町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 楠木正成(まさしげ)が戦った鎌倉幕府の大軍は80万人もいたの?

<<   作成日時 : 2012/10/10 07:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:楠木正成は、史上まれにみる知将として知られています。赤坂城・千早城の攻防では鎌倉幕府軍の大軍を迎え撃ち、わずかに1000人ともいわれる少人数ながらみごとに籠城戦を戦い抜きました。
■千早城に幕府軍が釘付けにされている間に、後醍醐天皇は隠岐から脱出し、倒幕の綸旨(りんじ、命令)を発します。各地で反幕府の武将が立ち上がります。慌てた幕府軍は千早城から撤退しますが、その2週間後、新田義貞(よしさだ)によって鎌倉が占拠され、鎌倉幕府は滅亡してしまいます。元弘(げんこう)3年(1333年)のことだったようです。
■ところで、楠木正成の立て籠もる千早城は、鎌倉軍の大軍に包囲されたといわれます。その大軍とはいったい何万人ぐらいだったのでしょうか? 下の中からいちばん近い数字を選んでください。当時の様子を描く軍記物語「太平記」の記述を正解とします。
[い]5万人
[ろ]10万人
[は]20万人
[に]40万人
[ほ]80万人
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]80万人
説明:太平記には次のような記述があります。
---「千剣破(ちはやの)城軍(いくさの)事」
---「千剣破城の寄手は、前の勢(前に述べた軍勢?)八十万騎に、又赤坂の勢吉野の勢(赤坂城攻めの連中や吉野にいる幕府のシンパらが)馳加て(はせくわわりて?)、百万騎に余りければ、城の四方二三里が間は、見物相撲の場の如く打囲で(うちかこんで?)、尺寸(せきすん、わずかな)の地をも余さず充満たり」。
■「太平記」の中では、千早城ではなく千剣破城と表記したようですね。攻撃軍は80万もいたところへ近所の赤坂や少し遠い吉野からも加わりました。100万人を突破したらしい。城の周囲8km〜12kmぐらいは、あたかも相撲見物の人が土俵を取り囲むように包囲しています。わずかな余裕もないぐらいに兵が充ち満ちています。
■凄いですね。100万人あまりの軍勢が1箇所に集合したのは日本史上最大かもしれません。ただし、太平記はあくまでも文学作品です。現代でいえば講談と似ています。針小棒大も許されるわけですね。そのまま信じてはいけないようです。
■ふつうに考えても100万人の人間がいれば、毎日100万×1L(リットル)以上の飲料水が必要です。100万×2合ぐらいの米を消費するでしょう。それにみあった屎尿が排泄されるはずです。冬の戦さでしたから、炊事用のみならず、暖房用の植物性燃料も消費されたはずです。ホントにそんなことがあれば、千早城の近辺は森林が丸坊主になり、環境汚染で生態系が滅ぶかもしれません。なにより糞だらけで臭かったでしょうね。
■総人口から眺めてもおかしな数字です。12世紀末の鎌倉幕府の成立時が684万人ぐらい。16世紀末の関ヶ原の合戦時が1227万人ぐらいと推定されているらしい*3。慶長(けいちょう)5年(1600年)でも、石田三成と徳川家康の軍勢は両軍あわせて15万人ぐらいといわれます。さらに人口が1億2000万人を越える21世紀我が国の自衛隊は24万人ぐらいらしい。
■14世紀なかごろの日本の人口は1000万人に満たないはずです。総人口1000万人としても男子は半分の500万人。壮年の人口は300〜400万人ぐらいでしょうか。100万もの軍勢を動員できるわけがありません。
■そんなわけで、おそらく数十倍にサバを読んだ結果が100万の軍勢なのでしょう。だからといって、楠木正成の知略に曇りが生まれるわけではありません。10倍以上の敵軍を相手に一歩も引かなかったのですから、やはり楠木正成は優れた武将だったのでしょう。
■楠木正成とおなじぐらいに戦さが上手だったのは、真田昌幸(まさゆき)・信繁(のぶしげ、幸村)親子ぐらいなものでしょうか。わずか2000人で、3万8000人といわれる徳川秀忠の軍勢を信州上田城に釘付けにしたらしい。結局、秀忠は関ヶ原に遅刻し、天下分け目の戦いに参加できなかったようです。少し危ない思いをした家康は、少し怒っていたようです。
◆参考*1:HP「太平記・国民文庫本・全巻」
http://www.j-texts.com/sheet/thkm.html
◇*2HP「図録▽人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)」
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1150.html
◇*3HP「太平記 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E8%A8%98

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鎌倉の材木座海岸で大量の人骨。新興宗教の集団自殺なの?
●●●●●★歴史★● 問題:いまから60年余り前。鎌倉の材木座海岸で大量の人骨が発見されました。約910体分と見られる遺骨は、科学捜査研究所の手によってひとつずつ年齢や性別が特定され、死因が鑑定されます。このとき、榊マリコ研究員をはじめとする研究員たちも京都府の科捜研から応援にかけつけたらしい。番組は中断したようです。ん? 時代がちょっと違うかな。 ▼材木座海岸 ◇*HP「材木座海岸 - Google 検索」(画像) https://www.google.co.jp/search?... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/06/17 06:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり、80万人はおおげさですね。8万人がいいところでしょう。
明智光秀を倒した後に、四国征伐に向かった豊臣軍が20万で、対抗した長宗我部軍が1〜2万人と言われてますし、小田原征伐のときも20万人と言われてますから、これは、ほぼ正確なんでしょうね。
もっとも小田原の時はほとんど戦にならなくて、連日飲めや歌えの祭り騒ぎをしていて、北条側があきらめたようですが・・・・
20万人というのも、徳川や他の大名の軍を動員しての数ですからね。
ねこのひげ
2012/10/11 04:44
コメントをありがとうございます。

 秀吉の戦については、不思議な噂がいくつかあるようです。
 天正(てんしょう)9年(1581年)の鳥取城の籠城戦は、兵糧攻めが奏功し、4ヶ月で開城したそうです。その間、秀吉は部下が退屈しないように、陣中に町をつくり、遊廓までつくったらしい。町の目抜き通りでは、曽呂利新左ェ門が落としばなしをやったり、秀吉みずから料理を披露して足軽たちに無料でふるまったりしたとか。城中では饑餓に苦しみ、人肉を喰らう有様だったようですけれど。
 
 ただし、これも「時桔梗出世請状(ときもききょう、しゅっせのうけじょう)」という4世鶴屋南北の歌舞伎の脚本に記されているお話で、創作の可能性が強いようです。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/10/11 06:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
楠木正成(まさしげ)が戦った鎌倉幕府の大軍は80万人もいたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる