町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 家康に強制され、豊臣家が方広寺再建で支出した金額はどのぐらいなの?

<<   作成日時 : 2013/05/25 10:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:関ヶ原の戦いのあと、徳川家康はさまざまな機会をもうけては豊臣家の弱体化をはかったそうです。家康の狙いは豊臣家の滅亡です。慶長(けいちょう)20年5月8日(1615年6月4日)、大坂夏の陣では見事にやり遂げます。緊張の糸が切れたのでしょうか。その翌年、元和2年4月17日(1616年6月1日)に、満73歳と4ヶ月で家康は大往生しています。
■豊臣家に対する家康のやりかたは、見方によってはパワハラのようにも見えます。でも食うか食われるかの戦国時代です。豊臣家を生かしておけば、逆に徳川家がやられてしまうかもしれません。結果が良かったのですから家康としては正しい選択だったのでしょう。
■豊臣家弱体化の作戦のひとつに方広寺の再建があります。方広寺は豊臣秀吉によって創建された天台宗のお寺さんだそうです。京都の東山区、三十三間堂の近所に現在でも存続しています。秀吉存命中のある時期には、奈良の大仏よりも大きい18mの木造の大仏があったらしい。もちろん大仏殿もありました。
■方広寺の多くの建造物は、文禄5年閏7月13日(西暦1596年9月5日)に発生した慶長伏見地震により倒壊しています。このとき、大仏殿は倒壊を免れたものの、木造の大仏そのものは破壊されたようです。秀吉は、「自らの身も守れないのか」と大仏に対して激怒した…という話が伝わっているとのこと*2。頼りにならん奴だ! そんな怒りなのかな。その秀吉も慶長(けいちょう)3年(1598年)に亡くなってしまいます。
■残された淀君と秀頼に対し、家康が方広寺の再建を命じたそうです。その工事が始まったのは慶長(けいちょう)13年(1608年)。慶長17年(1612年)に銅製の大仏に金箔をほどこす作業が行われたらしい。慶長18年(1613年)には例の「国家安康」「君臣豊楽」と記された梵鐘が鋳られ、家康からイチャモンがつけられたようです。そして翌慶長19年(1614年)11月に大坂冬の陣が始まるわけですね。なお、問題の鐘、2つの四字熟語はいまでも残されており、重要文化財に指定されているそうです。
■家康の狙いは豊臣家の貯蓄減らしだったらしい。秀吉は蓄財に励み、秀頼にはかなり豊富な軍資金が残されていたそうです。では、方広寺の再建工事が終わったとき、豊臣家の財宝はどのぐらい減っていたのでしょうか? 今のお金でいくらぐらいの消費になるのか。いちばん近い数字を選んでください。
[い]約10億円
[ろ]約20億円
[は]約40億円
[に]約80億円
[ほ]約160億円以上
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]約160億円
説明:参考資料*1によれば、約330kgの金塊が17個。約165kgの金塊が11個消費されたそうです。その多くは大仏大判と呼ばれる大判(貨幣)になりました。で、関係者に支払われたということなのかな。このときの大判もいわゆる天正大判のうちに数えられているらしい。数としてはいちばん多く現存する古銭の大判らしい。原材料となった330kgの金塊は、分銅と呼ばれたそうです。「幕府および有力大名が有事に備えて金塊を小分けに鋳直して貯蔵したもの」とのこと。
■計算すると、全部で7425kgの金塊です。金の含有率を少な目にみて50%としても、3712.5kgの純金が消費されたことになります。130525現在の相場では約5000円/gです。EXCELに計算させると、今のお金では185億円余りになります。含有率が高ければもっと多くなります。なお、金塊の混ぜ物が銅なのか銀なのかはわかりません。また混ぜ物はお金の計算にいれてありません。
■参考資料*4によれば、初期の徳川幕府の収入は年に40万両ぐらいだったらしい。幕末の薩摩藩の収入が年20万両と記した本もあります*5。江戸時代初期と末期の違いはあるとはいえ、1つの藩に比べた江戸幕府の収入はちょっと少なすぎるような気もします。でもまぁこれが事実だとした場合、10万円=1両で換算すると今のお金では江戸初期の幕府の収入は400億円ぐらいにはなるようです。
■185億円は当時としてはなかなか大きな意味を持つ金額だったことがわかります。でもそれだけでは秀頼の金庫は底をつかなかったようです。冬の陣・夏の陣で浪人をたくさん集められたのも貯金がまだまだあったからなのでしょう。さらに夏の陣の終戦後、徳川幕府が没収した豊臣家の財産は、金28万両、銀24万両だったといわれます*7。
◆参考*1:HP「天正大判 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%AD%A3%E5%A4%A7%E5%88%A4
◇*2HP「方広寺 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E5%BA%83%E5%AF%BA
◇*3HP「Collection of Money」
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kihara/coin/coin.html
◇*4HP「余談・娯談・散談/2008年6月号」
http://homepage2.nifty.com/k-plan/yodan/yodan_67.htm
◇*5書籍「殿さまも楽じゃない」初版50〜51頁、高野澄著、ISBN4-378-05003-X、さ・え・ら書房
◇*6HP「家康の死因ともいわれる鯛のてんぷらを勧めたのは誰なの?」
http://blog.q-q.jp/200903/article_31.html
◇*7HP「大坂の陣 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9D%82%E3%81%AE%E9%99%A3

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今から始まるHな関係 | 消費者詐欺被害センター
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! ...続きを見る
今から始まるHな関係 | 消費者詐欺被...
2013/07/03 01:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪城が炎上した後、徳川が掘り返したら、溶けた金塊があちこちからでてきたそうで、そのあとも残っているのではないかと掘り返す奴が後を絶たなかったそうですけどね。

徳川がかき集めた金塊は、家光が日光を建設したりして、湯水のごとく使ったために、ほぼ底をついたそうで、その後の江戸幕府の要人たちが四苦八苦する経済難の遠因になったそうです。
残しておけば、もう少し江戸幕府は続いたかもしれませんね。
ねこのひげ
2013/05/26 06:58
コメントをありがとうございます。

 豊臣家にせよ、徳川家にせよ、滅亡後には埋蔵金の噂話が出たわけですね。

 残念ながら素町人家では、埋蔵金の噂のカケラもありません。実家の庭を掘り返して出てくるのは、昔の愛犬たちの骨ばかりでしょう。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/05/26 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
家康に強制され、豊臣家が方広寺再建で支出した金額はどのぐらいなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる