町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏のほうが湿度が高い。でも洗濯物はよく乾く。これはなぜ?

<<   作成日時 : 2012/07/24 22:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★科学★
問題:最近では、多くの時計に湿度計やら温度計が付属しています。おかげで、どの部屋の温度も湿度もよくわかること。よくわかったから凉しく感じられるというものではありませんけど。
■7月のはじめぐらいですと、晴れた日の昼間に30度Cということもあるでしょう。気象庁公認の真夏日ではありますが、この温度ですとそんなに暑くは感じませんね。ところが、夜の25度Cは時として寝苦しく感じることもあります。空気はおなじだけの水分を含んでいるとしても、温度の低い夜のほうが暑苦しく感じます。これはなぜなのでしょうか? (正しい記述は無いかもしれないし複数かもしれません))
[い]テレビなどのマスコミで25度Cは熱帯夜だとうるさくいうので、気分が暑苦しくなるから
[ろ]寝ているときには、身体の周囲の空気が動かないので熱がこもるから
[は]空気はおなじ水分量を含んでいても、湿度は高くなるので体感温度があがるから
[に]単に気のせい
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]空気はおなじ水分量を含んでいても、湿度は高くなるので蒸し暑く感じるから
説明:25度C以上の日は夏日と呼ばれるらしい。真夏日が30度C以上。猛暑日が35度C以上。40度C以上ですと「熊谷・多治見日」だそうです。最後のは自信がありませんけど。
■夏日とか真夏日ではあったとしても湿度があまり高くなければ、すがすがしいかもしれません。避暑地では都会に比べて温度は低い。同時に湿度も低いことが多いようです。湿度が低いと汗の蒸発がうながされ、体感温度が下がるらしい。凉しく感じるわけですね。
■空気が含むことのできる水蒸気の量は、気温が上がるにつれて多くなるそうです。気温が下がれば少なくなる。そのせいですね。冬には洗濯物が乾きにくい。冬の空気は乾燥しています。でも、空気中に水蒸気を多くもてません。
■たとえば暖房をつけていない5度Cの部屋では6.8g/立方mぐらいしか水蒸気を持てません。25度Cでは23.0g/立方mほど。30度Cでは30.4g/立方mほど。真夏の35度Cの部屋ですと39.6g/立方mほど持てるらしい*2。
■5度Cから35度Cでは温度を示す数値が7倍です。同様に含める水蒸気の量も7倍ぐらいになるようです。湿度が高くても真夏のほうが洗濯物は早く乾くのは、水蒸気を多く持てるからだそうです。
■真夏ですと、夜の最低気温が25度Cを越えると、日中は30度Cを越えているでしょう。このとき60%の湿度があったとします。30度Cで60%の湿度ですと、(30.4×0.6=)18.24g/立方mの水蒸気量だそうです。この水分量そのままに夜を迎えると、25度Cまで気温が下がったとして(18.24/23.0=)約80%の湿度になります。
■気温25度Cで湿度が80%ですと不快指数は75ぐらいになるそうです。これはやや暑いと感じる人がでてくる数字らしい。
■不快指数が70ですと快適に寝られるらしい。快眠は快食・快便につながるかもしれません。そのためには25度Cで30%ぐらいの湿度にしなければならないようです。水蒸気の量でいえば(23.0×0.3=)7g/立方mぐらいにしなければなりません。1立方mあたり11gの水分を絞れる乾燥機が室内にあれば、温度はそのままでも快適に感じられる計算かな。
◆参考*1:書籍「雑学読本 天気質問箱」新書版初版142〜143頁、平井信行著、ISBN4-14-011163-1、日本放送出版協会
◇*2HP「空気中の水蒸気」
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/taikitoumi/kukichunosuijoki.htm
◇*3HP「不快指数 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%BF%AB%E6%8C%87%E6%95%B0

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
湿度100%の場合、どのぐらいの水分が空気に含まれているの?
●●●●★科学★●● 問題:「天気予報では、最高気温は35度Cぐらい。湿度は90%を越えるといっていたわ。熱中症には充分気を付けてね、あなた」。「ほお、湿度は90%越えか。ほとんど水だな」。たまにこんな会話を耳にします。 ■科学に強い人。あるいは湿度について学んだばかりの子供たちは、男性の発言には若干の誤りが含まれているのに気付くでしょう。男性の想像の中では、湿度が100%=水なのかもしれません。でも湿度100%はけっして水ではありません。では、気温35度Cで湿度100%のとき、1立方... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/08/29 07:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おなじ30℃でも湿度が70%以下50%台になると、暑さを感じなくなるというので、除湿機を購入しました。
タンクにこれほど溜まるのかというぐらい水が溜まりますが・・・・
涼しいかと言われると疑問?
肌はサラッとした感じにはなるようです。
ねこのひげ
2012/07/25 05:19
コメントをありがとうございます。

 省エネを実現されて素晴らしいですね。
 湿度が下がっているのにさほどの涼しさは感じられないとのこと。
 でも、肌がさらっとしているだけでもストレスが減って脈拍が下がると聞きます。正しいお買い物といえるのでは。
 
 我が家ではもっと原始的な省エネを試しています。秋葉原で業務用のファンをいくつか購入し、吸気用排気用と向きを変えて板に並べてとりつけ、強制換気しています。
 昨年までは就寝時もエアコンをかけていましたが、今年は節約できるようになりました。ただし、業務用のファンは1個あたり3000円余りなので、トータルするとマイナスかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/07/25 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏のほうが湿度が高い。でも洗濯物はよく乾く。これはなぜ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる