ハワイのキラウエア火山は今後どうなる予定なの?

画像
★科学★
問題:ハワイにキラウエア火山という活火山があります。20世紀中に45回も噴火した勤勉な火山です。標高は1250m足らず。あまり高くない山です。キラウエアというのは「噴き出す」、あるいは「多く撒き散らす」という意味があるそうです。
■世界一安全な火山といわれているらしい。大噴火もたまにはします。でもおおむね溶岩を垂れ流すだけらしい。キラウエアのマグマは粘度が低いそうです。地表を流れ、表面がかさぶたのように固まった場合もその下の溶岩チューブといわれる場所を流れ続けるそうです。で、海に到達するわけですね。
■日本の火山は危ない存在です。1991年(平成3年)の雲仙普賢岳の噴火では火砕流によって40人以上が亡くなりました。9万年前の阿蘇山の噴火では、九州の動植物は多大な被害を受けました。火砕流は本州の山口、四国の愛媛にまで達したともいわれます。
■穏やかなキラウエア火山では、参考資料*1によれば、1986年(昭和61年)から2007年(平成19年)までに1.69平方kmの新たな陸地が誕生したとのこと。1000m×1690mの面積の埋め立てが自然の力によって行なわれたということかな。
■地質学者たちにいわせると、キラウエア火山の将来はすでに決まっているようです。といっても何億年も先というわけではありません。何万年か先という程度の「近い将来」のようです。それはどんなものなのでしょうか? 
[い]大きな爆発を起こして山容は大きく変わってしまう予定
[ろ]溶岩の質が変わり、雲仙普賢岳のような溶岩ドームがむくむくと成長する予定
[は]東西に引き裂かれて分裂し、間に海が入り込んでくる予定
[に]休火山になり、死火山となる予定
[ほ]現状のまま、溶岩の垂れ流しを続けるので、海岸線がどんどん広がっていく予定
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]休火山になり、死火山となる予定
説明:とても穏やかな老後をおくり、やがて天に召されるようです。なぜそんな予測ができるのでしょうか。それはキラウエア火山の成り立ちに関係があるそうです。
■キラウエア火山は、ホットスポット(高温部分)と呼ばれる地学上の特殊な仕組みの上に成り立っている火山だそうです。ホットスポットはいわばマグマの噴出口です。「プレートより下のマントルに生成源があると推定されるマグマが吹きあがってくる場所」だそうです。「プレートより下」なので、海底(プレート)の移動による影響は受けないようです。不動の位置を保っているのかな。
■これに対してキラウエア火山をいただくハワイ諸島は、海底(プレート)と一緒に毎年8cmずつ日本に近づいているらしい。ホットスポットの位置からすこしずつずれてしまうわけですね。
■Wikipediaのキラウエア火山の項によれば、火山活動の中心は、ロイヒ海底火山という噴出口に移りつつあるとのこと。その頂上は海面下約900mにあるとのこと。すでにキラウエアには衰退の兆しが見えているのかな。やがて休火山から死火山へと遷移していく予定らしい。
■なお火山には3種類があるそうです。ホットスポットによるものがひとつですね。残りのふたつは海嶺に関係した火山と海溝に関係した火山だそうです。
■海嶺は海の底にある山脈だそうです。海嶺に向けては、地球内部から溶岩がわき出しているらしい。アイスランドの火山がその例であると参考資料*3はいっています。
■日本や中南米の火山は海溝に関係した火山だそうです。海嶺で産まれたプレートは長い年月をかけてゆっくりと移動します。毎年8cmなんて速度なわけですね。それでもいつかは海溝にたどりつき、そこで地球内部に潜り込むらしい。潜り込んだ海底は、物凄い圧力を受け、一部が熔けて熔岩となるそうです。近くの地殻の弱いところをみつけて上昇し、火山をつくります。富士山や浅間山、雲仙普賢岳や昭和新山などもみんな海溝の近辺で生成されたマグマが上昇しているのでしょうかね。
◆参考*1:HP「キラウエア火山 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A2%E7%81%AB%E5%B1%B1
◇*2HP「ホットスポット (地学) - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88_(%E5%9C%B0%E5%AD%A6)
◇*3書籍「地球は半熟のゆで卵」初版64~66頁、竹内均著、ISBN4-8103-4016-3、同文書院

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年12月05日 06:16
テレビの番組で、噴火の様子や溶岩が海に流れ込む様子をよく見ますが、壮大なものですね。
いまは、沈静化しつつあるそうで、死火山になりつつあるということでしょうね。
でも新しい火山が生まれてくるそうで、なんども繰り返しているうちに、ハワイは日本列島と地続きになるとか言ってましたね。
何万年後かの話だそうですが・・・
ねこのひげ様<素町人
2012年12月05日 08:03
コメントをありがとうございます。

 日本とハワイの距離は6400km以上あるらしい。仮に平均8cm/年で接近したとすると、8000万年以上かかる計算なのでしょうか。
 次の超大陸は北極あたりに陸地が集合するのだ。1億年ぐらいあとに誕生する。そんな説があるようです。年代としては符合しているのかな。
(^^;)

この記事へのトラックバック