町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代に1万人もの人が住んでいたというお寺はどこの寺なの?

<<   作成日時 : 2013/03/16 08:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:江戸時代の江戸の町のお話です。ある寺の古い記録によれば、その寺の境内には5000人もの借家人が住んでいたらしい。この数には借り主の同居人は含まれていないそうです。家賃収入だけで毎月680両もあったといわれます*1。もちろんその寺の僧侶達もそこに住んでいますので、合計するとその寺の境内には全部で1万人もの人が住んでいたことになるらしい。
■ではこのお寺はどこなのでしょうか?
[い]芝の増上寺
[ろ]高輪の泉岳寺
[は]浅草の浅草寺
[に]大塚の護国寺
[ほ]堀ノ内の妙法寺
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]浅草の浅草寺
説明:浅草寺周辺は江戸幕府がやってくるよりもずっと前から栄えていた門前町らしい。浅草寺の創建は古く、参考資料*3によれば、推古天皇のころ、628年の3月18日に「漁撈中、はからずも1躰の観音様のご尊像を感得した」ことがきっかけだったらしい。1385年ほど前の今頃でしょうか。隅田川で仏像を拾得したようですね。拾ったのは檜前浜成・竹成(ひのまえ はまなり・たけなり)という兄弟らしい。この2人は、小さな観音像を交番に届けることもなく持ち帰り、「自宅を改めて寺となし、礼拝供養に生涯を捧げた」とのこと。生産的な水産業者から非生産的な宗教法人へと転身したようです。もし時効がなければ、被疑者死亡のまま、拾得物横領罪で送検されるべきなのかな。
■浅草寺とその門前町には長い歴史があるようです。浅草の町と江戸がくっついたのは、17世紀中期以後らしい。江戸が膨張したためだそうです。江戸に流入してくる者の受け皿となった浅草寺境内は、19世紀には1万人もの人の生活の場となったとのこと*1。
■江戸時代初期の浅草寺境内の範囲は広かったようです。南は駒形、北は今戸、西は現在の国際通りあたりから、東は墨田川畔にまで及んでいたとのこと。総面積は100ha(ヘクタール)もあったようです。1haが1万平方mですから100万平方mもあったわけですね。真四角で考えると1km×1kmぐらいの面積があったようです。人口密度で考えると、100平方mに1人となるのかな。計算上は、そんなにざわざわした感じではないようですね。
■明治維新後の明治6年(1873年)に状況が変わりました。すでに住宅が建ち並び完全な市街地となっていた部分は浅草寺境内から切り離されてしまいます。残りの部分も公有地となりました。日本最初の都市公園である「浅草公園」として、7つの区画に分割されてしまったそうです。
■現在の浅草寺境内は、その第1区に該当しているとのこと。同じく第2区は浅草観光の目玉「仲見世」だそうです。第5区には「花屋敷」があります。低湿地を埋め立てて造成された第6区(ロック)には、展望台である「凌雲閣(浅草十二階)」が作られました。日本初の映画館「電気館」もロックです。寄席など各種娯楽施設が建設されました。いまでも昔日ほどではないにせよ、それなりの賑わいを見せていますね。
◆参考*1:書籍「痛快ケンチク雑学王」初版86〜87頁、建築うんちく隊、ISBN4-395-00781-3、彰国社
◇*2HP「浅草寺 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E8%8D%89%E5%AF%BA
◇*3「浅草寺|浅草寺について」
http://www.senso-ji.jp/about/index.html
◇*4「浅草十二階が開場した日。展望台から初日の出を拝もうと客が殺到したの?」
http://blog.q-q.jp/200711/article_33.html
◇*5「世界初(?)の美人コンテストが実施された日。どこの国で開催されたの?」
http://blog.q-q.jp/201209/article_15.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
浅草寺にある文房具の碑。どんな道具の石碑なの?
●●●●●★歴史★● 問題:金龍山浅草寺(きんりゅうざんせんそうじ)。浅草の観音様は、そんな名前のお寺さんらしい。古いお寺さんです。徳川家康が江戸に来たのが1600年のちょっと前と言われています。それより1000年近く前。西暦628年ごろに創建されたお寺さんだそうです。治めていた天皇は推古天皇。最晩年らしい。 ■ちなみに、彼女は日本史上初の女帝だそうです。ということは、卑弥呼は「女帝」ではないのかな。日本が統一されていなかったころの女親分だからかな。 ■江戸時代の初期には、浅草寺は江... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2014/05/10 08:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい人口ですね〜
吉原に行く途中の土手なども田んぼに挟まれていて、行き返りに物取り強盗が出たといいますから、江戸はけっこう寂しかったんでしょうね。
浅草の通りに、浅草に貢献したエノケンなどの芸能人の似顔絵が並んでありますが、予約済みの出ているところがあるので、なんだろう?と思ったら、ビートたけしさん用だそうです。
ねこのひげ
2013/03/17 03:33
コメントをありがとうございます。

 エノケンとはまた懐かしい名前ですね。

 つい最近、黒澤明の「虎の尾を踏む男達」という映画を観ました。歌舞伎の勧進帳の映画化のようです。義経一行は山伏に扮し、強力(ごうりき)役として、エノケンが登場します。

 いわゆる狂言廻しというのでしょうか。状況説明をする役のようでした。昭和20年(1945年)の9月に完成した映画のようです。エノケンはまだ両足とも元気で、身軽な動きを見せていました。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/03/17 09:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代に1万人もの人が住んでいたというお寺はどこの寺なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる