最初に目を持った動物はなに?

画像
★科学★
問題:現在、知られている限りでは、動物の多くは目を持っています。人間を含む哺乳類では2つの目を持つものが多いようですね。鳥や両生類・爬虫類もまた多くは2つの目を持っています。魚類も2つかな。ひょっとすると脊椎を持っている動物は2つのものが多いのかもしれません。
■もちろん例外もあります。人間でいえば伊達政宗は隻眼(せきがん)だったといわれます。中東戦争が活発だったころのイスラエルの戦う国防相モシェ・ダヤンもアイ・パッチをつけていました。柳生但馬守(たじまのかみ)や丹下左膳も片目なのに強い剣士だったらしいし、片目のジャックは切り札に使われることがあります。
■昆虫や蜘蛛にはたくさんの目を持つ種類がいるらしい。大部分の昆虫は頭部に1対の複眼を持っています。同時に少数の単眼を持っています。複眼・単眼のどちらかだけという連中もいるそうですが。クモは8個の単眼を持つ種類が多いらしい。連中は足も8本です。中国人に似て8という数字にこだわりがあるのかな。
■そういえば鰻にも目が8つある奴がいましたね。あれは単なる模様でしたっけ。ジャズの曲名には「♪夜は千の眼を持つ」というのがありましたっけ。
■生物の中でいちばん原始的と呼ばれる細菌類に目はありません。生き物の歴史の上では、ある程度の進化が起きてから初めて目を持つ動物が誕生したらしい。では史上初めて目を持った動物と推測されているのは次のどいつでしょうか?
[い]三葉虫(節足動物の昔の形)
[ろ]アンモナイト(イカやタコの仲間の昔の形)
[は]アノマロカリス(海老の仲間の昔の形?)
[に]メガネウラ(トンボの仲間の昔の形)
[ほ]コダイウミグモ(ウミグモの仲間の昔の形)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]三葉虫(節足動物の昔の形)
説明:Wikipediaのカンブリア爆発の項には、「生物の歴史上、はじめて眼を持った生物(三葉虫)が生まれた」という記述がありました*1。
■三葉虫は、「古生代にのみ生息した節足動物」だそうです。カンブリア紀に登場し、古生代の終わり、ペルム紀あたりで絶滅したらしい。
■カンブリア紀は古生代最初の時代です。約5億4200万年前に始まり、約4億8830万年前あたりで終わったようです。カンブリア紀の次がオルドビス紀。その次がシルル紀。さらにデボン紀、石炭紀と続き、古生代の最後がペルム紀です。約2億5100万年ぐらい前にペルム紀が終わり、古生代から中生代へと移っていくらしい。中生代はご存じのジュラ紀などが含まれます。巨大恐竜がいた時代ですね。
■発見されている三葉虫の化石の最大のものは60cmぐらい。小さいのは1cm未満のものもあるらしい。海底を這って歩いたり、泳いだりしていたという説があります。また泥にもぐっていたという説もあります。光の届かない泥の中で暮らすのなら、眼より触覚のほうが便利という気もしますけどね。
▼三葉虫の化石(Wikipedia - 三葉虫の項より)
画像

■かつては、現在のカブトガニの祖先に擬されていたようです。最近では仲間かもしれないけれど、直接の祖先ではなさそう…という見方が強いとのこと。
■カンブリア紀に生物が一気に多種多様になります。カンブリア爆発です。その大きな特徴が、眼を持つ生物の出現と、硬い外骨格を持つ生物の出現、運動能力の向上だそうです*1*3。三葉虫はその両方を兼ね備えていたのかな。
■地殻が変動したため、多くの炭酸イオン、カルシウムイオンが海水に溶け込んだのがカンブリア紀だそうです。これらの成分を上手に使い、外骨格を持った動物が出現したらしい。眼を得た動物は、獲物を上手に捕食できます。捕食者から上手に逃げることもできます。単純な「悲運多数死」の世界ではなく、多様な生き残り戦略が模索され、多様な種類の生き物が誕生したという仮説があるそうです。
■なお、選択肢の生き物のうち、コダイウミグモは勝手に創り出したインチキな生き物です。おそらく実在しません。アノマロカリスは、カンブリア紀の生き物で、やはり外骨格と眼を持っていたようです。最大2mぐらいの化石が発見されているそうです。姿形はエビに似ていますが、エビの仲間かどうかは判然としていないらしい。大きな奴は当時の食物連鎖の頂点に立っていたと見られています。
▼アノマロカリスの復元図(Wikipedia – アノマロカリスの項より)
画像

◆参考*1:HP「カンブリア爆発 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%88%86%E7%99%BA
◇*2HP「三葉虫 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%91%89%E8%99%AB
◇*3雑誌「カンブリア大爆発につなかった海の大変動」Newton (ニュートン) 2012年7月号15頁、ニュートンプレス
◇*4HP「アノマロカリス - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ねこのひげ
2012年06月16日 05:33
三葉虫ですか。

アノマロカリスの動きを再現したロボットをNHKで見たことがありますが、カンブリア紀って、いまとは、まるで違う生物が徘徊していて興味深かったです。
おもちゃとして売りに出されたような?

そういえば、きょうEテレで新発見の恐竜の話をやりますね。
ねこのひげ様<素町人
2012年06月16日 11:59
コメントをありがとうございます。

 カンブリア紀も石炭紀(大型昆虫とかいたころ)もジュラ紀も奇妙な動物にあふれていたようですね。
 連中からみれば、現在の人類も奇妙なすがたの生き物なのでしょうけれど。
(^^;)

この記事へのトラックバック

  • 脊椎動物以外で高度に眼を発達させた動物とはどんなやつなの?

    Excerpt: ●●●●★科学★●● 問題:地球上に始めて登場した生命がどんなものなのか。いまのところはっきりとした答えはないようです。候補は挙がっているらしい。原核生物と呼ばれる小さなやつです。いまから35億年ほ.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2015-10-09 08:38