町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「とんでもございません」と「滅相もございません」はおなじ誤りなの?

<<   作成日時 : 2013/02/21 07:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:とんでもございません。これは、本来は誤った言葉の使い方なんだそうです。
■とんでもないの「ない」は、否定の意味ではないらしい。強調の意味だそうです。だから敬語にするときには「とんでもないことでございます」となるのが正しいそうです。「とんでもありません」とか「とんでもございません」は使えないわけですね。
■平成25年(2013年)現在は、「とんでもございません」を容認するかどうか、意見が分かれているようです。文化庁の文化審議会の答申には次のように記されているらしい。「『とんでもございません(とんでもありません)』は、相手からの褒めや賞賛などを軽く打ち消すときの表現であり、現在では、こうした状況で使うことは問題がないと考えられる」。平成19年(2007年)に「敬語の指針」という答申の中の記述だそうです。
■文化庁が文化を守らなくてどうするのだと思いますが、それはさておき、最近では「とんでもございません」が使われている事実は認めざるをえません。
■同様の誤りは他の言葉でもよく見られるそうです。末尾に「ない」がつく言葉では、「ございません」と入れ替えれば敬語になると単純に考えてしまう人が多いらしい。では、次の「ございません」のうちで、正しい使い方がなされているのはどれでしょうか? (正しい使い方は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]滅相もございません(滅相もない)
[ろ]せわしございません(せわしない)
[は]あっけございません(あっけない)
[に]きわまりございません(きわまりない)
[ほ]せつございません(切ない)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:正しい使い方はない
説明:ここに掲げた5つの「ない」が末尾にくる言葉、[い]滅相もない/[ろ]せわしない/[は]あっけない/[に]きわまりない/[ほ]切ないでは、いずれも「ない」が否定で使われていないらしい。だから敬語にするときに、「ございません」とか「ありません」にはできないようです。
■[い]の「滅相もない」はいちばん正しい使い方にみえます。ところが、参考資料*2には次のように記されています。
---【誤用】 「滅相もない」が敬語でないと言って、「滅相もございません」と言うのは誤りです。「滅相もない」の語幹は「滅相もな」であって、「滅相もございません」になりません。敢えて言うならば「滅相もないことでございます」とする他ありません。
■うんと丁寧にいうなら「滅相もない次第でございます」になるそうです。「私が次期監督? 滅相もないことでございます」という発言があったとすれば、この人は言葉の使い方の正しい人ですね。
■[ろ]の「せわしない」は強調の意味の「ない」だそうです。まず「せわしい」という言葉があり、それをさらに強調する「せわしない」が生まれたらしい。どちらもおなじ意味ですね。多忙を示しています。否定なら逆の意味になるはずです。
■[は]の「あっけない」、[に]の「きわまりない」、[ほ]の「切ない」も、程度を強める「ない」のようです。[に]の「きわまりない」は「失礼極まる」と「失礼極まりない」が一緒の意味ですね。やはり程度を強めていることがわかります。「切ない」の「切」という言葉には「圧迫されてつらい」という意味があり、さらに「ない」がつくことでより程度が強められているとのこと。
■この他に「はしたない」や「まんべんない」や「いとけない/おさない」なども程度を強める表現であり、「ありません」や「ございません」とは言えない言葉だそうです。
■辞書を引くと、「惜しみない」とか「覚束ない」、「大人気ない(おとなげない)」などは、否定の「ない」のようです。漢字表記として「無い」が当てられています。文法からいえば、「惜しみもございません」とか「大人気もございません」と言ってもいいのかな。ただし、あまり聞いたことのない表現、耳慣れない言い方ではありますけどね。
◆参考*1:番組「気になる言葉 『ないって否定じゃないの? 』」2006年7月29日放送、NHK
◇*2HP「「とんでもない」→「とんでもございません」という言い方は? | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所」
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/183.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
使われているうちに、だんだんと正しいということになったんでしょうね。
ことわざなんかでも、若い人の間では、逆の意味になっているのがありますからね。
ねこのひげ
2013/02/22 03:31
コメントをありがとうございます。

 昔、疑問を感じていました。「失礼極まりない」と「失礼極まる」がなぜ同じ意味になるのか。今ごろになって理由がわかりましたけど。

 言葉は多数決で決まるので、誤用する人が多数派になれば、誤用が正しい用いかたとされます。

 誤用で話題の「すべからく」。本来は「当然ながら」とか「必然的に」という意味だそうです。でも、そのうち「すべて」の意味で用いるのが正しい…となるのかな。
(^^;) 
ねこのひげ様<素町人
2013/02/22 07:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
「とんでもございません」と「滅相もございません」はおなじ誤りなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる