町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 生命の源は、やはり宇宙からやってきたの?

<<   作成日時 : 2013/02/05 06:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:少し古い話になりますが2011年の夏、NASAのゴダード宇宙科学研究所の研究者たちは、DNAの部品である塩基を宇宙由来の物の中で見つけたと発表したそうです。
■生命の設計図とも呼ばれるDNAの部品です。ひょっとしたら生命は地球上で誕生したのではないのかもしれません。宇宙からやってきたのかな。あるいは宇宙由来の物質を元に、地球で生命が誕生したのかもしれません。ともかく、生命の誕生について議論を巻き起こした発見だそうです。
■ではゴダード宇宙科学研究所の研究者たちは、何を調べてそんな結論に達したのでしょうか。次の中から選んでください。
[い]火星の探査でDNAの構成物を見つけた
[ろ]地球に降って来た隕石内でDNAの構成物を見つけた
[は]国際宇宙ステーションで宇宙のチリを回収した中にDNAの構成物があった
[に]はやぶさが持ち帰った微小なチリの中にDNAの構成物があった
[ほ]アポロ11号が持ち帰った古い月の石の中にDNAの構成物があった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]地球に降って来た隕石内でDNAの構成物を見つけた
説明:1969年(昭和44年)にオーストラリアのマーチソン村で隕石が回収されました。マーチソン隕石と呼ばれています。今回、マーチソン隕石など、複数の隕石を調べてみたら、DNAの構成物として知られるアデニンとグアニンが見つかったそうです。これにシトシンとチミンを加えた4種類が遺伝情報を構成する基礎部品です。A・T・G・Cという頭文字で知られます。この組み合わせがDNAに書き込まれることより、親の形質は子に遺伝していくわけですね。
■アデニンは、他にも生命に関わる働きがあるそうです。「最も重要なエネルギー物質である ATP の塩基部分である」とのこと。
■どんな動物も植物も、遺伝子の数、遺伝情報の多少はありますが、4種類の塩基によって情報が伝達されるという基本の仕組みは変わりません。つまり、地球上の生命体は、すべてこれらの塩基をもっています。それだけ重要な化合物なんですね。
■隕石からこうした物質を抽出する際には、汚染の問題があります。地球には無数の生命体がいます。そこに隕石が落ちてくると、当然ながら地球の生命体の塩基が隕石に付着するかもしれません。
■今回は、「塩基と同時に、地球上にはほぼ存在しない有機物を隕石中に発見した」らしい。これが宇宙由来のアデニンとグアニンだと主張する根拠となったようです。その物質とは、2,6-ジアミノプリンおよび6,8-ジアミノプリンという化合物らしい。きっと黄色くてプヨプヨしていて甘いんでしょうね。
■これらの物質は、地球上の生物ではほぼ合成できない物質らしい。しかも、隕石が回収された場所の氷や砂からはこれらの物質が検出されていないとのこと。さらに宇宙空間を模した環境でアンモニアとシアン化水素を混合し、2,6-ジアミノプリンおよび6,8-ジアミノプリンが化学反応だけで生成されることも確認したそうです。
■[は]の選択肢も100%の間違いではないようです。国際宇宙ステーションでは、宇宙に漂うチリをとらえ、有機物が含まれるかどうか調べる計画があるとのこと。国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」で行われる予定の「たんぽぽ計画」だそうです。東京薬科大学などが実施するらしい。平成25年(2013年)内にも実験装置類が打ち上げられる予定だそうです*2。
■計画の名前、「TANPOPO」は、チリに乗って運ばれる有機物の姿を、綿毛に乗って飛んでいくたんぽぽの種子に見立てて名づけられたとのこと。はたして小さな無機物には小さな有機物が付着しているのでしょうか。結果が楽しみですね。
◆参考*1:雑誌「"生命の材料"は宇宙から届いた?」ニュートン2011年11月号12〜13頁、担当編集者宮内諭、ニュートンプレス
◇*2HP「たんぽぽ計画とは」
http://logos.ls.toyaku.ac.jp/~lcb-7/tanpopo/introduction.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日観た番組では、単細胞生物の化石も発見したとか言ってましたね。
例の『クマムシ』のような生物であれば、宇宙空間を旅してくることも可能であるそうで。
国際宇宙ステーションで、100匹のクマムシを1週間宇宙空間に出しておく実験をしたらそのうちの10匹が生き返ったそうですよ。
それにしてもクマムシの生命力は凄いです。
ねこのひげ
2013/02/05 07:18
コメントをありがとうございます。

 昔の科学者たちが想像していたよりも、「生命」はしぶといようですね。何万Gという加速度に耐えたり、絶対零度という低温でも死ななかったり。

 太陽が死期を迎え、人類は地球には住めないということになったら、系外惑星に逃げ出すことになるでしょう。そのときには、宇宙船には人類は乗り込まないほうがいいかもしれません。餌がたいへんですから。
 クマムシ君などのように小さくて生命力の強い生物を宇宙船に積み込みましょう。
 生命が生きられるような系外惑星に到着するには何万年〜何十万年という時間がかかります。もし、「生命」としてクマムシ君が到達することができれば、また長い時間をかけてゆっくりと進化すればいいのです。何億年か経過すれば、二足歩行をする脳の発達した生命体が誕生しているかもしれません。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/02/05 09:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
生命の源は、やはり宇宙からやってきたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる