町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 【含桃色表現】史上最大の暴君、ネロの命日。美少年を去勢させて正室に迎え入れたの?

<<   作成日時 : 2012/06/09 07:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:東ハトというお菓子製造業者から「暴君ハバネロ」というスナック菓子が発売されています。ハバネロはむやみに辛い唐辛子だそうです。口の中で暴れ回る刺激と、暴君ネロをかけた駄洒落で命名したらしい。10年ど前の発売時、暴君ハバネロは発売から8か月ほどで累計出荷数2000万袋を記録したとのこと*2。現在でも売れているようです。
■暴君ハバネロに名を残す暴君ネロは、ユリウス暦68年の今日、6月9日に死んだらしい。満30歳だったようです。2000年近く前の人物であり、短命な人ですが、ともかく逸話に富んだ人物だったらしい。
■本日は、祥月命日を記念して、ネロにまつわる桃色な噂話についてのクイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか? (正しい記述は無いかもしれないし複数かもしれません)
[い]義母アグリッピナと公然とまぐわっていた
[ろ]自分の実母を殺したとき、衣装剥ぎ取って遺骸を全裸にし、「お母さんの身体はなんて綺麗なんだろう」といった
[は]元老院の議員の妻たちを毎夜数人ずつ呼び出し、いちばん気に入った女とまぐわい、残りには団扇を持たせて熱い2人をあおがせた
[に]美少年を去勢させて正室にしたことがある
[ほ]女装して男性と結婚したことがある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]と[に]、[ほ]が正しい
説明:[い]義母アグリッピナと公然とまぐわっていた(×)
■正しくは、「実母アグリッピナと…」だそうです。近親相姦ですね。アグリッピナは母親も同名なので母親が大アグリッピナ、ネロの母親は小アグリッピナと呼ばれるらしい。ネロは小アグリッピナが満22歳のときの子だそうです。
□ネロは満16歳と10か月でローマ皇帝に就任します。いまなら高校2年生ぐらいかな。前皇帝は小アグリッピナが毒殺したそうです。小アグリッピナは西洋では悪女として有名な人物だそうです。
□ネロが満18歳のころ、宮廷内の権力闘争に負けそうになった小アグリッピナはこともあろうに息子を色仕掛けで籠絡しようとしたらしい。「アグリッピナは念入りに化粧して宴の席に現れ、淫らな愛撫を浴びせては息子の頭をかき乱します。彼女の巧みな愛撫を受けるたびに、ついネロはそれが実母であることも忘れて、欲望に身をまかせてしまうのでした」*3。小アグリッピナは40歳ぐらいのはずです。乳房も尻も重力に負けてしまいますし、目元にはカラスのあしあとがくっきり。それでも全裸で息子に体当たりするんですから、凄い根性だな。
[ろ]自分の実母を殺したとき、衣装剥ぎ取って遺骸を全裸にし、「お母さんの身体はなんて綺麗なんだろう」といった(○)
■近親相姦の醜聞がローマ中にひろまると、さすがのネロもこれはヤバイと感じたのでしょうか、母親の殺害を企図します。どこかに幽閉するぐらいにすればよかったのに。機械仕掛けで船底が裂ける船を造らせます。母親を乗せます。ところが生命力の強い小アグリッピナは、岸に泳ぎ着いて助かったそうです。
□もう直接的な方法しかないと心を決めたネロは、側近の部隊を派遣します。武装兵士たちはベッドを取り巻き、1人が頭に棍棒の一撃を加えます。さらに胸元に剣をつきつけられると、小アグリッピナは瀕死の重傷にあえぎながら、寝巻きの裾をめくったらしい。局部をあらわにして最後の力をふりしぼって叫んだらしい。「ここを刺しなさい。ネロはここから生まれたのよ!」
□使命を終えた部隊が証拠物件を持って帰ると、若きネロ皇帝は衣服を脱がせて全裸にしたとのこと。「お母さんの身体はなんて綺麗だったんだろう」と感想を述べられたそうですが。ホントなんでしょうかね。そういえば、とどめは小アグリッピナの希望どおりの場所だったのかな。
[は]元老院の議員の妻たちを毎夜数人ずつ呼び出し、いちばん気に入った女とまぐわい、残りは全裸で団扇を持たせて熱い2人をあおがせた(×)
■ネロについて、参考資料などには、そんな記述はありません。そこまで敵を増やすと、支持基盤を失って、失脚してしまいそうです。でも、歴史上の人物では、この手の遊びをした人は珍しくもないらしい。いちどでいいからやってみたいと思う人も多いでしょうね。少なくとも素町人は思います。
[に]美少年を去勢させて正室にしたことがある(○)
■Wikipediaの記述によると、スボルスという美少年を去勢させ、自らの皇后としてむかえたことがあるそうです。勝手な想像ですが、当時の性転換手術では、穴は作れなかったでしょう。消毒の技術が拙いので、下手に深い穴をつくろうとすると、命が危ないかも。去勢皇后とは夜ごとに肛門交渉をなさっていたのかな。変な趣味です。
[ほ]女装して男性と結婚したことがある(○)
■ネロ自身には女装趣味もあったらしい。解放奴隷のピュータゴラースやドリュプォルスと正式に結婚して彼らの花嫁となったりしたとのこと*1。ピタゴラス、失礼、ピュータゴラースとドリュプォルスは、きっと筋肉隆々のいい男だったのでしょうね。つい抱かれたくなっちゃったのかな。
□それにしてもローマの法律はわかりません。女装すれば女として結婚できたのでしょうか。だいいち、ネロにはオクタウィアという正妻がいたらしい。正妻をさしおいて、美少年を皇后に迎えたりしていいのかな。皇帝は戸籍の書き換えも自由だったのかもしれませんが。
◆参考*1:HP「ネロ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AD
◇*2HP「暴君ハバネロ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%B4%E5%90%9B%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%8D%E3%83%AD
◇*3書籍「世界悪女大全」文庫初版80〜84頁、桐生操(みさお)著、ISBN4-16-767984-1、文藝春秋社
◇*4HP「小アグリッピナ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%8A

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、トップに立つと、なにをやっても許されると勘違いするというか、どこか頭のタガが外れるんでしょうね。
ネロも、屈折していたんでしょうね。
短命だったんで良かったですよね。長生きだったらローマ帝国もどうなっていたかわからんでしょうね。
ねこのひげ
2012/06/09 08:07
コメントをありがとうございます。

 中国には紂王や桀王がいて西洋にも暴君のお話は珍しくありません。
 わが日本には、あまり暴君らしい人がいませんね。信長は反対者には手厳しかったようですが、酒池肉林をするわけではありませんし。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/06/11 07:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【含桃色表現】史上最大の暴君、ネロの命日。美少年を去勢させて正室に迎え入れたの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる