町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 北条時宗が執権に就任した日。国難を乗り切った指導者は過失で兄を殺してしまったの?

<<   作成日時 : 2012/04/18 06:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:文永(ぶんえい)5年3月5日。西暦では1268年の今日、4月18日。北条時宗(ときむね)は鎌倉幕府8代目の執権に就任しました。満16歳と10か月ぐらいです。高校2年生が総理大臣に就任したような感じかな。でも昔の人は早熟です。当人の覚悟も違う。周囲の協力もあって、昨今の日本の総理大臣よりもはるかにちゃんと仕事をこなしました。未曾有の国難を乗り切ります。
■時宗は、鎌倉幕府の北条氏の本家筋である得宗家(とくそうけ、徳宗家とも)の当主です。初代が北条時政(ときまさ)。北条政子の父親、源頼朝の岳父です。以後、義時・泰時・時氏・経時(つねとき)・時頼・時宗・貞時・高時の9代まで続くらしい*4。なお、鎌倉幕府の執権としては、全部で14代目までいて時宗はその8代目だそうです*5。
■時宗は建長(けんちょう)3年5月15日、西暦では1251年6月5日に生まれています。お父さんは5代執権(得宗家当主としては6代目)だった時頼(ときより)。能の「鉢の木」に登場するお坊さんですね。諸国を行脚しているときにたまたま佐野源左衛門(げんざえもん)という老武士の家に泊めてもらいます。源左衛門は薪がないからと大切にしていた鉢の木をくべて暖を取らせてくれたらしい。雑談のなかで源左衛門は、一族に横領されて貧窮はしているものの自分も武士のはしくれ。事あらば鎌倉にかけつけて戦う覚悟があると話します。
■時頼は鎌倉に戻り、招集をかけます。源左衛門は坊さんに語ったとおり、周囲が失笑するような痩せ馬を従え、貧しい武具に身を固めて応召します。やがて源左衛門は一夜の宿をとったあの坊さんが前執権時頼だったことを知ります。時頼は偽りのない源左衛門を賞賛し、最新型のCore i7を搭載したパソコンを与えます。たしかそんな話でした。
■時頼は賢い人物だったようです。その子の時宗もなかなか賢い子であり、若いうちから将来の執権候補と目されて成長していくようです。
■本日は2度の元寇の際に鎌倉幕府を指揮し、見事に難局を乗り切った若い指導者の執権就任を祝い、北条時宗にかんする雑学クイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか? (正解は複数かも)
[い]1回目の元寇、文永の役の直前に誤って自分の兄を殺してしまった
[ろ]文永の役の際には、先手をうって元(モンゴル)に攻め込むという作戦も検討された
[は]政治に介入しようとする日蓮を佐渡に流したことがある
[に]元寇は朝廷との対立に勝利するため、時宗が仕組んだ謀略であるとする説がある
[ほ]父も短命だったが自分も30代で死んでしまった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]と[に]、[ほ]が正しい
説明:[い]1回目の元寇、文永の役の直前に誤って自分の兄を殺してしまった(×)
■正しくは、「意図して異母兄を殺した」だそうです。殺されたのは北条時輔(ときすけ)という人物。時頼の長男ではありますが庶子であり、時宗が優れものだったために執権は継げそうもなかったらしい。
□文永(ぶんえい)5年(1268年)に高麗の使節が元の国書を持って太宰府にあらわれます。元に服属するよう要求されたらしい。鎌倉幕府では、元に対抗するために国防の強化をはかる必要に迫られます。ところが、肝心の幕府中枢では時宗の権力はかならずしも盤石ではなかったようです。
□文永(ぶんえい)8年(1271年)には元の使節が直接訪日し、武力侵攻を警告します。すわ国難と騒然としてくるなかで、時宗は文永(ぶんえい)9年(1272年)の2月に北条時輔その他の反対勢力を一掃します。二月騒動と呼ばれる騒ぎだそうです。
□時輔は弟が執権を継いだことに不満を持ち、朝廷に接近して反抗を企てたと見られています。殺された他の人たちの中には後に無実が判明した人もいたようです。いまなら日弁連とかマスコミがお祭り騒ぎをするのかな。
□でも大事の前の小事です。時宗は必要な措置をとったと考えるべきなのでしょう。そして文永(ぶんえい)11年(1274年)に実際に元と高麗の水軍が攻めてきます。文永の役ですね。
[ろ]文永の役の際には、先手をうって元(モンゴル)に攻め込むという作戦も検討された(×)
■正しくは、「弘安の役の際には、先手をうって高麗に攻め込むという作戦も検討された」だそうです。2回目の来襲のときですね。時宗は高麗出兵に賛成しており、陸軍省や海軍省の賛同も得ていたらしい。ところが財務省が強行に反対したようです。「そんな金ね〜よ」というわけですね。やむをえず籠城戦の覚悟を決め、土塁を積んだり武器・兵糧を整えたりしたようです。土塁が奏功したようですし、迎え撃った武士たちも前回の教訓を元に奮闘したらしい。天佑神助もあって敵の水軍がほぼ壊滅状態になったのはめでたいことでした*3。
[は]政治に介入しようとする日蓮を佐渡に流したことがある(○)
■文永(ぶんえい)11年(1274年)に幕府に対して「立正安国論」を提出した日蓮を佐渡に流したそうです。日蓮は「相次ぐ災害の原因は、正法である法華経を信じずに浄土宗などの邪法を信じていることにある」といって対立する宗派を非難していたそうです。「正法である法華経を中心とすれば(=「立正」)、国家も国民も安泰となる(=「安国」)と主張していたらしい。失礼ながら、「自分たち以外はすべて間違い」というのは素人が考えても低級な思考です。
□現在でも日蓮宗の一派が政治に介入していますね。どうも連中の伝統らしい。時宗は鎌倉武士らしく禅宗の人ですから、こんな話にいちいち耳を傾けるわけにはいきません。うるさい奴だとばかりに島流しにしてしまったわけですね。正しい判断です。
[に]元寇は朝廷との対立に勝利するため、時宗が仕組んだ謀略であるとする説がある(○)
■Wikipediaによれば、江戸後期の国学者橘守部(たちばな もりべ)は、「蒙古襲来は朝廷潰しを意図する北条氏と蒙古が結託して行った自作自演である」と仮定して時宗を弾劾しているそうです。なんとも奇想天外な着想ですね。
□元寇時の時宗の対応についてはさまざまな説が語られています。Wikipediaには、「要出典」という印が付いていますが、次のような記述があります。「NHKの『その時歴史が動いた』の番組内では北条時宗の存在が日本のグローバル化を遅らせて世界から取り残される結果になったと結論づけている」*1(120418現在)。素人にはわかりにくい意見ですね。これがホントだとすれば、平和ボケは有料放送局の内部にも多いのかもしれません。
[ほ]父も自分も30代で死んでしまった(○)
■父である時頼は「鉢の木」の坊さんですから枯れた人物だろうと思われます。ところが亡くなったのは弘長(こうちょう)3年(1263年)で満36歳だったらしい。
□時宗自身は弘安(こうあん)4年(1281年)の弘安の役のわずかに3年後、弘安(こうあん)7年(1284年)の4月4日に出家し、その日のうちに亡くなってしまいます。あるいは死期を悟って頭を丸めたのかな。満32歳だったとのこと。死因は肺病・心臓病などが疑われているらしい。20代に大きな仕事をやり遂げました。短い人生ではありましたけれど、悔いはなかったでしょう。
◆参考*1:HP「北条時宗 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%99%82%E5%AE%97
◇*2HP「鉢木 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%A2%E6%9C%A8
◇*3HP「元が大軍を日本にさしむけた日。フビライは3度目の戦争をたくらんでいたの?」
http://blog.q-q.jp/200906/article_32.html
◇*4HP「得宗 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%97%E5%AE%97
◇*5HP「鎌倉幕府の執権一覧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%8C%E5%80%89%E5%B9%95%E5%BA%9C%E3%81%AE%E5%9F%B7%E6%A8%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7


ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本日が誕生日である著名な鎌倉幕府の執権とは誰のこと?
●●●●●★歴史★● 問題:鎌倉時代のある日の今日、6月29日。和暦では嘉禄(かろく)3年5月14日。鎌倉幕府のある執権が生まれました。別名を最明寺(さいみょうじ)入道とも呼ばれる人です。かの青砥藤綱(あおと ふじつな)を召し抱えた人でもあるようです。 ■青砥藤綱は、戦前の人なら知らない人のいない著名人です。夜、川に落とした10文の貨幣を探させるために50文を払って松明(たいまつ)を購入した人物です。その時は、小利を得るために大損をしたと笑われます。でも、後世の教科書からはとても褒めら... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2013/06/29 07:01
醤油で一杯、塩で一杯、味噌で一杯。贅沢などまるで考えない最高権力者とは誰なの?
●●●●●★歴史★● 問題:若いころ、お金がなくて、それでもお酒は飲みたい。なんとか酒代だけは都合できても、つまみにまではまわりません。そんなときどうしたでしょうか。素町人が教わったのは醤油と輪ゴムのつまみでした。小皿に醤油をたらし、輪ゴムを漬けます。酒を一口呑んでは輪ゴムをしゃぶります。かみ応えは充分。顎の運動にもなります。味の素なんかふりかけるとさらに乙ですね。 ■升酒の場合には、升の隅に塩を置いて呑むことがあります。昔の人はそんな呑み方でも充分楽しめたのでしょう。 ■ある時代の... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2015/08/26 08:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このあたりの歴史を調べていくと、このふたつの元寇だけでなく、それ以前にも、しばしば、博多や沖ノ島などの島々が襲われていたようですね。
鎌倉に救援を求める使者の書が見つかったとか?
だから、ある程度の準備が出来ていたという話もあります。
元寇も、神風ではなく、松浦党などの日本の海賊や武士たちの活躍のより追い払い、そのあとに台風でやられたらしい・・・・・?
鎌倉が、恩賞を払いたくないので、神風のおかげということにしたのかも?
ねこのひげ
2012/04/18 07:30
コメントをありがとうございます。

 恩賞を支払いたくないから神風のおかげということにしたというのは笑えますね。実際にありそうだし。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/04/19 06:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
北条時宗が執権に就任した日。国難を乗り切った指導者は過失で兄を殺してしまったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる