町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 海底の年齢は、地球自体の年齢よりもだいぶ若いの?

<<   作成日時 : 2012/12/25 10:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★科学★
問題:本日は耶蘇教の有名人の誕生日だそうです。2000年余り前にその人物は生まれたと連中は主張しています。でも別に証拠があるわけではないらしい。単なる言い伝えですね。神武天皇が即位した日、つまり「日本書紀」に記された我が国の建国の日とおなじぐらいに根拠が薄弱です。
■でもそれでいいのです。人間には科学で割り切れないものが必要です。科学者の主張はあまりにも味気ない。万物は元素でできているそうです。元素は電子と原子核で、原子核は陽子と中性子で、陽子はアップクォーク2つとダウンクォーク1つで構成されているらしい。そしてアップ/ダウンクォーク、電子などの素粒子は、実は「振動するひも」であると考える研究者たちがいるようです。最新の科学が提供する仮説の1つによれば、われわれ自身を含む宇宙の森羅万象は結局すべてひもとその振動に過ぎないらしい。
■素町人はきわめて不熱心な仏教徒ですが、宗教も神話も否定しません。どうせ人間は事実だけでは生きられない存在です。仮に近い将来にそれが科学的に証明されたとしても、自分がひもの集合体であることはあまり信じたくない。イトミミズの球塊になったような気分になります。夢に出て来そうだわ。それにくらべれば、耶蘇教でいう復活がどんなにナンセンスであろうと、初期の天皇たちが常識外れにご長寿であろうと、宗教や神話のほうがはるかにマシかもしれません。
■話が脇道にそれました。本日は、おなじ誕生日でも地球の誕生日にかかわるお話です。こちらには若干の科学的根拠があるらしい。約46億年前に地球は産まれたといわれます。このときほぼ一緒に太陽も他の惑星、小惑星、衛星たちも産まれたとされています。太陽系ファミリー全体の誕生日なわけですね。構成員は大小あわせると数十万以上でしょうから、オギャオギャとうるさかったことでしょう。
■ちなみに、地球上の最古の生物の化石は約35億年前ぐらいのものだそうです。藍藻(らんそう、シアノバクテリア)という原始的な生物らしい。別の説もあって藍藻は約27億年ぐらい前のものが確実な証拠だと主張する人たちもいます。
■ところで、放射線を応用した年代測定によると、地球は約46億年ぐらい前に産まれたわけですが、海はもっとずっと後なのかもしれません。海底の年齢は地球の年齢に比べると若いらしい。では、海底の年齢はだいたい何歳ぐらいなのでしょうか? 下の中から近い数字を選んでください
[い]2億歳
[ろ]4億歳
[は]8億歳
[に]16億歳
[ほ]32億歳
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]2億歳
説明:意外なことに海底は約2億歳だそうです。地球の年齢と比べるとずいぶん若い。不思議なことに海そのものの誕生は、現在知られているかぎりでは約40億年前といわれます。つまりいちばん古い海は40億年前に存在したと推定されているらしい。その割りには海底の部分は約2億年しか経っていない。
■参考資料*1によれば、これはマントルの対流が原因になっているそうです。海底は、少しずつ移動しているらしい。海溝と呼ばれる暗黒の淵に向かっているそうです。では出発点はどこなのでしょうか。海嶺(かいれい)だそうです。海の山脈なのかな。海嶺では海洋プレートが誕生し、そこからごくゆっくりと、でも確実に移動し、最後には海溝に落ち込む。たとえは妙ですが、時空間的に壮大な動く歩道みたいですね。こうした動きを続けているため、いわば新陳代謝を繰り返しているため、海底はいつも新しいわけですね。勝手な想像ですが、海嶺に近い海底は年若く、海溝に近い海底が約2億歳なのでしょう。
■ちょっとお馬鹿な計算をしてみます。太平洋の真ん中あたりに海嶺があり、それが日本海溝に移動して沈み込むとして、毎年どのぐらい移動するのでしょうか。海嶺から海溝までを5000kmと仮定します。500万mですね。これを2億で割ると1年あたりの移動距離が出るはずです。1年間に2.5cm。なるほどね。よく日本列島は何cmずつ動いているなんて表現を聞きます。海の底も毎年数cm動くというのは理解出来ない話ではないかな。
■なお、参考資料*4によれば、ハワイは毎年8cmずつ日本に近づいているとあります。ひょっとしたら太平洋はマントルの対流が活発なのでしょうか。それとも日本自体も少しずつ移動しているのかな。
◆参考*1:書籍「地球は半熟のゆで卵」初版58〜60頁、竹内均著、ISBN4-8103-4016-3、同文書院
◇*2HP「海溝 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%BA%9D
◇*3HP「海嶺 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E5%B6%BA
◇*4HP「日本地質学会 - 地質全般Q&A」
http://www.geosociety.jp/faq/content0002.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ハワイあたりが、一番新しく、日本近海が一番古いということなんでしょうね。

湯川博士が、以前、対談で言っておられましたが、原子を研究していると、原子の中にさらに小さな物質があり、それをさらに研究すると、さらに小さな物質があることがわかってきて、その時に、神の存在を感じたそうであります。
ねこのひげ
2012/12/26 05:46
コメントをありがとうございます。

 現代の物理学にはふたつの大きな基本理論があるらしい。ひとつは相対論であり、もうひとつは量子論だそうです。超ひも理論(superstring theory)はこの2つの理論を統合できるかもしれない…と期待されているとか。

 湯川氏の後輩にあたる南部陽一郎氏は、1970年ごろに超ひも理論の原形となる主張を始めたらしい。このころ、同時に他の欧米の2氏もそれぞれ独立して超ひも理論につながる論文を発表したとのこと。
 今後、超ひも理論がさらに発展して主流になるのかどうかはわかりませんが、すでに40年の歴史があることだけは事実のようですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/12/26 08:11
海底の不思議を解明するのは「地殻環境工学」の小池克明教授さんかな。

栃木県宇都宮市出身は「栃木県には海がないでしょ」淡水から研究し始めたらだんだん海に引き込まれて(笑)

古い地表(古女房)より若い海底(新妻)が魅力的‥
sadakun_d
2013/01/24 12:42
コメントをありがとうございます。

 古女房より新妻が魅力的という主張に共感します。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2013/01/25 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
海底の年齢は、地球自体の年齢よりもだいぶ若いの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる