町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 女郎飯(おみなえし)には男郎飯(おとこえし)。メスとオスのつがいの植物は多いの?

<<   作成日時 : 2012/10/19 12:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:オミナエシとよばれる植物をご存じでしょう。女郎花ともかきます。昔は女郎飯と書いたらしい。
■秋の七草のひとつです。一説には、へし=飯だそうです。女性はその昔、粟を食べていた。女性の御飯という意味で女郎飯と呼ばれたというのですが。オミナエシの花は粟の実のように黄色く小さい花が集まっています。
■これに対して男郎飯、オトコエシという草もあるそうです。こちらは男性の御飯という意味です。男郎飯の花は白いらしい。白米の御飯という意味でしょうか。女性は鳥の餌とおなじ粟。男性だけが米の白い飯だと? これは女性蔑視である! 断固抗議する! などといきり立たれても困ります。雑穀を食べているほうがダイエットできるし脚気の予防にもなる。そういう優しい気遣いだとご理解いただいたほうが双方にとって幸せです。
■それはともかく、こうした対になった名前の植物はいくつかあるようです。では、次の中で実際にある一対の植物名はどれでしょうか? (正しい植物名の組は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]ハハコグサとチチコグサ
[ろ]イヌノチブサとイヌノフグリ
[は]バアソブとジイソブ
[に]メナモミとオナモミ
[ほ]月下美人と月下好漢
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]ハハコグサとチチコグサと[は]バアソブとジイソブ、[に]メナモミとオナモミが実際にある植物名
説明:[い]のハハコグサは母子草とも書きます。キク科ハハコグサ属の草だそうです。春の七草のひとつ、御形(ゴギョウ)の別名だそうです。茎や葉っぱの若いものは食用になります。かつては草餅にも用いられていた草だそうです。でも「母と子を一緒に臼と杵でつくのは縁起がよくない」という理由で、蓬(ヨモギ)にとってかわられたらしい。いくら言霊(ことだま)の国だからって、そこまでこだわらなくてもいいのではと思いますが。
■チチコグサは父子草とも書きます。こちらもキク科ハハコグサ属の草だそうです。不思議なことにハハコグサに比べて小さいらしい。蚤の夫婦になっています。
■一般にオスとメスの名前があるときは、オスの名前がついているほうが大きいものだそうです。オニヤンマは他のトンボに比べると大きい。オニユリもまた他のユリに比べると大きい。ヒメコガネは小さなコガネムシです。ヒメネズミは小さなネズミです。ヒメハジメは小さな行事です。ヒメジは小さな痔です。最後のふたつはなんでしょうね。失礼しました。
■[は]のバアソブは、婆ソブとも書きます。キキョウ科ツルニンジン属の草だそうです。婆さんのソバカスという意味だそうです。紫色が多い太い筒状の花の内側に斑点が見られるとのこと。これが年配女性の雀斑(ソバカス)なんですね。
■ジイソブは、爺ソブとも書きます。こちらもキキョウ科ツルニンジン属です。爺ソブの別名はツルニンジンとのこと。バアソブにたいへんよく似ているのですが、原則どおりやや爺ソブのほうが大きいようです。
■[に]のメナモミは、キク科メナモミ属の草です。いわゆるひっつき虫だそうです。草っぱらを歩くと果実の鈎状の突起が衣服にからんできます。生の葉を揉むと虫さされの貼り薬になるらしい。生を揉むからナモミ。ただし、名前の由来には別の説もあります。
■オナモミは、キク科オナモミ属の草です。こちらもひっつき虫です。そしてこちらも原則どおり、オナモミのほうが大きいようですね。名前の響きがちょっといやらしい雰囲気です。でも、おそらくは「雄生揉み」という名前だったのでしょう。
■「雌生揉み」だったのか「雄生揉み」だったのかは、はっきりしませんが、小さいころ、遊び疲れて家に戻ると、この種のひっつき虫がひとつふたつズボンについてましたね。最近の都会の子供たちは、そんな経験はないらしい。ちょっと気の毒ではあります。
◆参考*1:HP「ハハコグサ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8F%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%82%B5
◇*2HP「チチコグサ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%82%B5
◇*3HP「バアソブ」
http://www17.plala.or.jp/tetraodon/hanaindex/subbaasobu.html
◇*4HP「ツルニンジン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3
◇*5HP「メナモミ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%9F
◇*6HP「オナモミ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%A2%E3%83%9F

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
イヌノチブサが、正解だったら、おもしろいな〜と思いながら正解を見ましたが、そうはいきませんでしたね(^^ゞ

ねこのひげの自宅には、ひっつき虫が今ごろになると出現します。
刈り取っても刈り取っても、翌年には、また出てきます(~_~;)
ねこのひげ
2012/10/20 07:30
コメントをありがとうございます。

 ご自宅にひっつき虫がいるとのこと。ちょっとうらやましい。
 遊んで帰った日、長いズボンですとひっつき虫。短いズボンですと、風呂で湯を浴びたときの痛みがありました。
 草っぱらのイネ科の雑草なのでしょうか、葉にすれて足の皮膚に出血しないぐらいの小さな傷が無数に出来るらしい。お湯をかけると、小さな痛みが無数に発生します。
 小学校の低学年迄は、そんなことがよくありましたね。高学年になると野球になってしまいましたが。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/10/20 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
女郎飯(おみなえし)には男郎飯(おとこえし)。メスとオスのつがいの植物は多いの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる