町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検1級難読四字熟語の読み問題です。「侃侃諤諤」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2012/11/26 08:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:漢検1級の問題集に掲載されていました。難易度最高の四字熟語です。どんな場面で使われるのか、まるでわからない言葉もあります。そのぐらいむずかしい。
■頑張って次の四字熟語の読みを考えてください。
[い]檻猿籠鳥
[ろ]侃侃諤諤
[は]銜尾相随
[に]頑迷固陋
[ほ]騏驥過隙
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]檻猿籠鳥はカンエンロウチョウと読む
■檻猿籠鳥は、「自由を束縛されて、思い通りに生きられないもののたとえ」だそうです。檻の中の猿に籠の鳥です。行動を束縛されています。
□檻という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「カン、おり、てすり」という字音・字訓があります。現代つかわれるような熟語はありません。
□「♪籠の鳥」という流行歌があります。大正13(1924)年、つまり関東大震災の翌年ですね。映画の主題歌としてヒットしたらしい。歌詞が参考資料*3にありました。千野かほるというかたが作詞したそうです。なかなか面白い。公共資産化していると憶測し、少し長いのですが掲載します。
---あいたさ見たさに こわさを忘れ 暗い夜道をただ一人
---あいに来たのに なぜ出てあわぬ 僕の呼ぶ声わすれたか
---あなたの呼ぶ声 わすれはせぬが 出るに出られぬ籠の鳥
---籠の鳥でも 智恵ある鳥は 人目忍んであいに来る
---人目忍べば 世間の人が 怪しい女と指ささん
---怪しい女と 指さされても 真心こめた仲じゃもの
---指をささりょと おそれはせぬが 妾(わたし)ゃ出られぬ籠の鳥
---世間の人よ 笑わば笑え 共に恋した仲じゃもの
---共に恋した 二人が仲も 今は逢うさえままならぬ
---ままにならぬは 浮世の定め 無理に逢うのが恋じゃもの
昔の流行歌は五七調の文句が調子よくて楽しいですね。
[ろ]侃侃諤諤はカンカンガクガクと読む
■侃侃諤諤は、「正しいと思うことを堂々と主張するさま」だそうです。「盛んに議論するさま」も侃侃諤諤と表現するらしい。
□よく喧喧囂囂と混同される言葉ですね。喧喧囂囂は、「大勢の人がやかましく騒ぎたてるさま」だそうです。国営放送では国会の本会議や委員会の問答をときどき中継しています。出来心で眺めることがありますが、残念ながら侃侃諤諤の議論はあまり行なわれません。喧喧囂囂は頻繁に拝見しますけど。
[は]銜尾相随はカンビソウズイと読む
■銜尾相随は、「延々と切れ目なく進んでいるさま」だそうです。アリの行列を大規模にした感じなのかな。
□銜という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「ガン、カン、くつばみ、ふくむ」という字音・字訓があります。馬の口にくわえさせる轡(くつわ、馬具の一種)のことらしい。ハミとも呼ばれるそうです。
□「くわえる」という意味もあるそうです。前の馬の尾を後の馬が銜える。そんな密度の高い行列がずっと続いているというのが銜尾相随だそうです。実際に馬の尾を別の馬が銜えたら喧嘩になりそうです。少し大げさなたとえなんでしょうね。
[に]頑迷固陋はガンメイコロウと読む
■頑迷固陋は、「見識が狭いため古い習慣に固執して正しい判断ができないこと」という意味らしい。
□維新後の断髪令のときでしたか、そんな歌がありました。
---チョンマゲ頭をたたいてみれば、頑迷固陋な音がする
---総髪(そうはつ)頭をたたいてみれば、王政復古の音がする
---散切(ざんぎり)頭をたたいてみれば、文明開化の音がする
昔の非人は髪を結わず、束ねなかったそうです。ザンギリです。嫌われています。断髪はなかなか進まなかったらしい。明治天皇みずから率先してザンギリにしたのに。庶民はチョンマゲで済ませていたようです。
□CMソングを利用してザンギリ頭の普及をすすめよう。それが頭を叩く歌なんだそうです。いまだと、おちょぼ口の婦人団体から、暴力反対なんて声のあがりそうな歌詞ですね。
□なお、頑迷固陋のところに因循姑息という言葉を入れている資料もあるようです。因循姑息は、「古い習慣に頼って、その場をしのごうとすること」だそうです。
[ほ]騏驥過隙はキキカゲキと読む
■騏驥過隙は、「一瞬の出来事」だそうです。
□今年、平成24(2012)年のはじめごろ、オセロの中島知子嬢をめぐる占い師の事件の際、大家さんの義母樹木希林嬢が、テレビでいろいろとコメントしていました。樹木過激。それも一瞬の出来事であり、すぐに忘れ去られてしまいます。この話はあまり関係がないのかな。
□騏驥は駿馬の名前だそうです。いまでいえばシンザンとかニジンスキーなんて馬なのかな。ニジンスキーは英国の三冠を勝ち取った馬です。泰西名馬ですね。
□過隙は隙間を過ぎるという意味です。細い隙間を足の速い馬が駆け抜ける。そんな一瞬の出来事という意味らしい。
□いまの競馬場では着順を確定するためにスリット(隙間)カメラが使われているそうです。ゴールの瞬間の写真を撮影しているんですね。現代では「一瞬の出来事」も長く保存できるようになっています。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20421-5、成美堂出版
◇*2HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇*3HP「籠の鳥」
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/kagonotori.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ニュースで見ていると、ジャンボ宝くじの行列が、まさにカンビソウズイでありましたね。
今回は6億円だそうですが、海外ニュースではアメリカの宝くじが350億円だそうです。
さすがアメリカ!
ねこのひげ
2012/11/27 06:29
コメントをありがとうございます。

 宝くじの行列が凄いんですね。6億円だと、つい買いたくもなります。

 購入したくなる気持はよく理解できますが、発売初日に買いたいというのはわかりませんね。締め切りまでのいつ買っても当選確率に変わりはないはずですけど。すぐに売り切れちゃうのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/11/27 21:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検1級難読四字熟語の読み問題です。「侃侃諤諤」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる