町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 芥川龍之介の「侏儒の言葉」の警句。万人に共通する悲劇とはどんなことなの?

<<   作成日時 : 2012/05/24 11:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:明治39年(1906年)に発表されたアンブローズ・ビアスの「悪魔の辞典(元の題は冷笑派用語集)」に刺激を受けたのでしょうか。芥川龍之介は大正12年(1923年)から雑誌に「侏儒(しゅじゅ)の言葉」を掲載しています。どちらも皮肉であり人間の仮面の裏に隠された事実をグサリと突く鋭い言葉が並んでいます。どちらも現代の人が読んでもちっとも古くありません。皮肉な言葉ほど時代を超えて光るものなのかな。
■侏儒とは小人(こびと)のことです。芥川龍之介自身は普通の体格だったようです。おそらく自分の心、脳、あるいは精神が侏儒であると謙遜しているのでしょう。なお、侏儒には役者という意味もあるそうです。
■題に記した問い、「万人に共通する悲劇」については次のように書いています。「悲劇とはみずから羞(は)ずる所業を敢(あえ)てしなければならぬことである。この故に万人に共通する悲劇は排泄作用を行うことである」。素町人も毎朝悲劇を演じています。でも毎朝お通じがあるのはいいことですよね。ホントの悲劇は1ヶ月も大きい方の「悲劇」を演じなかった結果、専門医や看護師の前に排出口をさらさねばならないことだと思われますが。
■本日は、「侏儒の言葉」から皮肉な警句を集めてみました。虫喰い部分が作ってあります。それぞれどんな言葉が入るのでしょうか。文学的感覚とユーモア感覚を総動員して考えてみましょう。
[い]人生は一箱の(  )に似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である
[ろ](  )は寒気と選ぶ所はない。適度に感ずる時は爽快(そうかい)であり、且(かつ)又健康を保つ上には何びとにも絶対に必要である 
[は]危険思想とは(  )を実行に移そうとする思想である
[に]「桃李(とうり)言わざれども、下自(おのずか)ら蹊(けい)を成す」とは確かに知者の言である。尤(もっと)も「桃李言わざれども」ではない。実は「桃李(  )」である
[ほ]あらゆる神の属性中、最も神の為に同情するのは神には(  )の出来ないことである
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]人生は一箱の(  )に似ている。重大に扱うのは莫迦莫迦しい。重大に扱わなければ危険である…の括弧に入る言葉はマッチである
■人生は一箱のマッチ、あるいは一個の100円ライターに似ていますね。危険です。参考資料*2によれば、平成11年(1999年)から平成20年(2008年)の10年間に「火遊びによる住宅火災による死者」が14歳以下で237人いるそうです。1年に20人以上が火遊びで亡くなっているわけか。男児は174人、女児は63人。男のほうが馬鹿なんですね。2歳児と3歳児で全体の半分を占める死者です。彼らにも「侏儒の言葉」を読ませるべきでしょうね。なお、ご存じではありましょうが、「莫迦莫迦しい」は「馬鹿馬鹿しい」とおなじ意味です。
[ろ](  )は寒気と選ぶ所はない。適度に感ずる時は爽快(そうかい)であり、且(かつ)又健康を保つ上には何びとにも絶対に必要である…の括弧に入る言葉は敵意である
■昨今の日本人の多くは平和ボケしており、周辺各国の敵意にさらされても当人はちっとも敵意を抱きません。新聞・雑誌・テレビ等だけならともかく、政治家までが敵意の快感を忘れようとしているのは困ったものです。
[は]危険思想とは(  )を実行に移そうとする思想である…の括弧に入る言葉は常識である
■これはちょっと難解な言葉ですね。「常識を実行に移す」とは、たとえば「汝の隣人を愛せ」という教えを守って隣人の妻と通じることかしらん。それとも、「朋友を信じよ」という教えに従って借金の保証人になってしまうことかしらん。どちらも危険ではありますが。
[に]「桃李(とうり)言わざれども、下自(おのずか)ら蹊(けい)を成す」とは確かに知者の言である。尤(もっと)も「桃李言わざれども」ではない。実は「桃李(  )」である…の括弧に入る言葉は言わざればである
■この警句は笑えますね。桃李といえども余計なことを喋るやつには用はありません。つまはじきにされるのがオチです。静かにただ黙って微笑んでいる美女には男が寄っていきます。でもペラペラとしゃべりまくって中身のなさを露呈すれば、どんなに美しくても誰も寄りつきません。
[ほ]あらゆる神の属性中、最も神の為に同情するのは神には(  )の出来ないことである…の括弧に入る言葉は自殺である
■芥川龍之介は昭和2年(1927年)7月24日。「将来に対する唯ぼんやりした不安」というよく知られた言葉を残して、服毒自殺してしまいます。自殺の自由を行使したわけで、その自由を持たない神に同情しているのが上の警句らしい。
□「侏儒の言葉」には機知に富んだ言葉が山ほどありますが、そのうちから2、3を。まずはマスコミに対するものです。「輿論(よろん、世論)は常に私刑であり、私刑は又常に娯楽である。たといピストルを用うる代りに新聞の記事を用いたとしても」。
□次は政治家について。「政治家の我我素人よりも政治上の知識を誇り得るのは紛紛たる事実の知識だけである。畢竟某党の某首領はどう言う帽子をかぶっているかと言うのと大差のない知識ばかりである」。そうなんですか。まぁ、素人が大臣をつとめることが多いとは聞きますが。
□最後は芸術について。「芸術も女と同じことである。最も美しく見える為には一時代の精神的雰囲気、或は流行に包まれなければならぬ」。たしかに。「時代と寝る」ことは多くの支持を得るための必要条件みたいですね。
◆参考*1:HP「図書カード:侏儒の言葉」(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card158.html
◇*2HP「子供のライター使用等による火災事故について」
http://www.meti.go.jp/committee/materials2/downloadfiles/g91215a09j.pdf

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タモリさんは、よく「幼稚園の時が一番大人だった」と言ってますね。
男は幼稚園児から成長しないのかもしれません(~_~;)

『悪魔の辞典』は高校のとき、大橋巨泉さんがやっていたラジオ番組で「俺が訳した本だ。おもしろいから買え」といっていくつか読むのを聞いて、おもしろかったので買いましたが、その後、完訳の『悪魔の辞典』が出たので、それも買いましたよ。
ねこのひげ
2012/05/25 05:42
コメントをありがとうございます。

 悪魔の辞典は高校生のときに読んではまりました。仲間内で言い回しを真似して遊びました。
 ただし、人生経験が不足しています。真似ができるのは外見だけです。苦労していない者は、どんな皮肉を吐いてみても迫力はでてきませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/05/25 12:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
芥川龍之介の「侏儒の言葉」の警句。万人に共通する悲劇とはどんなことなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる