町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日が800回目の命日である超大物宗教家藤井元彦。ホントは誰のこと?

<<   作成日時 : 2012/02/29 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
★歴史★
問題:今からちょうど800年前、1212年の2月29日。和暦では建暦(けんれき)2年1月25日。京都東山大谷において著名な宗教家が亡くなりました。
■この宗教家は、時の権力者に睨まれ、地方に流されたことがあるそうです。このとき僧籍を剥奪され、還俗名がつけられたとのこと。その還俗名が藤井元彦というものらしい。なんだか21世紀の日本にもいそうな名前ですね。
■では一時は藤井元彦を名乗らされ、800年前に亡くなったという超大物宗教家は次のだれでしょうか?
[い]空海
[ろ]空也
[は]法然
[に]親鸞
[ほ]日蓮
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]法然
説明:法然の諱(いみな、正式名)は源空(げんくう)だそうです。法然というのは一種の住所みたいなものらしい。房号と呼ばれるものだそうです。法然房源空は、法然と呼ばれる建物・僧房に暮らす源空さんという意味なのかもしれません。
■長承(ちょうしょう)2年(1133年)に生まれ、建暦(けんりゃく)2年(1212年)の今日、満80歳で亡くなったそうです。偉い坊さんですから「死んだ」のではなく、「入寂(にゅうじゃく)した」とか言うべきなのかな。
■「…もっぱら阿弥陀仏の誓いを信じ『南無阿弥陀仏』と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できるという専修念仏の教えを説き、のちに浄土宗の開祖とあおがれた」人だそうです*1。平安時代から鎌倉時代へと時代が移っていくなかで、宗教の大衆化につとめた人らしい。「南無阿弥陀仏」という念仏さえ唱えれば誰でも極楽に行ける…といっているのかな。これは簡単です。誰でも唱えますよね。
■それまではどうだったのでしょうか。時間や費用、努力を支払わねばならないたいへんな修行を積んだ人だけ、一部の特権階級だけが往生できるとされていたのかな。皇族や貴族たちは競って寺を建てたり寄付をしたりしています。往生料金とでもよぶべき支出ですね。
■これにくらべて誰でもできる成仏法は人気を博したようです。むずかしい理論はおいて、単純な実践法だけを提示する。現代でいえば簡単なダイエット法を提案してベストセラーを得るのに似ているのかもしれません。
■法然は建永(けんえい)2年/承元(しょうげん)元年(1207年)、満75歳のころに還俗させられ、藤井元彦という名前で土佐国に流罪となったようです。法然および弟子たちがあまりに人気があるので嫉妬した旧勢力にやられたのかな。このとき、弟子の親鸞も藤井善信(よしざね)という名前がつけられ、越後国(新潟県)に流されているとのこと。承元(しょうげん)の法難と呼ばれる出来事らしい。
■法然は実際には土佐まで行かず、讃岐国に目的地が変更となり、ここで10か月ほど布教活動をしているそうです。還俗させられたのに布教活動なんかしていいのかなと思いますが、昔は長閑だったんですね。そもそも讃岐国は親しい九条兼実(かねざね)の領地であり、兼実の庇護を受けたらしい。兼実自身は法然が流された直後に亡くなってしまったようですが、遺族は兼実の遺志を継いだのでしょう。
■余談です。九条兼実は、摂政・関白・太政大臣をつとめ、弟さんの兼房(かねふさ)も太政大臣をつとめています。さらにもう一人の弟慈円は天台座主(ざす)です。比叡山延暦寺の住職であり、天台宗の頂点に立つ人ですね。百人一首にも、「おほけなく うき世の 民(たみ)に おほふかな わがたつ杣(そま)に 墨染(すみぞめ)の袖」という歌が採用されています。
■九条兼実は、政治の中枢にいて40年近く「玉葉」という日記を書いたことで知られています。この時代のいちばんの史料といわれているらしい。弟の慈円は「愚管抄」という歴史の本を書いています。どちらにも法然に関する記述があるらしい。
■法然は、1年足らずで赦免されて戻ってくるのですが、京都に入ることは許されず、大坂に留まります。死ぬ直前に京都に戻ることができました。ちょうどそのころ親鸞も許されたのですが、雪が深くて春までは身動きできなかったらしい。師匠の死に目にあうことはできなかったようです。
◆参考*1:HP「法然 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E7%84%B6
◇*2HP「承元の法難 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%BF%E5%85%83%E3%81%AE%E6%B3%95%E9%9B%A3
◇*3HP「九条兼実 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E5%85%BC%E5%AE%9F

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
女犯の罪で男根切断。ひどい処刑をされた美男僧は誰の弟子だったの?
●●●●●★歴史★● 問題:ある美男僧のお話です。顔立ちだけでなく、声もたいへんよかったらしい。この僧とコンビを組んでいたもう一人の僧侶も美声だったとのこと。2人が念仏を唱えたり、「六時礼讃(ろくじらいさん)」の経文に節をつけて読み上げると、どこからともなく人々が集まり、みんなで唱和する集いになったそうです。「六時礼讃」というのは法要、宗教儀式のひとつだそうです。「1日を6つにわけて読経・念仏・礼拝を行なう」とのこと。 ■昔々、美男の僧侶が行なう念仏や講話、説教などは、テレビの人気番組... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2012/03/21 06:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
法然と親鸞が、流されたことは知ってましたが、還俗名までつけられていたとは知りませんでした。
新興宗教というのは、いつの時代どの国でも迫害されるようで。
既存の宗教勢力にとっては、商売のじゃまだったんでしょうね。
ねこのひげ
2012/03/01 06:08
コメントをありがとうございます。

 南無阿弥陀仏と唱えさえすれば成仏できる。これは簡単でいいですよね。極端な話、お布施を出さなくても成仏できるのかも。
 成仏したさに多額の寄付をしたりお寺を建立したりしていた人たちから見ると、「そんなのありかよ」といいたくなるでしょう。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/03/01 17:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日が800回目の命日である超大物宗教家藤井元彦。ホントは誰のこと? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる