町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸の町奉行所の玄関正面に飾られているものはなに?

<<   作成日時 : 2013/01/30 07:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:時代劇などをみるとよく江戸の町奉行所が登場します。「北町奉行所」とか「南町奉行所」などと大きな木の看板が掛けられていたりします。
■じつはこれは誤りなんだそうです。江戸時代には、いわゆる表札といわれるものは、奉行所も大名屋敷もいっさいなかったといわれます*1。なぜなのかはわかりません。いつでも襲われるという感覚を持って平和な時代に突入した武士たちです。ひょっとしたら敵を利することだから表札はかけなかったのかもしれません。口絵のような風景は実はなかったようです。ただし、口絵はある観光地のものです。現代人には表札や看板がなければなんだかわかりませんから、便宜上看板を掲げているのかと思われます。時代考証よりもお客さんを優先させた結果なのでしょうね。
■町奉行所などは超有名な存在でしょうから、江戸に住む者なら誰もが知っていたかもしれません。でも、大名の屋敷となると困りますね。赤い門が人目を引いた加賀藩みたいに有名ならわかるかもしれません。でも1万石を少し越えていますという小大名もたくさんいました。全部で300人前後の大名がいたらしい。辻番所という現代の交番のような施設で尋ねるのがいちばん確かな方法だそうです。各大名の屋敷には、必ず門番もいます。そこでも尋ねられたかもしれません。
■ところで、江戸の町奉行所の玄関正面には、必ずある物が飾られていたそうです。それは規則で決まっていたといわれます。では奉行所の玄関正面に飾られている物とは、次のどれでしょうか?
[い]刺又(さすまた)・袖搦み(そでがらみ)・突棒(つくぼう)など捕り物用具
[ろ]奉行の個人所有になる太刀と脇差し
[は]鉄砲50挺
[に]赤い漆塗りの大きな天水桶
[ほ]鮭をくわえている木彫りの熊
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]鉄砲50挺
説明:鉄砲50挺は、現代の警察でも飾らないですね。鉄砲を使うような場面は、捕り物の中ではなかったでしょうに。なぜそんなものを飾っていたのでしょうか。
■町奉行の配下である与力・同心は、実は鉄砲組に所属していたそうです。一朝事あれば、戦場で狙撃部隊として攻撃・守備につとめる人たちなんですね。
■泰平の世にあっても、オレたちは鉄砲組だという帰属意識を失わないために、鉄砲が飾られていたようです。弾丸や火薬を入れる胴乱(どうらん、昔の革のバッグ)も飾っておいたらしい。
■「江戸町奉行事蹟問答」という本があり、ここには「玄関正面広間には下戸棚、上に鉄砲五十挺を並立し、前に玉薬、革の覆、金葵の紋付胴乱、同じく飾付」と記されているそうです。これは幕府の他の役所にはない特徴とのこと。
■町奉行所の与力は羽織袴に両刀を差し、槍持ち、草履取りを従え、騎馬で出勤したそうです。同心は着流しに巻羽織姿です。小者に御用箱を背負わせて出勤したとのこと。
■町奉行所の職員も、幕末になると洋式装備と洋式訓練が行われたようです。服装も変わります。与力・同心は、筒袖(袂(たもと)がなく袖が筒になった小袖)と裁着袴(たっつけばかま、袴を改良してズボンのようにしたもの)に陣笠という服装だったらしい。同心は、洋式の銃剣付き鉄砲を持つようになったそうです。ものものしいですね。でもよく考えるといまの巡査も短銃を身に帯びています。悪いやつが多いから必要なのかな。
◆参考*1:書籍「時代劇のウソ・ホント」初版44〜45頁、笹間良彦(よしひこ)著、ISBN4-946525-65-3、遊子館

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは知らなかったですね〜
与力とかは、武士の中でも一番身分の低い足軽程度の者というのは、よく小説に出てくるので知っていましたが。

そういえば、きのうのTBSのもてナイ!をご覧になりましたか?
天皇陛下や徳川家、殿様の食事が出てきました。
味より縁起を重視していたそうで・・・・
あまりおいしくはなかったらしいです。
ねこのひげ
2013/01/30 07:34
コメントをありがとうございます。

 与力も同心も御目見以下で、身分の階級からいえばかなり低めのようですね。でもこうした人たちが幕府や藩、そして日本を支えていたようです。現代でいえばサラリーマンなのかな。

 残念ながら「もてナイ」という番組は観ていません。
 15代目の慶喜のある晩食をクイズにしたことがありますが、こちらはかなり豪華でしたね。
→「徳川家康の好物はめざしなのか、豚やわらか煮なのか?」
http://blog.q-q.jp/200607/article_59.html
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2013/01/30 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸の町奉行所の玄関正面に飾られているものはなに? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる