町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 熟語の間違い探し。「民衆の武装逢起で軍は蜘蛛の子を散らすように逃げた」の間違いは?

<<   作成日時 : 2013/01/10 07:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:熟語で使われている漢字の間違い探しです。形や読みが似ていると気づきにくいですね。慎重に調べてください。必ずや容疑者は特定できるでしょう。
■次の文章内にある間違いはどれでしょうか? なにせ意地悪なクイズです。間違いがない文章が混ざっている可能性もあります。
[い]民衆の武装逢起で軍は蜘蛛の子を散らすように逃げた
[ろ]長女は真面目な性格だが、長男は放董息子でとても後を継がせられない
[は]さんざん愚老され罵声を浴びせられた
[に]貞察隊は敵の動きをなかなか把握できなかった
[ほ]「正月は 冥渡の旅の 一里塚」と昔の人達は皮肉な見方をした
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]民衆の武装逢起で軍は蜘蛛の子を散らすように逃げたの間違いは武装逢起である
■正しくは、武装蜂起です。「逢う」という漢字ではなく、「蜂」です。多くの蜂は尻に針を持っています。武装しています。そこから生まれた熟語かもしれません。なんてね。蜂の巣を突いたような騒ぎになるのでしょう。
□昭和前半までの日本の主婦が怒って立ち上がると武装帚(ほうき)です。旦那は逃げ出したのかな。武装蜂起の反対語は武装放棄です。なんてね。
□中国や北朝鮮で民衆が立ち上がる日は来るのでしょうか。成人した男女が普通選挙権を獲得する日は来るのかな。もし来たら、中国の特権階級も北朝鮮の金王朝も、悲惨な目にあうのでしょうね。面白いドラマが生まれそうだな。民主国家の人間としては期待して待っているのですが。
[ろ]長女は真面目な性格だが、長男は放董息子でとても後を継がせられないの間違いは放董息子である
■正しくは、放蕩息子です。「品行の悪い息子」のことですね。落語には放蕩息子のお話がどっさりあります。それだけありふれた存在なのでしょう。現代では富に偏りが減ってきたので、派手な放蕩息子はあまり見かけません。例の歌舞伎の御曹司も放蕩息子というほどの遊びかたはしていないようですし。第一、曲がりなりにも仕事をしているようでは、放蕩という名誉ある称号は与えられません。
□董という漢字は常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「トウ、トク、ショウ 、ただす、おさめる」という字音・字訓があります。「重」という漢字は、袋に物を入れた姿をあらわすとのこと。だから重いのかな。
□袋に物をいれ、両手で振って収まりをよくすることを振董(シントウ)というらしい。たとえば米や小豆を容器にいれたとき、振動を与えるとわずかに詰まります。器の上部に余裕が出来たりします。あれが振董なのでしょうか。
□董という漢字は骨董(コットウ)というよく知られた熟語も作ります。古道具のことですね。ここで使われている董の意味はよくわかりません。ひょっとしたら振る道具? そんな馬鹿な。道具は振ったっておさまるものでもないよね。
[は]さんざん愚老され罵声を浴びせられたの間違いは愚老である
■正しくは、愚弄です。「人をばかにしてからかうこと」ですね。
□「愚」という漢字は、常用漢字表では「グ、おろか」という音読み・訓読みがあります。漢和辞書「字通」でもおなじです。この漢字には、万物の霊長ではなく、「動物の頭を持っている」という意味があるらしい。カラスやイルカ、タコなどはいくら賢いといっても人間には遠く及びません。
□愚直(グチョク)という熟語をつくります。「正直なばかりで臨機応変の行動をとれないこと」だそうです。馬鹿正直ですね。昔の江戸幕府の目付(めつけ)という役職の武士は、武士社会における風紀委員のような存在らしい。漫画「おれは直角」の主人公と同様に、目付の連中は、道や廊下を曲がるときは直角に曲がったとのこと*3。愚直の代表かな。
[に]貞察隊は敵の動きをなかなか把握できなかったの間違いは貞察隊である
■正しくは、偵察隊です。「敵状を偵察するために編制された兵士の小集団」です。
□「貞」という漢字は常用漢字表では「テイ」という音読みだけです。漢和辞書「字通」では「テイ、とう、ただしい、まこと、あたる」という字音・字訓があります。貞節(テイセツ)とか貞淑(テイシュク)など、いい意味の熟語をつくります。
□王選手の貞治(さだはる)という名前もいい名前ですね。この場合の貞は、あたるという意味かもしれません。バットの芯にボールが当たる。だからこそ飛距離が出るのかな。
□「偵」という人偏の付いた漢字は、常用漢字表では「テイ」という音読みがあります。漢和辞書「字通」では、「テイ、うかがう、とう」という字音・字訓があります。「探偵」、「内偵」などという熟語を作ります。シャーロック・ホームズやエルキュール・ポワロなどの世界でよく使われる言葉ですね。
[ほ]「正月は 冥渡の旅の 一里塚」と昔の人達は皮肉な見方をしたの間違いは冥渡である
■正しくは、冥途あるいは冥土です。「死者の霊魂の行く世界」だそうです。いわゆるあの世です。
□最近の科学者たちの一致する見解によれば、物質はクォークとレプトンと呼ばれる小さな粒子にわけられるらしい。あらゆる元素、原子のたぐいはこれらの組み合わせでできているそうです。死んだあとの肉体は滅びるわけではないようです。単に他の物質に変化するだけらしい。火葬場ではエネルギーを費やし、ごく短時間のうちに変換作業を完了するわけですね。水葬や風葬、土葬の場合は、やや時間をかけ、ゆっくり変換されるようです。
□レイコンと呼ばれるものは、サービス業である宗教産業にとって不可欠な存在です。古今東西の宗教家と呼ばれる連中は、レイコンについてさんざん語り尽くしてきました。でもその実体については実は誰も知りません。第一、ホントに存在するかどうか。科学的な証明はいまだになされていないようです。
□宇宙にはダークマターとかダークエネルギーと呼ばれる未解明の存在が多いといわれます。そしてレイコンやメイドも未解明です。どちらに先に科学のメスが入るのでしょうか。素人の予測では、ダークエネルギーやダークマターのほうがより早く明らかにされるのでしょうね。当分のあいだ宗教産業に不安要因はないと思われます。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定準1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20422-2、成美堂出版
◇*2HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇*3書籍「大江戸復元図鑑 武士編」初版214頁、笹間良彦(よしひこ)著、ISBN4 -946525 - 56 – 4、遊子館
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
冥土の旅の一里塚・・・一休さんでしたっけ?
童話の一休さんに比べて、本当の一休さんは、かなりの皮肉屋だったようですね。

武装蜂起は起きそうな気配ですけどね。先日も言論の自由を求めて、ストが起きてますからね。
しかし、毛沢東のように「中国の人口は4億あるから、3千万人ぐらい死んでも平気だ。」なんて言うトップがいる国ですからね。
大量虐殺をして埋めちゃうかもしれませんけどね。
ねこのひげ
2013/01/11 06:29
コメントをありがとうございます。

 革命は、一般には怒った民衆に軍隊が同調すると成功するものだそうです。
 北朝鮮では軍は金家の私兵みたいな存在らしい。この国では革命は難しいのかな。
 中国のことはわかりません。けれど、当分のあいだご近所で革命騒ぎは起きないような気がします。見物客としてはたいへん残念ですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/01/11 10:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
熟語の間違い探し。「民衆の武装逢起で軍は蜘蛛の子を散らすように逃げた」の間違いは? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる