町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準2級程度。わりとやさしい読み問題。「一抹の不安」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2012/08/20 07:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:漢検準2級程度。高校1〜2年程度の読み問題だそうです。社会人のかたならば、できれば全問正解したいですね。
■下の熟語はなんと読むのでしょうか?
[い]「一抹の不安がよぎる」の「一抹」
[ろ]「論文の内容が酷似している」の「酷似」
[は]「脳を活性化するとして珠算が見直されている」の「珠算」
[に]「興行の勧進元を引き受ける」の「勧進元」
[ほ]「芝居には愁嘆場があった」の「愁嘆場」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「一抹の不安がよぎる」の「一抹」はいちまつと読む
■「一抹」は、「ほんのわずか、かすか」という意味です。
□「画を描く技法から生まれた」ものだそうです。「絵の具などを一筆塗り付けてぼかすこと」が一抹だったらしい。その「ひとなすり」が「わずかばかり、ほんのすこし」という意味になったとのこと。
□「抹」という漢字は、常用漢字表では「マツ」という音読みだけです。漢和辞典「字通」によれば「マツ、ぬる、けす」という字音・字訓があります。塗って消すわけですね。「抹殺(マッサツ)」、「抹消(マッショウ)」という熟語をつくります。
[ろ]「論文の内容が酷似している」の「酷似」はコクジと読む
■「酷似」は、文字通り「酷(ひど)く似ている」です。最近の言葉では「激似(ゲキに?)」なのかな。一卵性双生児は酷似しています。二卵性双生児になると類似とか相似ぐらいでしょうか。
□「似」という漢字は、常用漢字表では「ジ、に(る)」という音読み・訓読みがあります。漢和辞書「字通」では「ジ、にる、つぐ」という字音・字訓があります。「つぐ」は「跡を継ぐ」の意味らしい。でも、日本語では「継ぐ」の意味で使われることはまずありません。
□「真似(まね)」という熟語をつくります。「似」を「ね」と読むのはなぜなのか。調べてみましたが、わかりませんでした。単なる当て字かな。
[は]「脳を活性化するとして珠算が見直されている」の「珠算」はシュザンと読む
■「珠算」は、ご存じのとおり算盤を使っておこなう計算の技能ですね。頭の中の算盤だけを使って暗算することもできるそうです。テレビでは、ときどき小学生の算盤名人などが登場します。暗算の技能を披露しています。驚かされます。
□「珠」という漢字は、常用漢字表では「シュ」という音読みだけです。漢和辞書「字通」では「シュ、たま」という字音・字訓があります。ホントに丸い球だから「真珠」なのかな。天然真珠にはいびつな形のものも多いそうですが。「珠玉(シュギョク)」、「珠数(ジュズ)」という熟語をつくります。
[に]「興行の勧進元を引き受ける」の「勧進元」はカンジンもとと読む
■「勧進」は、「堂塔・仏像などの建立・修理のため、人々に勧めて寄付を募ること」です。「勧進帳(カンジンチョウ)」は、「勧進の趣意を書いて、寄付を集めるのに使う帳面」だそうです。
□歌舞伎十八番の「勧進帳」という演目では、山伏姿に身をやつした弁慶や義経が登場します。「自分たちは焼失した東大寺の勧進のために旅をしているのだ」といつわっているわけですね。それを見破りながら主従の絆に心をうたれ、見逃してやる富樫(とがし)という関所の所長さんのお話です。人情は厚い。でも見方をかえると職務怠慢かな。
□「勧進元」は、勧進の寄付金集めを目的としてさまざまな興行をする元締めの意味だそうです。のちに「芸能・相撲など興行一般の興行主・主催者をいうようになった」とのこと。
□余談です。東大寺の大仏殿は、平重衡(しげひら)の軍勢により、治承(じしょう)4年12月28日、西暦では1181年1月15日に火を放たれ、焼失しているらしい。義経や弁慶が北陸沿いに奥州平泉を目指して逃避行に及んだのは文治(ぶんじ)3年(1187年)ごろとのこと。東大寺大仏殿は文治(ぶんじ)6年/建久(けんきゅう)元年(1190年)に再建されているとのこと。「勧進帳」のお話は、史実と矛盾しないようです。
[ほ]「芝居には愁嘆場があった」の「愁嘆場」はシュウタンばと読む
■「愁嘆場」は、文字通り「愁(うれ)い嘆く場面」です。もともとは歌舞伎などの芸能で使われた用語だったらしい。いまでは実生活でも使われます。
□歌舞伎には悲劇も多いので愁嘆場もまた数多くあるようです。「仮名手本忠臣蔵」でいえば六段目、勘平が濡れ衣をきせられて切腹をしたあたりでしょうか。女房は身売りしますし義父は殺されてしまいます。しかも自分はその犯人ときめつけられ、義母に責められます。八方ふさがりの勘平です。腹を切るしかなかったんでしょうね。もう少し粘れば、冤罪は晴れ、実際の討ち入りのメンバーに加えてもらえたのですが。
◆参考*1:書籍「2008年度版 漢字検定 問題と解説 準2級」ISBN4-405-03683-7、新星出版社
◇*2HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか?
ねこのひげは、墓参りに行った後は、シェスタ三昧でありましたよ。
しかし、脳みそが茹りそうな残暑でありますな〜
一抹の不安のある政府が、性格の酷似しているガラの悪い2つの隣国のために愁嘆場を迎えて、寛平のように切腹もままならずというところでありましょうか(^.^)
ねこのひげ
2012/08/21 05:58
コメントをありがとうございます。

 お盆休みとはいえ、貧乏ヒマなしです。唯一の楽しみはビール片手のスポーツ観戦ぐらいでしょうか。なでしこやU23で楽しんだあとは、ヤングなでしこの活躍に目を細めています。

 日本には武士道があり、西洋の一部には騎士道があるそうです。でもわれらの隣国にはそうした高邁な精神は存在しないようです。残念なことであり、お気の毒なことでもあります。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/08/21 11:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検準2級程度。わりとやさしい読み問題。「一抹の不安」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる