町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥山検校(けんぎょう)が身請けした超高級女郎の代金はいくらだったの?

<<   作成日時 : 2013/02/20 07:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
★歴史★
問題:江戸時代の花魁のお話です。
■「仙台高尾」という落語があります。仙台藩の伊達綱宗(つなむね)という大名に惚れられた三浦屋の四代目(?)高尾太夫(たかおだゆう)は、7000両で身請けされたと落語の中では語られています。7800両という説もあるのかな。
■元禄時代前後の7000両です。現代のお金では7億円ぐらいにはなるのかな。それじゃあんまりですよね。いくらクラブのナンバーワンとはいえ、ちょっと高すぎます。落語だから演出が強すぎるのかな。
■実際に、大きな店のナンバーワンを身請けした人の話では、鳥山検校とよばれる盲人の話が記録に残されているらしい。この人物は盲人界の中では最高位と呼ばれる地位にいたようです。
■では、この鳥山検校が大店のナンバーワンを身請けするのに使った金はいくらだったのでしょうか?次の中から近い数字を選んでください。
[い]200両
[ろ]400両
[は]800両
[に]1600両
[ほ]3200両
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]1600両
説明:記録に残されているのでは1500両ぐらいを使ったようです。安永(あんえい)年間といいますから、1772年11月から1781年4月ぐらいまでのあいだのお話です。現在の金にして1億円以上は間違いないのかな。
■身請けされたのは、松葉屋という店の三代目瀬川という女性だそうです。瀬川というとなんとなくのど飴のCMに登場する瀬川瑛子嬢を連想します。でも三代目瀬川はおそらく20代前半ぐらいの女性であり、美女であり、かつ教養もある人物だったのでしょう。もちろん瀬川瑛子嬢も美女ではありますが。ははは。
■ところで、鳥山検校はホントに全盲だったのでしょうか。全盲ならばどんな美女であろうと、自分の目には見えないわけですよね。1500両も払う意味が薄れます。ひょっとしたら少しは見えていたのかな。
■元禄時代ごろから、幕府は盲人に高利の金貸し業を認めたそうです。盲人が高利で貸すお金は座頭金(ざとうがね)、または官金(かんきん)と呼ばれたらしい。貧乏な侍たちを相手に暴利を貪り、巨万の富を蓄財していた盲人もいたそうです。名古屋検校という人物は10万両以上の貯金があったらしい。1両を10万円と乱暴に換算すると100億円以上でしょうか。鳥山検校もまた1万5000両を貯め込んでいたといわれます。15億円ぐらいかな。
■現有資産の1/10をはたいて三代目瀬川を身請けした鳥山検校でしたが、安永(あんえい)7年(1778年)に「あまりの悪辣さ」ゆえに全財産没収の上江戸払いの処分を受けたそうです。世間の人は胸のすく思いをしたでしょう。可哀相なのは瀬川です。せっかく身請けされたのに旦那は一文無し。一緒に旅に出たのかな。そうだとすると浪花節の「壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)」のお里沢市みたいですね。
■それともひとりで暮らしたのでしょうか。どんな絶世の美女でも1秒1秒と容色は衰えていきます。数年で人が変わったようになるのかも。一度いい目を見ているだけに、後の人生は辛そうです。心ある人に拾われればいいのですが。あの小野小町も最後は極楽寺という寺の前で野垂れ死にしたと伝えられます。落語の枕とか、啖呵売という商法をなさる的屋のお兄さんたちの証言ではありますが。
■おなじ高級女郎でも、落語の「紺屋高尾(こうやたかお)」に登場する高尾太夫(五代目?)とか、「幾代餅(いくよもち)」に登場する姿海老屋(すがたえびや)の幾代太夫(いくよだゆう)のように真面目な堅気の職人に嫁入りしたほうがずっと幸せだったかもしれません。
◆参考*1:書籍「日本歴史おんな噺」文庫初版72頁、樋口清之著、ISBN4-8033-3698-9、大陸書房
◇*2HP「検校 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E6%A0%A1

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
私も1億円くらいで身請けしてくれたらなあ〜。どこへでも行くぞよ。
ブータ
2013/02/20 16:04
コメントをありがとうございます。

 思い出しました。戦後、名古屋で「命売ります」という人物が現れたと聞きます。昭和23年(1948年)2月21日といいますから、明日でちょうど65年目になるのかな。
 若い男性が5万円で売りたいとポスターを貼ったらしい。父親の医療費のためだったそうですけど。結局、売れずに父親は亡くなったようです。
 仮に当時の物価が現在の25分の1とすると、現在の貨幣価値では125万円ぐらいでしょうか。

 命の相場はわかりませんが、1億円はなかなか破格のお値段のようです。もしブータ様がその価格で売れたとすれば、何か特別なもの、たとえばずば抜けた知力とか、美貌とか技能とか、他の人にはない属性があるということなのでしょう。
(^^;)

 
ブータ様<素町人
2013/02/20 18:43
所詮高嶺の花ですが・・・・
グリーンジャンボが当たれば身請けできそうですね。
ねこのひげ
2013/02/20 18:54
男の人だから、125万円で買って、召し使いにでもするんですかねぇ。売れなかったか。
美貌と知力…ですと?なんどすか?町人さんも、返しますなあ。どうもすみませんどす〜。
木の葉を乗せて化けるだす〜(^o^;
ブータ
2013/02/20 19:07
ねこのひげ氏は、まだ身請けしてないの?
より好みしてるんですかね。
ブータ
2013/02/20 19:13
コメントをありがとうございます。

 たしかに宝くじを当てれば、三代目瀬川は身請けできますね。う〜ん。
 でも、タマに買っても当たらないだろうし。やっぱりやめとこう。totoで十分に社会貢献していますしねぇ。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/02/20 19:48
コメントをありがとうございます。

 命を売るといわれても、たしかに困ります。内臓を売ると言われるほうが具体性があっていいのかな。
(^^;)
ブータ様<素町人
2013/02/20 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥山検校(けんぎょう)が身請けした超高級女郎の代金はいくらだったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる