町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史上初めて太平洋を往復した日本人はどんな人なの?

<<   作成日時 : 2012/08/01 06:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
★歴史★
問題:昭和37年(1962年)に西宮からサンフランシスコに1人の青年が太平洋横断の単独航海を果たしたそうです。堀江謙一(けんいち)という満26歳の青年です。当時はヨットによる出国が認められていなかったとのこと。いわば密出国の形だったらしい。
■日本では快挙よりも密出国についての非難がかまびすしかったらしい。犯罪者扱いすらされたようです。でも現地サンフランシスコの市長は、「コロンブスもパスポートは省略した」として名誉市民として受け入れたとのこと。その途端に手の平をかえすようにマスコミと世論は偉業を称えるものとなったそうです*2。マスコミとか世論とか呼ばれるものにはどんな意味があるのでしょうね。
■それはともかく、堀江青年よりもだいぶ前に、太平洋を往復した日本人がいたそうです。官費で出張した咸臨丸の連中ではありません。もっと前らしい。ではその人の名前は次のどれでしょうか?
[い]支倉常長(はせくらつねなが)
[ろ]田中勝介(しょうすけ)
[は]間宮林蔵(りんぞう)
[に]大黒屋光太夫(こうだゆう)
[ほ]長田日向守助雅(すけまさ)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]田中勝介(しょうすけ)
説明:参考資料*1によると、田中勝介は京都の貿易商人だそうです。記録されている日本人では初めて太平洋を往復した人らしい。
■慶長(けいちょう)15年(1610年)に、ヌエバ・エスパーニャ(現メキシコ)のアカプルコに向かったそうです。堀江謙一青年と異なり、こちらは徳川家康の許可というか命令を受けて出国しています。
■その前の年、慶長(けいちょう)14年9月30日。西暦では1609年10月27日に上総国岩和田村(いわわだむら、現千葉県御宿町)に漂着した船があります。前フィリピン総督ドン・ロドリゴを乗せてメキシコに帰る途中だったサン・フランシスコ号です。台風で座礁難破し、岩和田村の人たちの救助で317人が救助されたらしい。56人は死んだり行方不明になっているようです。
■家康は三浦按針(あんじん、ウイリアム・アダムス)のつくったサン・ブエナ・ベントゥーラ号という120t(トン)の船を贈り、ドン・ロドリゴらをメキシコに送り返します。家康の手下で財政家の後藤庄三郎(しょうざぶろう)という人物は、京都の貿易商人田中勝介を同船させることを願い、家康もそれを認めたようです。
■ちなみに後藤庄三郎の名前は何代も続いています。いわゆる金座の当主だったようです。小判の製造などを独占的に手がけていたらしい。後藤家は京都の三長者と呼ばれた町人の名家とのこと。残りの二長者は、角倉了以(すみのくら りょうい)家と茶屋四郎次郎(ちゃや しろうじろう)家だそうです*4。後者は、家康に鯛の天ぷらを勧めた人物ですね*5。
■田中勝介が帰国したのは慶長(けいちょう)16年5月7日だそうです。西暦では1611年6月17日金曜日にあたるらしい。調べてみると大安の日です*6。田中勝介は、ヌエバ・エスパーニャ副王ルイス・デ・ベラスコにより派遣された答礼使セバスティアン・ビスカイノとともに相模国浦賀(神奈川県横須賀市)に無事到着しました。これで太平洋往復が完成したようです。
■通商を企んだ家康や田中勝介ですが、具体的な合意には到らなかったようです。ただしこれは家康と答礼使ビスカイノの談判が不調に終わったということらしい。田中君に責任はないとWikipediaはいっています*1。
■帰国後の勝介は家康に葡萄酒と羅紗を献上したとのこと。「駿府記」という文書の慶長16年7月22日の条に記されているそうです。西暦では1611年8月29日です。どうでもいいことですが、この日は仏滅のようです*6。
■なお、支倉常長も、太平洋を往復していますが、行きは慶長(けいちょう)17年(1612年)であり、帰りは元和(げんな)4年(1618年)だそうです。田中勝介より少し遅れています。
■田中勝介がメキシコに向かったとき、通訳をした日本人がいたそうです。この人物は田中勝介よりも前に太平洋を往復している可能性があります。でも無名氏であり、記録には残されていないようです。
◆参考*1:HP「田中勝介 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%8B%9D%E4%BB%8B
◇*2HP「堀江謙一 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E6%B1%9F%E8%AC%99%E4%B8%80
◇*3HP「支倉常長 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E5%80%89%E5%B8%B8%E9%95%B7
◇*4HP「後藤庄三郎 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E5%BA%84%E4%B8%89%E9%83%8E
◇*5HP「家康の死因ともいわれる鯛のてんぷらを勧めたのは誰なの?」
http://blog.q-q.jp/200903/article_31.html
◇*6HP「新暦 ←→ 旧暦 変換」
http://koyomi.vis.ne.jp/cgi/9reki_f.cgi

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
無名で往復した人はいたでしょうね。
北アメリカ大陸を発見したのは、コロンブスではなく、バイキングだ、いやアイルランド人だと、色々な説が出ているようですから。

家康は、貿易をしたかったようですが、スペインがカソリックの布教をさせることをメキシコを通じて強硬に主張したために、話が壊れたというのも聞きました。
貿易が行われていたら、鎖国もなかったかもしれませんね。
ねこのひげ
2012/08/01 06:46
コメントをありがとうございます。

 新聞によれば、2012年4〜6月の統計では、スペインの失業率は24.63%。4人に1人が失業中らしい。若年層にかぎれば51.5%という話も見られます。

 家康がカソリックの布教を断り、日本と通商しなかったせいで、いまスペインは経済的な苦境に立っているようです。過去と現在の因果関係は、証明されてはいないようですが。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/08/01 16:01
「アメリカ大陸」を発見はコロンブス(世界史の正解)
おっしゃるように北欧バイキングは好き勝手にアメリカへ往き来していた可能性が大

さらに「アレキサンドリア図書館」(←世界七不思議)は紀元前の書物があり"南北アメリカ大陸"の地図が所蔵!

後悔前のコロンブスも地図を見ていたという学説あり
「コロンブスは稀代まれなれ詐欺師」らしいが
sadakun_d
2012/08/12 22:26
コメントをありがとうございます。

 昔の冒険家たちは、「成功したらこんなにいいことがありますぜ」とスポンサーを口説くのが最大の難関だったと聞きます。コロンブスの場合は、ポルトガルの王様を説得するのに失敗し、カスティーリャの女王様だったかに出資させたわけですね。企画から出航するまでに8年近くかかったといわれます。荒波は海上よりも陸上にあったらしい。

 陸上での荒波を乗り切るためには多少の誇張や脚色のあるプレゼンをしたのかも。冒険家には詐欺師的な要素が必要なのかな。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2012/08/13 00:47
なるほど!

コロンブスは"稀代まれなる嘘つき"のありがたくないレッテルがあるのはそのため?

アメリカ大陸を死ぬまでインドと信じていたっもおかしい(笑)

いずれにしても「アレキサンドリア図書館」にはアメリカ大陸も南極大陸も描かれた地図が存在

コロンブスは死ぬまで真実を隠していたんでしょうかね
sadakun_d
2012/08/28 22:12
コメントをありがとうございます。

 「真実を隠していた」可能性はありそうですね。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2012/08/29 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史上初めて太平洋を往復した日本人はどんな人なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる