町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 今までの五輪開催地で、いちばん記録の出にくい都市はどこ?

<<   作成日時 : 2012/07/31 05:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★科学★
問題:ロンドン五輪が開催されています。五輪憲章に明記されたとおり、IOC委員の不正はより速く、放映権料はより高く、IOCの権力はより強くなっているというもっぱらの噂です。
■ところで、以前弊クイズで紹介したとおり、東京で体重を計るのとシンガポールで計るのでは体重が異なるそうです*1。どちらが軽くなるかはクイズに影響するのでいまは申し上げられませんが、ともかく違うらしい。
■筋力が同じで体重に差があれば、当然ながらさまざまな運動競技の記録にも影響が出ます。では、これまでの五輪の中で、条件が最悪の開催都市、いちばん新記録が出にくかった開催都市は次のどこでしょうか?
[い]シドニー
[ろ]アテネ
[は]東京
[に]モスクワ
[ほ]ロスアンゼルス
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]モスクワ
説明:参考資料*3によれば、緯度の高いモスクワは条件としては最悪だったようです。約北緯55度45分とのこと。逆に条件のよかったのはメキシコシティとのこと。約北緯19度24分だそうです。緯度もさほど高くありませんし、なにより高地なのでその分だけでも重力が減るそうです。
■体重は緯度が低いほど、つまり赤道に近いほど軽くなるそうです*1。また高度が高いほど軽くなるらしい。モスクワとメキシコシティの重力加速度の差は0.4%程度とのこと。空気の密度の違いもあります。モスクワとメキシコシティでは22.2%も異なったらしい。
■競技によって、感じる体重の差や空気の密度の差の影響は違いが見られるようです。たとえば走り高跳びでは、最高と最低の条件の差はせいぜい3mm程度だろうと推測されているらしい。走り高跳びの記録は1cm刻みなので、特に大きな影響は出ないようです*3。
■走り幅跳びでは5cm程度の差が見られるはずだそうです。1968年(昭和43年)のメキシコ五輪では、米国のボブ・ビーモン選手が当時の世界記録を55cmも上回る記録、8m90cmで優勝しました。このときは、追い風参考ギリギリの2mの風が吹いていたらしい。好条件が重なったためでしょうか。驚異的な記録が誕生しました。
■ビーモン選手の大記録が破られるのは、1991年(平成3年)に東京(北緯34度41分)で開催された世界陸上競技選手権大会でのことです。米国のマイク・パウエル選手が8m95cmで優勝したらしい。このときには、カール・ルイス選手も8m91cmを記録しましたが、ルイスのときは風が強く追い風参考だったらしい*5。パウエルのときは、ギリギリセーフだったのでしょうね。
◆参考*1:HP「東京で計るよりシンガポールで計るほうが体重が軽いの?」
http://blog.q-q.jp/200606/article_78.html
◇*2HP「重力 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B
◇*3書籍「頭のクスリ」初版72〜73頁、クリストファー・P・ヤルゴスキー/フランクリン・ポッター著、ISBN4-07-233980-6主婦の友社
◇*4HP「ボブ・ビーモン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3
◇*5HP「マイク・パウエル - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウサイン・ボルトが100mで世界新を記録したとき、瞬間最高速は時速何kmまで出たの?
●●●●★科学★●● 問題:ウサイン・ボルト選手が100mの駆けっこで世界新を記録したのは2009年(平成21年)8月16日だそうです。ドイツ、ベルリンで開かれた世界選手権でのことだったらしい。ベルリンといえばマラソンでも数々の世界新が出ています。不思議に記録が出る場所ですね*3。 ■100mを9秒58で完走するという記録はいまだに破られていないらしい。ウサイン・ボルト選手は、おなじ大会の200m徒競走でも19秒19という世界記録を樹立し、こちらも平成28年(2016年)5月現在、破ら... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2016/05/27 06:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、自然条件によって異なる結果が出るんですね。
パウエル選手にメキシコでも飛んでもらえば、おもしろかったかも。

しかし、人為的ミスにより結果が異なるのは困りますな〜
今回の大会はそれが目立つような気がします。
ねこのひげ
2012/07/31 06:34
コメントをありがとうございます。

 サッカー以外の競技はあまり観ていないのですが、今大会はミスが多いわけですね。
 そういえば女子サッカーでも、北朝鮮の選手の横に韓国の国旗を並べて表示したとかで、試合開始が1時間遅れていましたっけ。

 ちょっと前にも、日本で開催された何かの運動会で北朝鮮の国旗か国歌かなんかを間違えたことがありました。そのときも北朝鮮の選手団はだいぶご立腹だったようです。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/07/31 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
今までの五輪開催地で、いちばん記録の出にくい都市はどこ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる