天気が東からかわる地域もあるの?

画像
★科学★
問題:あざやかな夕焼けの翌日は晴れる。そんな言い伝えがあります。我が国ではだいたいあたっています。
■夕焼けの場合、西の空に雲がかかっていない状態のときにあざやかになるらしい。天気は西からかわります。雲のない空が明日はあなたの真上にやってくる。だから天気はいいはず。たしかそんなふうに習いました。
■たしかに、日本では天気はおおむね西から変わっていきます。昨日黄海付近にあった低気圧は、今日は日本列島にやってきます。欧州の空を覆っていた雲は、約1週間かけて日本にやってくる計算らしい。
■ところが北半球において、日本と逆で天気が東からかわる国や地域があるそうです。それはどこでしょうか? (正解は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]北朝鮮
[ろ]モンゴル
[は]台湾
[に]フィリピン
[ほ]インドネシア
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]フィリピン
と[ほ]インドネシアの一部
説明:日本では天気が西からかわります。これはなぜなのか。偏西風によるものと言われています。
■偏西風は中緯度地帯の上空1万mぐらいに吹いている風です。冬は風速50mといいますからけっこう強いですね。夏は風速10mぐらいらしい。
■羽田から福岡空港に行く際に、冬は余分に燃料と時間がかかります。逆に福岡から羽田に来るときには、冬は風に追われますので、すこし燃費がよくなるのかな。夏は影響が少ないようです。
■では偏西風はなぜうまれるのでしょうか。緯度が20度~30度ぐらいの地域では、赤道付近で上昇した空気が下降気流となって気圧の高くなった亜熱帯高圧帯ができるそうです。この高気圧の地帯からは北へ南へと風がわかれて吹き出しています。
■地球の自転による力、コリオリの力と呼ばれる力が働きます。北半球では進行方向を右に曲げようとする力として働くそうです。亜熱帯高圧帯から北へ吹きだした風は、コリオリの力で右に曲げられて、西に向かって進むそうです。これが偏西風の正体らしい。
■コリオリの力については、Wikipediaに詳しい説明が掲載されています*3。YouTubeにもアニメで説明する作品がありました*4。関心のあるかたはそちらをごらんください。
■日本は、北緯35度前後にあります。たとえば東京の麻布台2丁目にある日本経度緯度原点は、北緯35度39分29秒1572だそうです。中緯度地域なので、偏西風の影響をまともに受けるのかな。
■亜熱帯高圧帯から赤道に近い地域では、南へ吹きだした風がコリオリの力で東に向けて吹きます。北東貿易風と呼ばれる東からの風だそうです。雲も貿易風に乗ってやってきます。この地域では夕焼けは天気予測の参考になりません。朝焼けがあざやかならば、その日はきっと1日いい天気なのでしょう。「熱帯特有のにわか雨、スコールを除けば」という条件がつくのかもしれませんけど。
◆参考*1:書籍「雑学読本 天気質問箱」新書版初版46~47頁、平井信行著、ISBN4-14-011163-1、日本放送出版協会
◇*2HP「日本経緯度原点」
http://www.h2.dion.ne.jp/~kazuf/sao/135e/keiidogenten.htm
◇*3HP「コリオリの力 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%81%AE%E5%8A%9B
◇*4HP「コリオリ力 - Coriolis force - part 1 - YouTube」
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KhG_bjt7xiE

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

ブータ
2013年03月29日 18:16
なるほどね~。飛行機は偏西風に乗ってるんですね。
ねこのひげ
2013年03月30日 02:33
偏西風・・・むかしはジェット気流なんて呼ばれていて、FM東京の深夜放送を楽しんでおりましたが・・・
ああいった優雅な放送を増やしてほしい者であります。
ブータ
2013年03月30日 08:35
ジェットストリ~ム 聞いていましたよ。良かったよね。
ブータ様<素町人
2013年03月30日 14:05
コメントをありがとうございます。

 飛行機は偏西風に逆らうと、ずいぶん燃料も時間もかかってしまうようです。
 偏西風より上の空域を飛べば影響は少ないのでしょうが、そこには空気が十分にはなくて、ジェット機では難しいらしい。ロケットならいいのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013年03月30日 14:16
コメントをありがとうございます。

 ジェット・ストリームは東京では真夜中から1時間流されていましたね。城達也とかいうオジサンが語りをやっていました。

 FM東海のころにすでに始まっていたとか。番組開始が昭和42年(1967年)といいますから、ちょうど深夜放送のブームが始まるころですね。パックインミュージックも同じ年に始まっているようです。
 パックインミュージックは15年ほどで幕をおろしていますが、ジェット・ストリームはまだ放送中とか。たまにはきいてみようかしらん。
(^^;)
ブータ
2013年03月30日 18:12
パックインミュージック、懐かしいですね。日立ミュージックインハイフォニックとかも、夜にやってましたよね。朝は、日曜日のキューピーバックグラウンドミュージックとか。
ジェットストリームやっていたのね。
ずーっと聞いていなかったから、雰囲気、変わってると嫌だな~。
城さんのは、落ち着いた感じ。小野田さんの頃は、色々な海外のうんちくなど良かったなあ。直に話してくれてるみたいで良かったよん。
カリブの夕日でも眺めてみたいもんだが、夢だね~。
ブータ様<素町人
2013年03月31日 09:43
コメントをありがとうございます。

 昔の中学生や高校生や浪人や大学生はよくラジオを聴きましたね。
 現在では、ゲームや携帯機器やパソコンがその座を奪ってしまったのかも。
 素町人も、ラジオは床屋さんぐらいでしか聴かなくなってしまいました。
(^^;)
ブータ
2013年03月31日 12:42
ホントに、ラジオ聞かなくなったわ。かろうじて、男の人は、床屋さんで聞くこともあるんですね。八百屋とかもかかってたりするわね。美容室ではラジオはかかってないわね~。謎。
ブータ様<素町人
2013年03月31日 18:29
コメントをありがとうございます。

 ちかごろ退院した知人は、ひさしぶりにラジオをよく聴いたといっていましたね。そんなことでもないと、聴かないのかな。
(^^;)

この記事へのトラックバック