町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界最小の爬虫類を発見。ヘビなの? トカゲなの? カメレオンなの?

<<   作成日時 : 2012/04/24 11:53   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:参考資料*1によれば、ドイツのバイエルン州立動物学博物館のフランク・グロー博士たちは、インド洋の西部にあるマダガスカル島で、世界最小の新種の爬虫類「Brookesia micra」を発見したそうです。メスの成体の全長は約28.8mmとのこと。硬式卓球のピンポン玉の直径が40mmだそうです。中に閉じ込めることもできそうですね。雑誌(*1)の見開きで写真が見られます。マッチ棒の上にあぶなっかしく乗っています。
■では、この世界最小の爬虫類は、次のどの種類だったのでしょうか?
[い]カメ
[ろ]トカゲ
[は]ヘビ
[に]ワニ
[ほ]カメレオン
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]カメレオン
説明:平成24年(2012年)2月14日付のアメリカの科学雑誌「PloS ONE(プロスワン)」の電子版に発表されたらしい。世界最小のカメレオンであり、世界最小の爬虫類とのこと。「Brookesia micra」はミクロヒメカメレオンと日本語では呼ばれるそうです。一般のカメレオンは20〜30cmぐらいとのこと。セントバーナードとチワワの違いも大きいけれど、ふつうのカメレオンとミクロヒメカメレオンの違いも大きいですね。
■この他にも新種のカメレオンが3種見つかっているそうです。人類が未確認の動物はまだまだたくさんいるようですね。
■なお、今回発見されたカメレオンたちは、小型なことで知られるミニマヒメカメレオンの仲間に属しているそうです。マダガスカル島の北部や人里離れた熱帯雨林に生息していたようです。人がめったに入らない土地であり、しかも3cmしかないのでは、これまで見つからなかったのも無理はありません。見つかった新種は、どれも見た目がよく似ていたらしい。遺伝子解析を行なうまでは別々の種なのかどうかわからなかったそうです。
■なぜ、こんなに小さくなってしまったのか。京都大学大学院理学研究科の疋田努(つとむ)教授の意見では、「ダニやトビムシなどの微小な動物を食べるため」とのこと。それで生き延びてきたのだから正しい選択だったのでしょうけれど。
■疋田教授の話では、「爬虫類が小さくなることのできる限界に近いと考えられます」とのこと。そうでしょうね。これ以上小さくなると、微小な動物たちに逆襲され、エサになっちゃうかもしれません。
◆参考*1:雑誌「世界最小の新種カメレオン」Newton (ニュートン) 2012年5月号14〜15頁、担当編集者浅見智子、ニュートンプレス

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、テレビや新聞で取り上げられてましたから、ご存じでありました^_^
しかし、専門家というのはよくわかるものです。
ねこのひげだと、見つけても、赤ん坊のカメレオンだと思うでしょうね(^^ゞ
ねこのひげ
2012/04/25 05:01
コメントをありがとうございます。

 なるほど、赤ちゃんと誤解するほうが自然ですね。

 現在では約200万種が見つかっているといわれる全生物の種ですが、見つかっていない生物のほうが多いともいわれます。
 たしかにネッシーもイッシーもクッシーもツチノコもイエティも見つかっていませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/04/25 07:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界最小の爬虫類を発見。ヘビなの? トカゲなの? カメレオンなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる