町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌舞伎の演目名。「助六由縁江戸桜」の「由縁」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2012/06/28 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:歌舞伎の演目は、なかなか面白い読みになっています。「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」は有名ですね。「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」もよく知られています。このふたつは歌舞伎に関心のないかたでも読めるかもしれません。「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」の場合は、「鑑」を「かがみ」と読むのがややむずかしいでしょうか。この3つの作品は歌舞伎を代表する名作中の名作といわれます。上演回数も多いようです。
■歌舞伎の演目の読みには3つの特徴があります。ひとつは訓読みのものが割りと多い点です。さきほどの3作品でいえば、「忠臣」と「伝授」と「千本」は音読みですが、他は訓読みかな。もちろん固有名詞は除きます。
■もうひとつは調子を大切にしていることです。必ずしも七五調ではありませんが、どれもわりと口ずさみやすいような読みになっています。江戸時代は情報伝達手段として口コミが大切だったようです。覚えやすく調子のいい題名はヒット作のひとつの条件だったかも。
■最後に一種の「言葉遊び」として読んでしまう強引さがあげられます。たとえば、「天衣紛上野初花(くもにまごううえののはつはな)」という作品名があります。河内山宗俊(そうしゅん)という実在の悪い坊さんが主人公になっている芝居です。
■「天衣」は「天麩羅のころも」ではありません。「天人や天女の着る衣服」であり、「テンイ」と読みます。「天衣無縫(ムホウ)」という四字熟語にも含まれています。「天衣」を「雲」と読ませるのは一種の言葉遊びかな。たしかに「空=天」を覆う衣は雲なのかもしれません。
■では、これらの特徴を頭に置きながら、次の演目名を読んでみましょう。虫喰い状態になっています。それぞれその空白部分を埋めて下さい。
[い]助六由縁江戸桜は「すけろく(  )えどざくら」と読む(ヒント 4文字)
[ろ]盟三五大切は「(  )さんごたいせつ」と読む(ヒント 5文字)
[は]妹背山婦女庭訓は「いもせやま(  )ていきん」と読む(ヒント 3文字)
[に]色彩間苅豆は「いろもよう(  )かりまめ」と読む(ヒント 4文字)
[ほ]青砥稿花紅彩画は「あおとぞうしはなの(  )」と読む(ヒント 4文字)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]助六由縁江戸桜「すけろく(  )えどざくら」の虫喰い部分にはゆかりのが入る
■「助六由縁江戸桜」は、歌舞伎十八番のうちのひとつです。市川家の家の芸だそうです。少し前にいろいろな意味で騒がれた海老蔵クンの家ですね。
□「由縁」は「ユエン」とも読みます。「由来とか理由」という意味があります。「関係のある」という意味もあります。昔は「所縁」とも表記したらしい。こちらは「因縁のある」という意味になります。
□「江戸桜」は吉原の通りに咲いた桜のことでしょうね。春先になるとメインストリートに移植され、花が落ちると撤去されたそうです。
[ろ]盟三五大切「(  )さんごたいせつ」の虫喰い部分にはかみかけてが入る
■ちょっと強引な当て字の例でしょうか。
□「盟」という漢字は常用漢字表では「メイ」という音読みしかありません。漢和辞書「字通」では「メイ、ちかう」という字音・字訓があります。下に皿という字がありますが、これは実は「血」を意味しているそうです。神に捧げた明かりの下で血をすすって盟約することらしい。まさしく、「かみかけて」なんですね。
[は]妹背山婦女庭訓「いもせやま(  )ていきん」の虫喰い部分にはおんなが入る
■ここでは、「婦女」を「おんな」と訓読みしています。
□「庭訓」は、「家庭での教訓」を意味するそうです。中国の哲人孔子は自宅の庭で、子の鯉(り)に対して、詩経(シキョウ)や礼記(ライキ)を学ばなければならないことを教えたそうです。そこから庭訓という言葉が生まれたらしい。
[に]色彩間苅豆「いろもよう(  )かりまめ」の虫喰い部分にはちょっとが入る
■おそらく、「色彩」が「いろもよう」なのでしょう。となると「間」が「ちょっと」と読まれるのかな。
□「豆」は、大豆や小豆ではないのでしょうね。比喩として女性の局部、その狭い範囲の中の特定の箇所を指していると推定されます。「いろもようちょっとかりまめ」。なかなか凄い題名です。
□「いろもよう」はふつうは「色模様」と書きますね。「いろもよう」という言葉だけで「歌舞伎などで、恋愛感情を描写する場面」を表すそうです。もう一歩進むと「濡れ場」となるらしい。「歌舞伎などで、恋愛行為を描写する場面」のようです。
[ほ]青砥稿花紅彩画「あおとぞうしはなの(  )」の虫喰い部分にはにしきえが入る
■これも強引に読ませる当て字かな。「紅彩画」を「にしきえ」です。
□白浪五人男とか弁天小僧という人物名を聞いたことがあるでしょう。「青砥稿花紅彩画」の重要な登場人物です。
□なお、それぞれの物語については下の参考資料で内容をご覧になれます。
◆参考*1:HP「歌舞伎の演目一覧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E8%88%9E%E4%BC%8E%E3%81%AE%E6%BC%94%E7%9B%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
◇*2HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇*3HP「助六 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E5%85%AD
◇*4HP「盟三五大切 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%9F%E4%B8%89%E4%BA%94%E5%A4%A7%E5%88%87
◇*5HP「妹背山婦女庭訓 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%B9%E8%83%8C%E5%B1%B1%E5%A9%A6%E5%A5%B3%E5%BA%AD%E8%A8%93
◇*6HP「累ヶ淵 - Wikipedia」(色彩間苅豆)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%AF%E3%83%B6%E6%B7%B5
◇*7HP「青砥稿花紅彩画 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E7%A0%A5%E7%A8%BF%E8%8A%B1%E7%B4%85%E5%BD%A9%E7%94%BB
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)なんてのもありますね。
実際に起きた事件を実名でやると、幕府からお咎めを受けるというので、色々工夫したようですね。
それでも手鎖の刑とか遠島になってましたから、あの時代、戯作者も役者も大変で。

しかし、読ませ方がおもしろいです。
ねこのひげ
2012/06/28 07:36
コメントをありがとうございます。

 昔は歌舞伎や人形浄瑠璃などの演劇が世論に大きな影響を与えたため、為政者側からはさまざまな規制が加えられたそうですね。

 六代目三遊亭圓生の話によれば、江戸時代の歌舞伎では、小道具の茶碗も実物が使えなかったとのこと。すべて張りぼてで代用していたらしい。"迫真"だと困ることがあるのかな。変な規則です。

 指定された劇場以外での興行は一切禁止なので、路上で行なう軽演劇などは最後に駄洒落などで落ちをつけ、「茶番」と称して取り締りの目を逃れていたとか。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/06/28 08:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
歌舞伎の演目名。「助六由縁江戸桜」の「由縁」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる