町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS グラス・ハープにワインを注ぐと音は高くなるの?

<<   作成日時 : 2012/12/18 11:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
★科学★
問題:グラスハープというのをご存じでしょうか。薄手のグラスの台の部分を押さえます。もう一方の手の指の腹を使い、グラスの縁を軽くこすります。上手にやると独特の音が出ます。中にワインをいれておくと、とくに豊潤な音がするという噂です。
■中の液体の量で、おなじグラスでも異なる音がするそうです。音階をつくって音楽を奏でるのがグラスハープなんだそうです。
■では、グラスハープの実験をやっているグラスの中にワインを注いだ場合には、音は高くなるのでしょうか? 低くなるのでしょうか?
[い]高くなる
[ろ]低くなる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]低くなる
説明:グラスの中の空気の柱が振動するので音が出る。そんな風にも見えます。もしそうなら、空気の柱が短く、小さくなれば音は高くなりそうですよね。
■ところが、実際には音は低くなるそうです。周波数は下がるらしい。「グラスの壁面の振動が、グラス自体の質量だけでなく、注がれた水の質量までも動かすことになるから」と参考資料*1では説明しています。
■余談です。水で音程を調整するのはなかなか大変です。で、空っぽでもそのまま音階が奏でられるような、大きさ・重さのことなるゴブレット(台のついた酒のさかづき)の一式がつくられたそうです。ドレミとその半音の出せる1オクターブ12個、あるいは13個セットなのかな。もっと音域は広いのかもしれません。移動するとき、気を遣うんだろうな。1音分が割れちゃったら、もう演奏ができないかもしれません。ヨナ抜き音階で作られている曲、日本やスコットランドの民謡ならば、ファやシのグラスが壊れても演奏可能かな。
■いちいち指の腹でこするは面倒臭い。そんなものぐさな人のために、1761年(宝暦(ほうれき)11年)、ベンジャミン・フランクリンは、複式擦奏容器式体鳴楽器というものを発明したそうです*2。アルモニカと呼ばれているらしい。ゴブレットのセットのグラスのほうを回しているとのこと。指は触れるだけでいいそうです。フランクリンは、タコをあげて雷は電気だと証明してみせた人ですね。雷親父です。
■ベンジャミン・フランクリンは、「何ものにも比べがたい甘美な音」と自賛しているそうです。モーツァルトもアルモニカを高く評価し、マリー・アントワネットもこれを習って演奏したとのこと。現代にも残されているのでしょうか。聞いたことはありませんけどね。完全手作業のグラスハープ演奏は観る機会もありますけど。
◆参考*1:書籍「おもしろ物理雑学 目からウロコ編」初版131頁、クリストファー・ヤルゴスキー/フランクリン・ポッター著、茂木健(たけし)訳、ISBN4-07-231225-8、主婦の友社
◇*2HP「アルモニカ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%AB

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この時期になると、グラスハープの演奏は見かけますね。
実際に自分でも試して音を出してみたことがありますが、水の表面から小さな水の粒が飛んでいるのがわかります。
しかし、雷親父フランクリンは色々発明しているんですね。
好奇心の強い人だったようで。
ねこのひげ
2012/12/19 06:51
コメントをありがとうございます。

 子供のころにテレビを観ながら試してみたことがありますが、うまくいきませんでした。グラスがぶ厚すぎたのかもしれません。
 うまくいくと、小さな水の粒が飛ぶわけですね。そういえばそんな映像を見たことがあるような気もします。単なる既視感かな。
(^^;)
 
ねこのひげ様<素町人
2012/12/19 16:56
フランクリンさん、何でも出来る凄い人だわね〜
ブータ
2012/12/31 19:05
コメントをありがとうございます。

 フランクリンさんはたしかに多方面に能力を発揮する人ですね。
 現地人からの評価も高い。だからこそ、現行のドル紙幣としてはいちばん高額である100ドル札の肖像になっている…という噂です。
(^^;)
ブータ様<素町人
2012/12/31 22:49
なるほど100$札ですか。うらやましいですね。
ブータ
2012/12/31 23:51
コメントをありがとうございます。

 円高のおかげで、2013年初頭では、福沢諭吉氏のほうがフランクリン氏よりも1割以上余分に値打ちがあるようです。福沢氏はご存じのとおり、我が国現行紙幣中の最高額のものに描かれている方ですね。
 輸出産業の人々は、年内にフランクリン氏と同等ぐらいの値打ちになることを期待しているのかな。
(^^;)
ブータ様<素町人
2013/01/02 16:57
ふははは…。価値変動制〜♪U円でも$でもいいから、降って来ないかな〜。
ブータ
2013/01/02 17:28
コメントをありがとうございます。

 60年ほど生きてきた経験から申し上げると、お金が降ってくることはありません。

 でも、もしやろうとすれば、お金を撒くことはできます。「降ってはこない」「撒く(降らせる)ことはできる」というなんだか少し矛盾した場が世間というもののようです。
(^^;)
ブータ様<素町人
2013/01/04 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
グラス・ハープにワインを注ぐと音は高くなるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる