町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 石鹸のかわりに使われた糠袋(ぬかぶくろ)。どんな成分が洗浄効果を発揮したの?

<<   作成日時 : 2013/07/05 09:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★科学★
問題:石鹸が貴重品であり、合成洗剤などなかった昔は、ウグイスのフンなんてもので顔を洗った人がいるらしい。洗濯は灰の灰汁(あく)を使うことが多かったようです。風呂でよく使われたのは糠袋です。糠は玄米を白米に加工するときに出る産業廃棄物ですね。かつての日本人、とくに庶民は玄米を食べていました。糠はあまり消費されず、同時にめったに脚気にかかることもなかったようです。
■江戸時代には、都会の庶民にも白米を食べる食習慣が生まれたそうです。たしかに白米のほうが口当たりが柔らかい。高級な感じがするのかな。おかげで江戸では脚気にかかる人が増えていきます。江戸から離れ、玄米の食事に戻ると治ったりします。「江戸患い(わずらい)」と呼ぶ人もいたようです。蕎麦を食べることでも脚気が治ったりするらしい。上方ではうどんが好まれましたが、江戸では蕎麦が好まれたのは、知らないうちに脚気対策をしていたという説もあります。玄米や蕎麦には白米にはないビタミンB1が含まれているそうです。
■13代将軍家定、14代将軍家茂の2人は脚気衝心(しょうしん)と呼ばれる病気で亡くなったという説があります。脚気が進行すると、心臓機能の低下が起こるらしい。脚気衝心と呼ばれるようです。彼らは玄米はもちろん食べませんし、蕎麦も好きではなかったのかもしれません。
■話が脇道にそれました。庶民にいたるまで白米を食べ始めますと、糠はたくさん生じるようになります。それが石鹸がわりに使われるようになったわけですね。木綿の袋にいれて口を縛ります。お湯や水をつけて身体をこすると汚れが落ちたようです。
■2代目桂枝雀の落語「延陽伯」では、座布団の中身の綿を抜いて米屋でどっさり糠を入れてもらい、特大の糠袋を持参して銭湯にいく男が描写されています。婚礼の直前です。新婦さんに失礼のないように、垢をきちんと落としておきたい。そんな気分なのかな。
■ところで、糠に含まれているどんな成分が洗浄効果を発揮するのでしょうか。下の中から選んでください。(効果を発揮する成分は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]澱粉(でんぷん)
[ろ]脂肪分
[は]蛋白質(たんぱくしつ)
[に]繊維
[ほ]ビタミンB1
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]澱粉(でんぷん)と[ろ]脂肪分、[は]蛋白質(たんぱくしつ)
説明:米の糠には選択肢[い]〜[ほ]のような物質が含まれています。どれも水に溶けにくいらしい。白濁しています。
■[は]の蛋白質の中には、界面活性剤のはたらきをするγ(がんま)グロブリンが含まれているそうです。血液検査のときに聞いたことがある物質です。なんの指標だったかは忘れちゃいましたけど。血液に含まれている蛋白質だそうです。
■界面活性剤とは、単純に言えば洗剤や石鹸のことだそうです。油や脂の汚れは水だけでは綺麗になりません。界面活性剤を使うと、脂肪分が水になじみ、洗浄できるようです。γグロブリンは油や脂の汚れに効くようですね。
■[い]の澱粉の働きは、γグロブリンよりも強いようです。澱粉の粒には研磨作用があるとのこと。油や脂を物理的・機械的にこそぎおとすようです。[ろ]の脂肪分も洗浄効果を支えているらしい。油や脂の汚れを包み込んで落とすことができるようです。
■米の糠だけでなく、スパゲッティの麺をゆでた汁でも油汚れが落ちるそうです。この場合もスパゲッティに含まれている蛋白質が水の中に溶け出しています。界面活性剤の働きをするとのこと。
◆参考*1:書籍「いまさらきけない化学の疑問」初版181〜183頁、左巻健男監修、担当著者桑嶋幹(みき)、ISBN978-4-7741-3858-9、技術評論社
◇*2HP「脚気 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%9A%E6%B0%97%E8%A1%9D%E5%BF%83

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
和歌山出身の医師が感じた幕末江戸の物価。高かったのは砂糖? それとも紙なの?
●●●●●★歴史★● 問題:安政(あんせい)という元号は、1854年11月27日から始まるらしい。おしまいは安政7年です。1860年3月18日までらしい。 ■安政年間、紀州徳川家の家老水野土佐守の侍医である原田某は、主人に従い、江戸に在住したそうです。和歌山の人が見た江戸のさまざまな様子を記録している「見聞録」が残されているらしい。 ■その見聞録には物価のことも記されていたらしい。特殊技能者ではありますが、原田医師はあまり裕福ではなかったようです。庶民の目で見たさまざまな記録を残して... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2015/09/05 08:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
石田光成は、宣教師から貰った石鹸(シャボン)で丹念に手を洗うのが好きだったそうで、かなりの潔癖症だったんでしょうね。
徳川の将軍たちはぬか袋だったんですかね?それとも石鹸だったのかな?
ねこのひげ
2013/07/07 18:28
コメントをありがとうございます。

 徳川の将軍たちは、かなりの確率で、石鹸を使っていたと推定されます。
 大坂の役、冬の陣・夏の陣のとき、徳川方は石鹸を使っていて士気を高めたというお話が残されているようです。夏の陣のときには、とくに効果が高かったんでしょうね。
 将軍様はお金持ちですから、糠袋など使わずとも、石鹸で清潔を保てたと思われます。石鹸アレルギーでなければの話ではありますけど。
(^^;)
→「昔の石鹸は手を洗う目的以外にもつかわれていたの?」
http://blog.q-q.jp/201011/article_13.html
ねこのひげ様<素町人
2013/07/07 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
石鹸のかわりに使われた糠袋(ぬかぶくろ)。どんな成分が洗浄効果を発揮したの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる