町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良・平安時代の宮廷女官にあったのは裁縫休暇? それとも洗髪休暇?

<<   作成日時 : 2012/07/04 06:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:奈良時代や平安時代。天皇が威張っていたり、藤原氏が威張っていたり、平氏が威張っていたりと、権力者は少しずつ交替していきました。でも、御所は奈良や京都の中心部にあることが長かったようです。
■御所がどこにあったとしても、そこでは政務だけではなく、天皇や皇族の日常生活も行なわれていたらしい。江戸時代の大奥に似て、たくさんの女性たちが勤務していました。
■女性たちには、半月に3日ずつ、ある目的限定のお休みが与えられたそうです。では、大宝律令(たいほうりつりょう)のうちの令(りょう、民法・行政法)という法で規定されたそのお休みとは、どんな目的のものだったのでしょうか?
[い]親孝行休暇
[ろ]洗髪休暇
[は]墓参休暇
[に]裁縫休暇
[ほ]掃除休暇
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]洗髪休暇
説明:平城京や平安京の女房たちの髪の毛はショートカットはありえません。平安時代の朝廷内の代表的な女性の髪型は大垂髪(おすべらかし)と呼ばれる髪型らしい。長さを自慢しあったという話も聞きます。
■平城京ではどんなものだったのかな。奈良時代初期といわれる高松塚古墳の壁画にあるような髪型でしょうか。短く見えますけど結っているのでしょうね。大宝(たいほう)元年(701年)の大宝令で洗髪休暇が規定されているぐらいですから長かった可能性が高いようです。
■大宝律令自体は散逸してしまい、あまり残されていないそうです。天平宝字(てんぴょうほうじ)元年(757年)に施行された養老律令もやはり散逸しています。律(刑法)の部分は不明な点も多いそうです。でも令にかんしてはかなり復元されているらしい。大宝令もわずかに残された部分と養老令から推定して復元作業をしているらしい。
■養老令の後宮職員令(ごくうしきいんりょう)というのがあります。そこには「宮人の職員は…それぞれ、半月ごとに沐假(もくけ、洗髪のための休暇)3日を支給すること」とあるそうです*2*4。
■シャンプーもリンスもなかったそうです。米のとぎ汁などを使ったと推定されているらしい。腰、あるいは背丈ほどもある長い髪です。とぎ汁もたくさん必要ですね。冬はどうするのかな。とぎ汁を少し温めてから使ったのかな。洗ったあとで乾燥します。どうするのかな。台の上にひろげて日なたで乾かすのかな。でも紫外線でいたんでしまいますよね。キューティクルが剥がれそう。
■髪のふだんの手入れは櫛を使うことだそうです。暇があれば侍女などに梳かせていたらしい。枕に髪を巻き付け、香をくぐらせて寝たという話もあるらしい。臭いが気になる女性なのかな。タイムマシンでこの時代に石鹸を運べたら、きっと喜ばれるでしょうね。
■なお、「半月に3日」ではなく、「1ヶ月に3日」のペースではありますが、女官には淋假(りんけ?)という生理休暇も与えられたというお話もあります。基本のお休み、常假(じょうけ?)が6・12・18・24・晦日(みそか、月末)と月に5日ほどあったようです*3。ということは、29日あるいは30日の1ヶ月のあいだに5+3+3で11日ほどの休日があったのかな。女官たちは現代とおなじぐらいにお休みが多かったかもしれません。
◆参考*1:書籍「樋口清之博士のおもしろ雑学日本史」初版92頁、樋口清之(きよゆき)著、ISBN4-8379-1384-9、三笠書房
◇*2HP「律令頻出難語小辞典|官制大観_律令官制下の官職に関するリファレンス」
http://www.sol.dti.ne.jp/~hiromi/kansei/yorodict.html
◇*3HP「假 - Wikipedia」(120704現在)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%87
◇*4HP「後宮職員令 全18条_現代語訳「養老律令」|官制大観_律令官制下の官職に関するリファレンス」 
http://www.sol.dti.ne.jp/~hiromi/kansei/yoro03.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
奈良時代の下級役人の勤務時間。低給与だけど作業時間は短かったの?
●●●●●★歴史★● 問題:奈良の正倉院文書(ショウソウインモンジョ)は、正倉院に納められて管理されている1万数千点の文書群だそうです。外国から渡来した外交文書もあれば戸籍や税金関係、会計関係の事務文書もあり、種々雑多なものらしい。 ■中には写経所(シャキョウジョ)の事務帳簿が大量に含まれているそうです。写経所というのは、文字通り経を写す作業をする機関らしい。官営のものもありました。皇族や貴族、大きな寺でもそうした機関が設けられたらしい。 ■官営の写経所では、所属官庁から能筆を買われ... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2016/06/29 07:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いまの女性より、ある意味大事にされていたのかも・・・・?
アルフィーの高見沢さんが言ってましたが、髪を洗う時シャンプーをボトル半分は使うそうです。
シャンプーのない平安時代は、休みを貰わないと洗髪できなかったかもしれませんね。
ねこのひげ
2012/07/04 07:14
コメントをありがとうございます。

 うろ覚えだったので、アルフィーの高見沢さんを画像検索で調べました。なるほど、少女漫画の登場人物のような人ですね。

 シャンプーを容器半分使用はすごい。素町人などは、試供品の小さなボトルですら、半分で足りてしまいます。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/07/04 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奈良・平安時代の宮廷女官にあったのは裁縫休暇? それとも洗髪休暇? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる