町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ストーンヘンジより5000年も古い? 最古の祭祀遺跡といわれるギョベックリ・テペはどこにあるの?

<<   作成日時 : 2012/02/08 07:27   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★歴史★
問題:世界には日本人が耳にすると「妙な名前だな」という地名がたくさんあります。オランダにはスケベニンゲンという場所があるそうですし、エロマンガ島という島も実在するとのこと。桃色の島は南太平洋のバヌアツ共和国の領土だそうです。Wikipediaの見出しはイロマンガ島となっていますが、「エロマンガ島」とも呼ばれると記されています。アルゼンチンにはマルデアホという観光地があるとのこと。首都ブエノスアイレスの南に位置するようです。
■本日のクイズで取り上げたギョベックリ・テペ。こちらは空耳として日本語に聞こえるわけではありません。でも印象に残る不思議な地名ではあります。ギョベックリ・テペは、響きが面白いというだけの地名ではありません。世界最古の祭祀施設があったとも言われる場所であり、人類にとってたいへん貴重な世界遺産なのだそうです。
■イギリスにはストーン・ヘンジと呼ばれる祭祀施設らしきものが発見されています。こちらは石が建てられたのは今から4000年ぐらい前。周辺の堀がつくられたのは5000年ぐらい前といわれます*3。ギョベックリ・テペは今から1万年以上前と推定されており、ストーンヘンジよりも5000〜7000年ぐらい古いようです。
■ではこのギョベックリ・テペは、次のどの国にあるのでしょうか?
[い]アイスランド
[ろ]ノルウェー
[は]ハンガリー
[に]トルコ
[ほ]イラン
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]トルコ
説明:トルコの南東部、シャンウルファと呼ばれる町の郊外の丘にあるそうです。参考資料*1の表記ではギョベックリ・テペ。Wikipediaの表記ではギョベクリ・テペ。いずれにせよ、変な名前ではあります。
■祭祀というのは、ご承知のように「神や祖先をまつること」です。祭祀施設は神殿とか寺社仏閣などを意味するようです。ギョベックリ・テペの祭祀施設は、エンクロージャーと呼ばれる円形の石垣(石積み周壁)の中にT字形の石柱が林立するのがきまった形式らしい。
■T字形の石柱は人を模したものとも見られています。柱の側面にはさまざまな動物の彫刻がほどこされているとのこと。T字形の石柱のうち、最大のものは高さ5.5m、推定重量は16tにもなるそうです。重機のない時代にどうやってそんな代物を立ち上げたのでしょうね。不思議です。
■ギョベックリ・テペをレーダーで探査したところ、少なくとも20基の円形石垣の存在が確認されているとのこと。とても大規模な遺構のようです。
■ギョベックリ・テペは地元の観光業者たちにとって、たいへん有用な遺跡でしょう。同時に、考古学・歴史学・社会学などの専門家たちにとっても、きわめて興味深い遺跡になったようです。それは、長年結論が出されないでいた「卵が先か、ニワトリが先か」問題に決着をつけられる証拠になるかもしれないからです。おっと失礼、正しくは「農耕が先か、宗教が先か」問題でしたね。
■西アジアで農耕が始まったのは今から1万年〜1万1000年前ぐらいと推定されています。ギョベックリ・テペ遺跡は1万200年〜1万1600年前ぐらいと推定されているとのこと。ひょっとすると、農耕が始まる前にすでに祭祀施設は建設され、運営されていたのかもしれません。
■従来の定説は、「農耕がはじまったあとに,社会が発達して,組織的な信仰(宗教)が生まれた」というものでした。大規模な祭祀施設を作るためには多くの労働者が必要であり、彼らを養う食料が必要です。狩猟・採集だけの生活では、大規模な祭祀施設は作れないはずでした。
■でもギョベックリ・テペ遺跡は存在し、放射線による年代測定では、農耕の始まりよりもさらに前だった可能性があります。逆に考えれば、遺跡の建設に必要な労働者・食料の安定確保のために農耕の発達が促されたという見方もできるようです。
■さらにギョベックリ・テペ遺跡の不思議なのは、この地が人類初の巡礼地だったという可能性が見られることです。単一の集団が利用したものではないらしい。複数の地域集団による共同施設だったかもしれない。その証拠となるのは遺跡から発掘されるさまざまな石器だそうです。周辺地域のさまざまな種類の石器が発見されているとのこと。
■もうひとつ。T字形石柱に彫り込まれた動物の種類が、エンクロージャーごとに異なっていることもひとつの傍証とされているようです。各地域で崇拝されている動物が、自分たちの円形石垣の中で使われたと考えると理解できるらしい。筑波大学人文社会科学研究科教授の常木晃(つねき あきら)氏によれば、「数百キロメートル四方の広い範囲から人々が集い、祈りをささげた、人類初の巡礼地」と推定できるようです。
◆参考*1:雑誌「人類最古の祭祀遺跡『ギョベックリ・テペ』」Newton (ニュートン) 2011年 10月号125頁、ニュートンプレス
◇*2HP「ギョベクリ・テペ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%9A
◇*3HP「ストーンヘンジ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%B8

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マタギやアイヌの人たちも、獲物があるように祈る儀式がありますから、狩猟時代に、祭壇があってもおかしくはないでしょうね。
定説は常に覆われるもののようで・・・
おもしろい地名の場所ばかり旅行して旅行記を書いた人がいましたね。
ねこのひげ
2012/02/09 05:05
コメントをありがとうございます。

 なるほど。そういわれてみれば、アルタミラやラスコーの壁画だって、見方によれば狩りの成功を神や先祖に祈る施設(装置・設備?)なのかもしれません。ということは祭祀施設の規模に関係があるのでしょうかね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/02/09 21:20
ストーンサークル(石の環)。ソールズベリー辺り。

欧州諸国旅行で観光してきました。ストーンサークルにストーンヘッジ。バスでいける距離にあり両方興味深く見学

宇宙人が製作(笑)

トルコはアナトリア半島。旧ローマ帝国時代を世界史で学んでからいけば面白い古代の遺跡

またトルコは観光客が欲しく話題をあれこれ提供しています。「ワン湖のネッシー」だとか
sadakun_d
2012/02/19 20:07
コメントをありがとうございます。

 返事が遅れて申し訳ありません。運営会社からのメールを見逃したようです。
m(_ _)m

 多少なりとも知識があれば、旅行はより楽しくなりますね。京都に旅行に行くのでも、現在の本能寺を観て満足するか、ポツンと置かれた記念碑だけの昔の本能寺跡まで行くか。感慨が違ってくると思われます。
(^^;)
sadakun_d様<素町人
2012/04/07 09:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストーンヘンジより5000年も古い? 最古の祭祀遺跡といわれるギョベックリ・テペはどこにあるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる