町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「思い」の含まれる慣用句。「思い半ばに過ぐ」ってどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2012/11/08 12:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:本日は「思い」という言葉の含まれる慣用句について考えてみましょう。たとえば、「磯の鮑(あわび)の片思い」とはどんな意味がご存じですか? 「自分が慕っているだけで、相手にはその気のない恋」だそうです。鮑は、二枚貝の片側だけのように見えます。いつまでも相手ができないわけですね。そこから生まれた決まり文句らしい。
■面白い成り立ちの言葉ではありますが、Wikipediaによれば、鮑はミミガイ科の巻き貝だそうです。つぶれたような姿なので二枚貝と誤解されるらしい。巻き貝ではねえ。パートナーは元々存在しません。蓋ぐらいはあるかもしれませんが。
■「蟻の思いも天に登る」という言葉もあります。こちらは、「弱小な者でも一心に念じれば望みが達せられることのたとえ」だそうです。駆け出しのアマチュア和歌作者が宮中の歌会始に招かれでもしたら、そんな気分になるのかな。
■では本番です。下の[い]〜[ほ]には「思い」の含まれる慣用句とその説明が並んでいます。このうち、説明が正しいのはどの選択肢でしょうか? (正しい説明は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]思い半ばに過ぐとは、思い過ごしとほぼおなじ意味である
[ろ]三秋の思いとは、一日千秋の思いとおなじ意味である
[は]親方思いの主(しゅ)倒しとは、贔屓(ひいき)の引き倒しとほぼおなじ意味である
[に]思い者とは、思案ばかりしており実行力のない人を指す言葉である
[ほ]利を見ては義を思い危うきを見ては命を授くとは、孔子の言葉である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ろ]と[は]、[ほ]が正しい
説明:[い]思い半ばに過ぐとは、思い過ごしとほぼおなじ意味である(×)
■「思い半ばに過ぐ」とは、「考えて得るところが多い」という意味だそうです。強引に訳せば「なるほどと悟る、納得する」かな。ときどき目にしますけれど、自分では使わない言葉ですね。
□参考資料*2よれば、「易経(エキキョウ)」の「繫辞(ケイジ)下篇」という部分に、「知者はその彖辞(タンジ)を観れば則ち思い半ばに過ぐ」という言葉があるそうです。彖辞とは「各卦のはじめについて一卦の意義を総論した言葉」とのこと。賢い人は、部分を見て、あるいは概要を見ただけで全体の意味の大半は悟りうる」という言葉らしい。なお、「ケイ辞下篇」は環境依存文字だそうです。下のような漢字です。

画像

□用例を考えてみましょう。「ベスト16がせいぜいという前評判をくつがえして見事に優勝。監督・選手の誇らしさは、思い半ばに過ぎるものがある」。こんな感じで間違いないのかな。
[ろ]三秋の思いとは、一日千秋の思いとおなじ意味である(○)
■三秋の思いとは、「1日会わないと3年間も会わないでいるような思いがすること」だそうです。待ちこがれる気持ちを表しているとのこと。一日三秋と四字熟語に仕立てて使うこともあるそうです。
□一日千秋よりは、だいぶ控えめな表現ですね。約1/333です。最初はさらにもっと控えめだったのかもしれません。三秋とは初秋+仲秋+晩秋の意味で90日だったらしい。約1/4000だったのかな。いつのまにか3年に転化してしまったようです。
[は]親方思いの主(しゅ)倒しとは、贔屓(ひいき)の引き倒しとほぼおなじ意味である(○)
■親方思いの主倒しとは、「親方・主人のためを思ってしたことが、かえってよくない結果になる」という意味らしい。贔屓の引き倒しは、「贔屓し過ぎて、かえってその人の迷惑になること」だそうです。よく似ていますね。
□どんな場面で使われるのでしょうか。「長く関取を出せないで苦労している弱小部屋の親方のためを思って八百長を仕組み、ようやく1人を十両に昇進させたと思ったら露見してしまい、とうとう部屋は解散することに。親方思いの主倒しである」。う〜む、なんだかしっくりきませんけどね。
[に]思い者とは、思案ばかりしており実行力のない人を指す言葉である(×)
■思い者とは、「愛人」のことらしい。「情人、また、愛妾(あいしょう)」とも記されています。
□歌舞伎の「義経千本桜」の台詞には次のようなやりとりがあります。「あの女こそ、義経がかるい者、騒々しい御前という者だワ」。「モシモシ、あれは義経のおもい者、静か御前でござります」。変な言葉遊びですね。
□アントニーの思い者はクレオパトラ、玄宗皇帝の思い者は楊貴妃です。深草の少将の思い者は小野小町になる予定でしたが、大雪による少将の頓死で果たせなかったのは残念です。
[ほ]利を見ては義を思い危うきを見ては命を授くとは、孔子の言葉である(○)
■「利を見ては義を思い危うきを見ては命を授く」という言葉は「論語」の憲問という部分に見えるらしい。「立派な人格と教養を備えている人は、利益になることがあればそれを得るのは正しいかどうかをまず考え、危急の場合には命を投げ出して事に当たる」そうです。
□昔の中国には立派な人がたくさんいました。孔子もその1人なのでしょう。今の中国では、他人が危急の場合、たとえば路上に倒れていたら、みんな助けずに避けて通るらしい。事件に巻き込まれるのがいやなんだそうです。
□暴行された下半身裸の女子高校生が瀕死の重傷を負って倒れていたそうです。病院に連れて行こうという意見を無視し、警官たちは彼女を隣村の溝に捨てたという報道がありました。一命はとりとめましたが、手足は凍傷のため切断されるかもしれないとのこと*3。酷い(ひどい)な。「危うきを見ては逃げ出す」のが今の一般的な中国人なのでしょうかね。
◆参考*1:HP「アワビ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%B3
◇*2書籍「故事名言ことわざ総解説」初版55頁、自由国民社
◇*3新聞「女子高生の生存 警官認識 中国の放置事件」読売新聞120323東京朝刊6頁
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いまの中国人は、漢民族ではないという話もありますね〜
秦の民は、日本に逃亡して秦氏の先祖となっておりますしね。

文化というのは、発生した場所より、広がっていった端のほうで栄える傾向にあるという説もありますようで・・・・
ねこのひげ
2012/11/09 07:14
コメントをありがとうございます。

 「文化というのは、発生した場所より、広がっていった端のほうで栄える傾向にある」。なるほど、そんなものかなぁと思いますね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/11/09 12:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「思い」の含まれる慣用句。「思い半ばに過ぐ」ってどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる