町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 料理屋で「パチ」という符牒。何を意味しているの?

<<   作成日時 : 2013/06/20 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:料理屋さん、それもあまり大規模でないお店でカウンターの端っこに座っていたら、「○○さん、パチだよ」という女将と誰かの会話が聞こえてしまいました。このパチという符牒は何を意味しているのでしょうか?
[い]カンパチの刺身をつくること
[ろ]鉢物を出すタイミングだということ
[は]飲み物のおかわりを出すタイミングだということ
[に]勘定をすること
[ほ]今日はツケだということ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[に]勘定をすること
説明:パチとは、「パチパチと算盤を入れろ」という意味だそうです。今ですと電卓とか電子式のレジなのでしょうけれど。
■余談です。よく「おあいそしてくれ」と言う客がいます。素町人もその1人です。関東では言いませんでした。関西に住んでいたころに伝染したらしく、東京に戻ってからもつい言ってしまいます。でもこれは間違いだという主張をときどき聞きます。「おあいそとは、愛想づかしのことで、店の主人側が客に向かって、勘定書きをつきつけますのは、まことに『愛想づかしな行為』でございます、ということである」*1。勘定書きを客に渡す時の挨拶なわけですね。もう帰る。いくらだ、という場合、東京ではやはりそのものずばりで「お会計」とか「お勘定」というほうがいい。池田弥三郎(やさぶろう)氏はそのように主張しています。そういうものなのかな。
■さらに余談です。どの商売にも符牒はあるものです。寿司屋のシャリ、ガリ、アガリ、ムラサキなどは客にも通じてしまいますね。ナミダというのは山葵(わさび)のことだそうです。
■飲食店業界では、兄貴・弟という言葉が広く使われているらしい。先に仕入れた素材、先に出来た料理などが兄貴、後のものが弟だそうです。「このマグロ、兄貴はどっち?」、「こっち兄貴だから先に使って」などとお話なさるようです。「先入れ先出し」が原則なのかな。
◆参考*1:書籍「たべもの歳時記」文庫初版58〜59頁、池田弥三郎著、ISBN4-309-47148-X、河出書房新社
◇*2HP「ショップ外食業界の隠語」
http://www.dik.co.jp/seken/ingo/hyakka.htm

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お客の前で、あからさまに言わないということなのでしょうが、最近は情報がすぐに伝わるので隠しているつもりでもわかってしまいますね。

800円の水を出してお客から苦情を書かれて反論した料理人のブログが炎上したようです。
ねこのひげ
2013/06/23 16:16
コメントをありがとうございます。

 800円は高いですね。
 われらが東京都水道局の水ですと、1円で4リットルぐらいは買えるようです。800円ですと3.2キロリットルは入手できます。風呂桶に10〜20杯ぐらいかな。
 ブラインド・テストをしてみればわかるようですけど、味もかわりませんよね。
(^^;)
 
ねこのひげ様<素町人
2013/06/23 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
料理屋で「パチ」という符牒。何を意味しているの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる