町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 史上初めての国葬が行なわれた日。誰の葬儀だったの?

<<   作成日時 : 2012/07/25 07:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★歴史★
問題:明治16年(1883年)の本日7月25日。明治維新に大きな役割を果たした岩倉具視(ともみ)の国葬が行なわれたそうです。
■それまでにも盛大な葬儀はあったのでしょう。でも国家をあげて弔う、葬るという形式の葬儀はなかったんでしょうね。初めての国葬だったらしい。もちろん国葬に値する人がいなかったわけではありません。2度の元寇から国を守った北条時宗なんか国葬にされてもいい人です。でも北条家は家族葬とし、費用を節約して余ったお金を東日本大震災の復興のために赤十字に寄付したらしい。あくまでも噂です。真偽の程は定かではありません。
■ご存じのとおり、岩倉具視は500円札の肖像画だった人です。公家出身の政治家です。孝明(こうめい)天皇の暗殺を企てたかもしれないといわれています。歴史を大きく動かした人の1人です。勝ち組ですから国葬も当然なのかな。死因は癌だったらしい。「ベルツの日記」で知られる医師エルヴィン・フォン・ベルツによって「あなたは癌です」と宣告されたらしい。これが日本で初めての癌の告知だったといわれています*2。
■129年前の今日、初めて行なわれた日本の国葬にちなみ、本日は国葬された人についてのクイズです。次の人々のうち、国葬にされたのは誰でしょうか? (いないかもしれないし複数かもしれません)
[い]勝海舟
[ろ]西郷隆盛
[は]大隈重信
[に]東郷平八郎
[ほ]佐藤栄作
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]東郷平八郎
説明:東郷平八郎は、日露戦争の際に日本海海戦でバルチック艦隊を完膚無きまでに叩きのめした人ですね。連合艦隊司令長官だったかな。国難を救った人であり、国葬は当然でしょう*5。世界中からVIPが弔問に訪れたそうです。口絵の写真はアドミラル東郷の国葬の模様を写したものらしい*6。
■勝海舟は、内戦を最小限にとどめた人であり、日本の歴史に大きな貢献をした人かもしれません。でも幕臣であり、いわば負け組でしたから、国葬はむずかしいのかな。
■西郷隆盛も、歴史上の人物における人気番付ではつねにベストファイブを維持するほどの大物です。奔放な言動が魅力ですね。でも明治新政府に対して弓を引いた人物であり、負け組です。国葬にはできません。
■大隈重信は、大正11年(1922年)の1月に亡くなっています。国民葬にされたらしい。人気があったので多くの民間人が訪れたそうです。3週間ほどあとに山縣有朋(ありとも)が亡くなります。こちらは国葬です。でも一般の人気はなかったらしく、民間人の出席はほとんどなかったといわれます。前にもご紹介しましたが、当時の新聞は、「山縣の国葬は大隈の国民葬から『民』が抜けている」と揶揄したらしい*3。
■ちなみに、岩倉具視は西郷隆盛を征韓論で下野させています。また大隈重信を明治14年の政変で下野させています。岩倉に逆らった人は国葬にしてもらえないのかな。
■佐藤栄作は、日本の政治家として初めてノーベル平和賞をもらった人です。でも国民葬どまりであり、国葬ではありませんでした。造船疑獄の際に強権発動で逃げ切った人です。あの事件が尾を引いていたのかな*4。
■戦前には21人の国葬があったらしい。でも戦後の国葬は吉田茂ただ1人だそうです。なお、明治・大正・昭和をおさめた天皇も、それぞれ国葬という扱いではありません。現人神だから別扱いなのかな。
◆参考*1:HP「国葬 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E8%91%AC
◇*2HP「岩倉具視の500円札が誕生した日。岩倉具視ってどんな人だっけ?」
http://blog.q-q.jp/200804/article_3.html
◇*3HP「大隈重信が内閣を組閣した日。今でも保持する首相在任に関する2つの記録ってなに?」
http://blog.q-q.jp/201206/article_26.html
◇*4HP「造船疑獄で指揮権発動の日。からくも逃げ切った人物は総理大臣になったの?」
http://blog.q-q.jp/200904/article_29.html
◇*5HP「東郷平八郎の国葬の日。ロシア艦隊を沈めた大将はおしゃべりな人だったの?」
http://blog.q-q.jp/200806/article_10.html
◇*6HP「東郷平八郎元帥の国葬 - 「明治」という国家」
http://meiji.sakanouenokumo.jp/blog/archives/2007/06/post_504.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今朝の読売新聞に気のいい西郷さんというタイトルで西郷さんが、知人に頼まれて村の要職につけてやったという直筆の手紙が見つかったニュースが載っていましたが、いまだったら汚職になりそうですよね?
ねこのひげ
2012/07/25 07:49
コメントをありがとうございます。

 東郷平八郎は、大久保利通に留学生として渡欧させてもらおうと依頼したそうですが、断られたらしい。理由は「お喋りだから」というものだったそうです。

 で、西郷さんに頼み込み、なんとかイギリスに留学させてもらったとか。滞英中に西南戦争の報を受けた東郷は、もし日本にいたら西郷さんの元に馳せ参じたのにといっていたようです。

 西郷さんは、面倒見のいい人だったのかもしれませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/07/25 22:04
あのころは薩長にあらずんば人に非ず状態でしたから、西郷さんみたいな面倒身の良い人が頼られたんでしょうな。
しかし、東郷平八郎までとはおもいませんでしたよ(~_~;)
ねこのひげ
2012/07/26 05:41
コメントをありがとうございます。

 東郷と西郷が互いに口もきかない状態ですと、東西冷戦といわれるのでしょうけれど、どうもそうではなかったらしい。
 どこで読んだのか忘れましたけど、東郷平八郎のお兄さんは実際に西南戦争で西郷方に参戦して亡くなっているという話もありました。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/07/26 06:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
史上初めての国葬が行なわれた日。誰の葬儀だったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる