町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 【食事就寝前禁】首をちょん切ったニワトリはどのくらい生きていられるの?

<<   作成日時 : 2013/05/21 10:38   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★科学★
問題:本日はいささか薄気味の悪いお話です。
■以前に首をちょん切られた人はどのくらい意識があるのかというお話を紹介しました。フランス革命時にギロチンにかけられたラボアジェという化学者は15秒ぐらいまばたきを続けたという伝説があるそうです。20世紀初頭にギロチンによる死刑に立ち会ったフランスのポリエという名前の医師は、切断された死刑囚の名前を呼んでみたらしい。25〜30秒ぐらいで反応を失ったとのこと*2。
■人類ではその程度なのでしょう。もう少し生命力の強い連中ですと、頭部のほうは血液が通わなくなるのですぐに死んでしまいますが、残されたほうはしばらく生きていたりするそうです。では、ギネスブックに掲載されているという「首がないまま最も長生きした鶏」は、どのぐらい生きていたのでしょうか?
[い]3日間
[ろ]1ヶ月間
[は]半年間
[に]1年半の間
[ほ]3年間
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]1年半の間
説明:参考資料*1によればそういうことになります。今日はけっして4月馬鹿の日ではありません。でもなんか騙されているような気分になりますね。
■首なしニワトリのマイク君が夕食に供されるべく首をはねられたのは、1945年(昭和20年)9月10日だそうです。場所は米国コロラド州のFruita(フルータ?)というあたりらしい。コロラド州というのはカリフォルニアから東に向かい、ネバダ州、ユタ州と通過してたどり着く長方形の州境に囲まれた地域です。南はニューメキシコ州、北はワイオミング州やネブラスカ州に接しています。日本のスポーツ選手が高地トレーニングに好んで利用するボルダーという町は、コロラド州にあるようです。マラソンの高橋尚子や有森裕子が走っていたらしい。フルータとかいう町がどのあたりにあるのかはわかりませんでした。ユタ州との州境に近い可能性があるようです。
■首をちょん切られたマイク君は、そのまま絶命することなく、首の無いままふらふらと歩き回ったそうです。ホントかよ。それまでと変わらずに羽を手入れしようとしたりしたらしい。家族はとりあえず夕食は缶詰で済ませたのでしょうか。翌日も生きていたので食べるのは諦め、切断した首の穴…つまり食道なのでしょうか…からスポイトで水と餌を与えたそうです。
■翌週になっても生きていたので、一家の主ロイド・オルセン氏は、ソルトレイクシティのユタ大学にマイク君を運び込んだようです。科学者たちは仰天したのでしょう。それでもいちおう調べてみました。マイク君の頸動脈は、凝固した血液でふさがれており、失血が抑えられたようです。脳幹と片方の耳の大半が残っていたので、首を失っても歩けるのだという仮説に達したらしい。要するに切り方が雑だったのかな。
■マイク君はオルセン家で飼われ続けることになるわけですが、首というか頭が無くて生きているニワトリの話には三流マスコミが飛びつきます。マネージャーがつき、ロイド氏とともにニューヨークやロサンゼルスなどで見世物として公開されたらしい。マイクは順調に生き続け、ちょん切られた当初は2ポンド半(1100g余り)だった体重は8ポンド(約3600g)に増えたとのこと。タブロイド紙だけでなく、「ライフ」や「タイム」のような大手も取り上げたそうです。
■マイクの見世物の入場料は25セントだったそうです。1ヶ月に4500ドルも稼いだことがあるらしい。1万8000人が見たのかな。平均600人/日ということでしょうか。当時の4500ドルは現在の貨幣価値にすれば5万ドルだそうです。500万円強かな(130521現在)。
■1947年(昭和22年)3月に、興行中のアリゾナでマイク君は餌を喉に詰まらせ、死んだらしい。金の卵を産むニワトリは、1年半のあいだ不思議な姿で生き続け、絶命したわけですね。死後に動物愛護協会が調査したとのこと。マイク君に苦痛はなかったと断言したらしい。痛みを感じる脳みそがどこかに行ってしまったんですから、苦痛はなかったのかもしれません。
■マイク君の件でロイド・オルセン氏は多少の非難を受けたようです。オルセン氏の幸運を嫉妬したのでしょうか。便乗派もいます。ひょっとしたらウチのニワトリも不死身かも…と淡い期待を持った農家の人たちは、争ってニワトリの首を切ったようです。でも1日〜2日以上長生きしたニワトリはいなかったらしい。マイク君はホントに奇跡に近い切られかたをしたようですね。
◆参考*1:HP「首なし鶏マイク - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E3%81%AA%E3%81%97%E9%B6%8F%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF
◇*2HP「【食事就寝前禁】ギロチンで首を切られたらどのぐらい意識があるの?」
http://blog.q-q.jp/200903/article_26.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ラボアジェが、そんな最後だったとは知りませんでした。フランス革命期の人だったんですね。

にわとりにも驚きですね。
魚なんかは、身を削られても、また水槽に戻すと泳ぐなんて聞きますが。それは、頭と骨が有ってだもんねえ。

にわとり、毎日卵産むし、生命力あるのかも。
ブータ
2013/05/21 23:37
ライオンを銃で撃って心臓に弾丸があたったはずなのに、撃った人間と周りの人間5人ぐらいを殺したあげく100メートルを走り、さらに6発の弾丸を撃ち込まれてやっと倒れたという逸話は読んだことがありますが・・・・
1年半も首なしで生きていたというのは凄いですね。
さすが恐竜の子孫ですね。
ねこのひげ
2013/05/22 03:29
コメントをありがとうございます。

 ラボアジェは、徴税請負人とかいう役目についていたらしい。市民の恨みを買っていたのかもしれません。
 なお、参考資料にもあるとおり、どのぐらいまばたきができるのか見ていてくれと頼んで首をちょん切られたという逸話は、事実かどうかは不明とのこと。科学者らしい最期だったと褒め称えるための作り話の可能性もあります。
(^^;)
ブータ様<素町人
2013/05/22 06:34
コメントをありがとうございます。

 なるほど。たしかにニワトリも恐竜の子孫なんですね。だから原始的な生命力があるのかな。

 心臓を撃たれても人に襲いかかったライオンは凄いですね。
 このライオンならば、ひょっとしたらニワトリ同様に中途半端に首をちょん切られても、生きていられるかも。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/05/22 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【食事就寝前禁】首をちょん切ったニワトリはどのくらい生きていられるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる