町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準一級の難問。「イビツな格好」のイビツはどう書くの?

<<   作成日時 : 2012/02/06 07:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:本日は漢検準一級程度の書き取り問題です。なかなかの難問です。頑張って挑戦してみてください。
■下の5つの文のカタカナ部分を漢字に直してください。
[い]週末にはアマドイを修理しなければ
[ろ]物置でススけた掛け軸を見つけた
[は]ビシャモン天は四天王の構成員であると同時に七福神の構成員でもある
[に]イビツな格好だが安定性は高い
[ほ]恋のサヤアテを演じる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]週末には破損したアマドイを修理しなければのアマドイは雨樋と書く
■「雨樋」は、「雨水を軒先で受けて地上に流すために取り付ける細長い樋」だそうです。一戸建てですと、いまでも雨樋のついた家が多く見られます。マンションやアパートでは雨樋を省略した建物もあるようですね。
□「樋」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「トウ、ひ、かけひ、みぞ」という字音・字訓があります。現在の雨樋は合成樹脂や金属で整形されたものが多いようです。昔は木を多く用いたのでしょう。木偏に「通」です。木製の水を通す物という意味なのかな。
□昔、禁中、つまり皇居には「樋洗(ひすまし)」と呼ばれる役割の人がいたそうです。どんな仕事を担当していたのかなと思ったら、厠の掃除人だそうです。天皇や皇后などやんごとなき方々の物でよごれた樋を洗うのが役割だったようですね。こまめに洗うと臭いが防げたのかな。
[ろ]物置でススけた掛け軸を見つけたのススはと書く
■「煤」は、「有機物の不完全燃焼によって生じる炭素の黒い微粒子」だそうです。煤を集めて練り固めたものが習字で使う墨であると聞いたことがあります。墨は不完全燃焼の産物なんですね。
□「煤」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「バイ、すす、すみ」という字音・字訓があります。「煤煙(バイエン)」というよく使われる熟語をつくります。「煤払い(すすはらい)」という言葉もありますね。現代では大掃除と呼ばれています。
□「煤尾」という言葉もあるそうです。「バイビ」と読むらしい。10〜20代の女性では、親しい人との別れの際に「煤尾」と挨拶されるかたもいるようです。辞書によれば、意味としては単に「スス」のことらしい。「尾」はあってもなくても意味にかわりはないようです。
[は]ビシャモン天は四天王の構成員であると同時に七福神の構成員でもあるのビシャモンは毘沙門と書く
■「毘沙門天」は、多聞天(タモンテン)とも呼ばれます。持国天・増長天・広目天と並んで四天王の1人だそうです。いつもおっかない顔をしていますね。夜叉(ヤシャ)・羅刹(ラセツ)が眷属(ケンゾク)だそうです。眷属とは「隷属する身分のもの」という意味があるらしい。つまりは手下かな。夜叉とか羅刹なんて攻撃的で乱暴そうな連中を手下として使うには、いつもおっかない顔をしている必要があるのでしょうね。
□何年か前のNHK大河ドラマでは上杉謙信・景勝が登場し、「毘」という旗印がよく画面を賑わしていました。上杉謙信はやたらと毘沙門天に入れ込んでいたらしい。ライバルの武田信玄も甲府の満蔵院というお寺に毘沙門堂を建て、国内真言宗徒の祈願所としていたそうです。毘沙門天は戦国武将のアイドルだったのかな。
□大黒さん・恵比寿さん・弁天さんその他と並んで七福神の1人でもあるとのこと。大黒さんのおつかいはネズミ、弁天さんのおつかいは白蛇だそうです。毘沙門さんのおつかいはムカデだといういう話が落語にあります。毘沙門さんがムカデを呼んで手紙を渡し、急いで弁天さんのところに届けよと命じます。しばらく経ってから玄関を通ると、ムカデはまだそこにいてもぞもぞしています。「こらこら何をしているんだ。その手紙は急ぎだぞ」ととがめると、ムカデは「草鞋(わらじ)を履いているんです」と悲しそうに答えたらしい。ムカデは百足とも漢字で表記します。草鞋を履くのにも時間がかかりそうです。
[に]イビツな格好だが安定性は高いのイビツはと書く
■「歪」は、「物の形がゆがんでいること」だそうです。言葉の由来としては飯櫃(いいびつ、めしびつ)から来ているそうです。現代の製品は丸い姿のものが多いようですが、昔の飯櫃は楕円形をしており、正円から見ればゆがんでいたとのこと。「いいびつ」がゆがんでいる意味になり、やがて「いびつ」となったらしい。
□「歪」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「ワイ、ゆがむ、ひずむ」という字音・字訓があります。「歪曲(ワイキョク)」というよく知られた熟語をつくります。「ひんまげる」という意味ですね。
□「不正」という熟語がひとつの漢字になったのが「歪」です。マイナスの意味が多いのは当然です。でも正円よりも楕円=「歪(いびつ)」のほうが価値がある場合もあります。たとえば日本の貨幣ですね。昔の貨幣では、正円のものはたいてい安物です。小判や大判など、「歪(いびつ)」な形をしていると、なかなか価値があるわけですね。
[ほ]恋のサヤアテを演じるのサヤアテは鞘当てと書く
■「鞘当て」は、「武士が道で行き違うときに、互いに刀の鞘に触れたのをとがめ、争うこと」だそうです。現代のヤクザ者は「肩が触れた」といって因縁をつけます。昔は鞘だったわけですね。ホントに触れたとしてもたいした問題ではありません。でも町人とは異なり、武士はそんなささいなことでカチンと来るらしい。大変です。同情します。
□「恋の鞘当て」は、2匹の雄が1匹の雌をめぐって争うことです。人間の場合もよくありますね。多くの男性は何回か負けを経験しています。時々は勝ちも経験します。
□ただし、雌を獲得することが必ずしも勝利とは限りません。顔立ちがいい。気立てもいい。素晴らしい異性だと思って鞘当て競争に参加し、勝利し、生涯の伴侶にしてみたら極端な浪費癖があって別れざるを得なかった。そんな例もあります。その他、親戚がひどいとか、身体が弱いとか、深夜に強すぎるとか、どこに欠点があるか。わからないことも多い。負けるが勝ち。恋の鞘当てではそんなこともあるのでしょうね。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20421-5、成美堂出版
◇*2HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇辞書「日本国語大辞典」小学館

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アイドルで鞘師○○とかいう女の子がいて、変わった苗字だな?と思いましたが、先祖が、鞘作りの名人そろり新左エ門だったのかな?(笑)
刀というのは、刀工だけでなく、鞘師や砥師の力でも、ずいぶん性能に差がでるようですね。
ねこのひげ
2012/02/07 05:57
コメントをありがとうございます。

 鞘師とはなかなか面白い苗字ですね。ご先祖は職人さんかな。
 一見すると京都の地名「蛸薬師」に字面が似ています。いずれにせよ、古き良き日本の香りがしてきます。
(^^;) 
ねこのひげ様<素町人
2012/02/08 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検準一級の難問。「イビツな格好」のイビツはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる