町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠山の金さんの好物はトルティーヤだったの? それともコーヒーだったの?

<<   作成日時 : 2012/08/11 06:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:遠山の金さんこと遠山金四郎景元(かげもと)は、天保時代に江戸北町奉行と南町奉行をつとめた人物です。寛政(かんせい)5年8月23日(1793年9月27日)に生まれ、安政(あんせい)2年2月29日(1855年4月15日)に亡くなっています。61年と6ヶ月弱の人生だったのかな。
■若い頃は放蕩生活を送っていたといわれます。理由としては家庭内のごたごたが推測されています。父親は遠山景晋(かげくに/かげみち)。遠山家に養子で入ってきたらしい。後に養父に実子景善(かげよし)が産まれます。すでに後継ぎは養子の景晋と決めていたので、実子景善は景晋の養子になったらしい。ややこしいですね。
■実のお父さんの景晋はとても優秀な人物だったらしい。昌平坂学問所の学問吟味試験を最優秀でとおったとのこと。のちに生まれた金四郎景元は、今度は景善の養子にさせられたようです。実の父親が義理のお祖父さんになっちゃったのかな。
■まぁいろいろあったので、すこしグレて彫り物なんかしちゃったけど、文化(ぶんか)11年(1814年)には堀田一定(かずさだ?)の娘で、当時百人組頭であった堀田一知(かずとも?)の妹けいと結婚します。もう馬鹿はやってらんない、落ち着こうというわけかな。
■堀田伊勢守家は知行4200石だそうです。なかなかの大身です。知行500石の遠山家とは釣り合いが取れません。どうも、父親の景晋さんが優秀な人なので、遠山家の将来を見込んだ先行投資型結婚だったようです。この投資はみごとに実を結んだわけですね。遠山家のやんちゃ坊主は、大岡越前と並んで21世紀の日本でもいちばん有名な町奉行として知られることになるのですから。
■本日は遠山の金さんの好物についてのクイズです。参考資料*2によれば、遠山金四郎景元の好物は、現代の日本人も飲み食いするものだったようです。ではそれは次のどれでしょうか? (正解は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]ワイン
[ろ]西洋料理
[は]コーヒー
[に]トルティーヤ
[ほ]トムヤンクン
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]ワインと[ろ]西洋料理、[は]コーヒー
説明:お父さんの景晋は、江戸幕府小姓組番→目付→長崎奉行→作事奉行→勘定奉行と出世していったようです。文政年間(1818〜1830年)の能吏三傑の1人だったらしい。長崎奉行だったころ、金四郎景元は結婚しています。
■景元も長崎に行っていたようです。オランダ人と交流があり、ワインや西洋料理を楽しんでいたらしい。コーヒーが好物だったとのこと*2。
■遠山金四郎景元は、江戸幕府小普請奉行→作事奉行→勘定奉行→北町奉行→大目付→南町奉行と異動しています。途中で水野忠邦(ただくに)と敵対関係になったこともあり、栄転ではあるけれども閑職(大目付)に飛ばされたりしています。なんといっても町奉行がいちばん似合います。
■北町奉行所は、遠山金四郎が活躍した19世紀には現在の常盤橋公園(東京駅八重洲口の北側)のあたり、南町奉行所は有楽町のマリオンのあたりにあったといわれます。奉行は裁判官としての役目がよく知られています。でも三権分立ではない当時としては、行政・立法・司法をすべて兼ねている万能職のようなものだったそうです。東京都知事でありながら東京高裁長官とか警視総監とかを兼任しているのかな。
■影響力はかなり大きい。有能で慈悲深い人物が奉行になれば人々は幸せです。世情にうとい馬鹿とか人情が薄い冷血漢が奉行になると、江戸の町人は災難だったらしい。天保の改革で水野忠邦に協力した鳥居耀蔵(とりい ようぞう)が南町奉行に就任したときには、みんな苦しんだようです*3。前任者だった人気者の矢部定謙(さだのり)は鳥居の讒言でやめさせられたらしい。「町々で 惜しがる奉行 やめ(矢部)にして どこがとりえ(鳥居)で どこが良う(耀)蔵」と町人たちは落首を詠んで、ささやかに憂さを晴らしたそうです。
◆参考*1:HP「遠山景元 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%B1%B1%E6%99%AF%E5%85%83
◇*2書籍「おもしろ雑学日本史」新書初版193〜194頁、樋口清之著、ISBN4-8379-1384-9、三笠書房
◇*3HP「「江戸の妖怪」の失脚確定の日。妖怪は意外にも風見鶏だったの?」
http://blog.q-q.jp/200710/article_9.html

