町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧国鉄で最初の大学生アルバイトが採用された日。仕事は便所掃除だったの?

<<   作成日時 : 2012/10/24 07:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:国鉄は、現在はJRと呼ばれています。昭和62年(1987年)に国鉄分割民営化が行われるまで存在した組織です。経営側はユルフンで無駄が多い。労働者は左がかった怠け者が多い。巨額の赤字を生み、国民に多大な迷惑を及ぼした組織と聞いています。民営化を推進した中曽根康弘(やすひろ)氏は毀誉褒貶(きよほうへん)ある人らしいけど、少なくとも国鉄分割民営化だけは評価される業績でしょう。
■その旧国鉄では、昭和30年(1955年)の今日、10月24日。初めての大学生アルバイトが導入され、額に汗して働いたそうです*1。では、そのときの仕事はどんなものだったのでしょうか?
[い]便所掃除
[ろ]押し屋・剥がし屋
[は]売店で物品の販売
[に]車内広告の差し替え
[ほ]切れた電球の差し替え
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]押し屋・剥がし屋
説明:押し屋・剥がし屋といっても、地方のかたには意味が不明かもしれません。朝夕のラッシュ時に完全には乗れなくて扉に挟まっている人を車内に押し込む係の人を押し屋といいます。無理に乗り込もうとする人をおろすのは剥がし屋と呼ばれるそうです。
■最初の呼称は、「旅客整理係学生班」というものだったそうです。電車のドアひとつごとに学生1人が配置されました。冬は1日に延べ130人、夏でも60人の押し屋が投入されたとのこと*1。冬のほうが人数が多いのは着ぶくれしているためなのかな。
■押し屋は日本独特の文化だそうです。少なくとも、他の先進国ではあまり見られない光景らしい。かつて石田礼助(れいすけ)という国鉄の総裁が、アメリカの鉄道専門家とともに新宿駅の朝晩のラッシュアワーを視察したことがあったらしい。押し屋・剥がし屋の説明を求められましたが、いい訳語を思いつかなかったらしい。「pusher and puller」と説明したという笑い話があるそうです。かの国の鉄道の専門家は、おそらく言葉を聞いただけではわからなかったでしょう。実物を見れば、納得したはずですけど。
■Wikipediaによれば、扉が閉まらなくなるのは、乗車率200%を越えるあたりからとのこと。乗車率というのは、特急列車の場合では席が全部埋まれば100%だそうです。通勤電車の場合では、「座席が全て埋まり、つり革がだいたい使用され、ドアの前に人が数人立っている状態」とのこと。
■一般の通勤電車では140人ぐらいが100%だそうです。150%、つまり210人が乗っているぐらいだと、肩がふれあう程度で新聞は楽に読めるとのこと。200%、つまり280人が乗っていると、相当圧迫感があるらしい。週刊誌程度ならなんとか読める状態だそうです。
■250%、350人になると身動きがとれなくなります。身体が浮き上がります。人の圧力でドアが開かなくなるらしい。さらに300%では物理的な限界であり、危険です。320%、450人が1車両に乗れる物理的限界と考えられているらしい*3。でも夏ならもっと乗れるのかな。
■昔の冬の通勤電車は凄かった。昭和40年代、素町人が中学生のころなど、足が完全に浮いているのかなと思うような状態もありました。でもおかげで寒さは感じませんでしたね。押しくらまんじゅうみたいなものですから。
◆参考*1:HP「押し屋 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%BC%E3%81%97%E5%B1%8B
◇*2HP「国鉄分割民営化 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84%E5%88%86%E5%89%B2%E6%B0%91%E5%96%B6%E5%8C%96
◇*3HP「乗車率 ‐ 通信用語の基礎知識」
http://www.wdic.org/w/RAIL/%E4%B9%97%E8%BB%8A%E7%8E%87

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこのひげもなんどか経験したことがありますが、手に持ったカバンが抜けなくて浮かんだままだったり、降りる駅ではないのに、人に押されて下りたりしたことがあります。
いまは、こんなことが信じられないくらい空いてますね。
山手線の時刻表を見ると、短いときは、3分おきぐらいに次の電車が来てますからね。
日本の鉄道は、2本の線の上を5秒間隔で走っているそうですよ。
これは、世界一とか・・・
ねこのひげ
2012/10/24 07:23
コメントをありがとうございます。

 最近は、だいぶマシになりましたね。
 「通勤ラッシュが緩和されるのは血圧が下がるようなものであり、その分、国家としての活力も失われたのだ」と主張する人がいましたけれど、高血圧で頓死するよりは、マシなのかも。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/10/25 07:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧国鉄で最初の大学生アルバイトが採用された日。仕事は便所掃除だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる