「やおら走り出す」の「やおら」の意味は?

画像
★日本語★
問題:「おもむろに」という言葉をご存じだと思います。「おもむろに口を開いた」といったらどんな意味でしょうか。急に発言し始めたのでしょうか。ゆっくり発言し始めたのでしょうか。
■正解はゆっくり発言し始めただそうです。「おもむろに」は辞書で調べると副詞であり、「落ち着いてゆっくりと行動するさま」をあらわすとのこと。漢字で表記すると「徐に」。「徐行する」の「徐」ですから、当然ながらゆっくりなんですね。
■似たような副詞の問題です。「やおら」という副詞があります。「やおら起立した」という場合の意味は次のどれに近いでしょうか?
[い]ひとりで起立した
[ろ]急に起立した
[は]ゆっくり起立した
[に]いやいやながら起立した
[ほ]はっきりと起立した
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[は]ゆっくり起立した
説明:恥ずかしながら、出題者も誤解していました。「突然に」とか「唐突に」という意味だと思っていました。
■「大辞泉」によると「ゆっくりと動作を起こすさま」だそうです。「おもむろに」と言い換えることができるらしい。「静かに、そっと」という意味もあります。いずれにせよ、突然とか急にとか急いでという意味ではありません。
■漢字表記は「徐ら」だったりするらしい。これも「徐行の徐」です。尾崎紅葉(こうよう)の「多情多恨(たじょうたこん)」という小説には、「舅(しゅうと)は徐ら転側(ねがえり)をして」という文章があるそうです。悪夢にうなされていたのではなさそうです。静かにゆっくりと寝返りをうったらしい。
■高齢のかたが「やおら走り出した」としても、心臓麻痺の心配は少ないでしょう。静かに、そっと走り出したのですから。転倒には気を付けていただきたいところですが。
■文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」という調査報告があるらしい。その中で、「彼はやおら立ち上がった」を、本来の意味である「ゆっくりと」で使う人が40.5%、間違った意味の「急に、いきなり」で使う人が43.7%と、逆転した結果が出ている…とネットの「大辞泉」には記されていました。出題者は誤用する多数派に属していたようです。
■平成12年にはNHK放送文化研究所も調べているらしい。「いきなり、急に」派が42%、「ゆっくりと、静かに」派が37%だったとのこと*1。
■ともあれ、この結果は困ったものです。どちらかに偏っていてもらわねばなりません。今の状態では、「急に」、「ゆっくりと」のどちらの意味で「やおら」という言葉を使ったとしても、半分近くの人は誤解する可能性があるわけですね。しばらくは「やおら」は使わないほうがいいのかな。
◆参考*1:番組「気になることば『やおらの意味は?』」2006年6月26日放送、NHK
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年08月24日 05:49
わたくし目も、勘違いしておりました。

日本テレビのクイズ番組で月曜の午後7時からやっている『TORE』の床の間コーナーで、言葉の意味を三択させるのがありますが、出演者もよく間違えています。
ねこのひげ様<素町人
2012年08月24日 09:34
コメントをありがとうございます。

 「TORE」という番組は知りませんでした。次の月曜日に観てみようと調べてみたら、「鳥人間コンテスト」という番組でつぶれるようです。9月3日までお預けらしい。やれやれ。
(^^;)

この記事へのトラックバック