※120813から1週間はお盆休みです。次回のクイズは120820(月)になります。

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
江戸時代の遠国奉行。首座と呼ばれ、なりたい奉行のナンバーワンだったのは京都町奉行なの?
●●●●●★歴史★● 問題:江戸時代には各藩の領地の他に天領と呼ばれる幕府の直轄地があったそうです。元禄時代ごろには400万石ほどの収入分があったらしい。天領には代官と呼ばれる役人や遠国奉行(おんごくぶぎょう)と呼ばれる役人が派遣され、税の取り立てなどを管理していたようです。 ■では遠国奉行の中で、江戸幕府に勤めるキャリアたちにいちばん人気だった…つまり「なりたい奉行ランキング10年連続トップで殿堂入り」だったのは次のどの奉行でしょうか? [い]京都町奉行 [ろ]長崎奉行 [は]... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2012/09/26 07:10
遠山の金さんの逸話は実際には別人の逸話だったの?
●●●●●★歴史★● 問題:遠山の金さんといえば、中村梅之助や杉良太郎、高橋英樹、松方弘樹などを思い浮かべます。テレビドラマの中だけでなく実在の人物であり、ホントに彫り物を入れていたともいわれます。 ■若いころはちょっとしたワルだったらしい。無頼(ブライ)の徒と交わり、賭場や遊女屋などへも頻繁に出入りしていたそうです。結婚してからは堅気の役人として出世街道を歩き出しました。江戸の北町奉行や南町奉行をつとめたことは知られていますね。天保の改革の際には、推進役かつ悪役の水野忠邦(ただくに)... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2016/06/18 06:54
松平定信(さだのぶ)が始めた学問吟味。遠山の金さんの父と一緒に合格した有名人とは誰なの?
●●●●●★歴史★● 問題:ご存知のとおり、寛政の改革の推進者は松平定信です。定信は学問好きで知られているらしい。老中就任後2ヶ月、天明(テンメイ)7年(1787年)9月、旗本や御家人、あるいはその子弟を対象として儒生試験という学力試験を実施したそうです。試験会場は湯島の聖堂だったとのこと。科目は漢学だけだったらしい。 ■情報が行き渡らなかったのでしょうか。このときの受験生は14人しかいなかったとのこと。定信は諦めず、儒生試験を制度化したようです。学問吟味と名を変えた試験は寛政(カンセ... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/03/11 09:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ?でしたが、そうか父親が長崎奉行でしたね。
長崎でしか手に入らないから、江戸に帰ってからコーヒーを飲もうとしたら大変だったでしょうね?
付け届けで、コーヒー豆を持ってきたのがいたかもしれませんね。

そういえば、有楽町マリオンのあたりは、岩盤が頑丈で、南町奉行所は大地震の時に被害にあわず、すぐに対処できたそうです。
わかって設置したわけではないでしょうけどね〜
次の大震災の時に銀座にいたら、マリオンに避難したらよさそうですな。
ねこのひげ
2012/08/11 07:31
コメントをありがとうございます。

 長崎奉行は、当時いちばんのおいしい役職だったらしい。内外の商人などからの「副収入」によって「必要経費を差し引いても1代で2000両は稼げた」といわれたそうです。「長崎奉行二千両」という言葉が残されているとか。

 金四郎は金持ちのボン・どら息子だったわけですが、なぜか人情を解する有能な人物になっていったようですね。少し道を踏み外したのが逆によかったのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/08/11 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠山の金さんの好物はトルティーヤだったの? それともコーヒーだったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる