]16kg
説明:参考資料*2には20kgとありました。参考資料*1では、二重織物など豪華なものの場合は20kg。一般のものではおよそ10〜15kgと見ています。重いですね。ちょっと軽めの自転車1台とおなじぐらいの重さです。
■最初に袴(はかま)をはくそうです。次に薄地の単(ひとえ)を着け、さらに単と同形の袿(うちぎ、うちきとも)を着るそうです。袿は何枚か重ねて暑さ・寒さによって調整したらしい。一番上に着る袿はとくに表着(うわぎ)と呼ばれたらしい。上質なものだったようです。中間に着る袿は、いわば中綿のかわりです。空気の層をつくって断熱さえすれば役目は果たしているわけですね。上等である必要はなさそうです。ただし、袿の色の組み合わせにはこだわりがあったようですけど。
■さらに腰には裳(も)をまとったとのこと。裳とは「平安時代以後の女房の装束で、表着(うわぎ)や袿(うちき)の上に、腰部から下の後方だけにまとった服」だそうです。
■重ね着をするのは袿だけです。藤原道長(みちなが)の栄華について書かれた歴史物語「栄華物語」には、20枚も重ね着をした例が記されているらしい。十二単ではなく、二十単かな。重すぎて動けないでしょうね。
■日本人の身長には大人期と小人期の周期があるという主張があるそうです。この説によれば平安時代は小人期にあたっているとのこと。平安時代は寒冷期にあたっていたので食べ物が悪かったという理由も準備されているようです。平安時代の女性は平均身長が150cmに届いていなかったともいわれます。紫式部や清少納言は推定では140cm前後だったとのこと*3。ミニモニみたいな人が多かったらしい。
■あまり筋力がなく、体も小さい平安宮廷の女性が10kg〜20kgもある着物を着ているというのは面白い。どんな日常だったのでしょうね。現代の事務職ならほとんど動かなくてすむ場合もあります。紫式部もそうだったのかな。
◆参考*1:書籍「データが語る日本の歴史」初版58〜59頁、歴史教育者協議会、ISBN4-593-59408-1、ほるぷ出版
◇*2HP「十二単 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%8D%98
◇*3書籍「樋口清之博士のおもしろ雑学日本史」初版97頁、樋口清之(きよゆき)著、ISBN4-8379-1384-9、三笠書房

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、ほとんど動く必要がなかったでしょうからね〜
それにしても重いですな〜
脱がすのも大変そうだし・・・
匂いも籠って臭かったでしょう。
ねこのひげ
2013/07/11 03:20
コメントをありがとうございます。

 たしかに脱がすのも大変だし、着せるのはもっと大変かもしれません。平安時代の色男たち、光源氏とか在原業平などは、そういった技能にたけていたのでしょうか。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/07/11 09:46
軽い自転車1台分って相当重いですね(;´∀`)
昔の人すごいな〜
意外とマッチョなのか!?(笑)
ためになりました!
ぴよっち
2014/08/20 15:27
コメントをありがとうございます。

 いまの人なら小学校高学年ぐらいに相当する体格で、そんな重い物を着ていたらしい。十二単を着た日はさぞ疲れたでしょうねえ。同情します。
(^^;)
ぴよっち様<素町人
2014/08/20 15:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮廷婦女のユニフォーム、十二単(ひとえ)の総重量はどのぐらいなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる