町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 政略結婚の花嫁を騙して隣国を弱体化させる計略。どの戦国大名が使ったの?

<<   作成日時 : 2012/01/25 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
★歴史★
問題:戦国大名Aは隣国の戦国大名Bと緊張関係にありました。でも、周辺諸国とも緊張はあり、戦略上AとBは和睦し、Aの息子にBの娘を嫁入りさせることになりました。
■2人が夫婦となって1年ほどしたある日。妻が寝入ったのを見計らってAの息子はひそかに外に出かけます。明け方になると帰ります。そんなことが1か月ばかり続きました。
■妻はこれを怪しみ、「毎夜毎夜どこへ行かれるのですか。どなたか心を寄せる女性でもできたのですか」と尋ねます。「それは違う。少し秘密のことがあるのだ。それはお前には話せないことだ」と答えるだけ。それからさらに1か月ほど、おなじ行動をとりました。
■疑心暗鬼になった妻はさらに強く尋ねます。夫は、「そなたへの情は深いが、秘密のことは夫婦でも口にはできない。漏れてしまっては事が成り立たない。黙っているしかない」と答えます。妻は覚悟を固め、「それほどまでに信用されぬというのは残念です。私は実家にもどります」と言い放ちます。
■「では話す。お前の実家の2人の有力な家老とわしは心を通じ合っている。舅殿を討とうと密約しているのだ。2人が舅殿を討ち取ったら真夜中に合図の狼煙(のろし)をあげることになっている。それで毎夜毎夜、狼煙があがるのを見に出かけているのだ。狼煙があがったらすぐ隣国に攻め込む手はずになっている」。
■妻は秘密を打ち明けてくれたことを感謝します。でも、夫に見つからぬように注意しつつ、実家にこの計略を報告したそうです。戦国大名Bは怒って家老2人を斬罪にしてしまったとのこと。戦国大名Aは戦わずしてBの力を削ぐことに成功し、のちにBを完全に奪ってしまいます。
■では問題です。この戦国大名Aの息子とは次の誰でしょうか?
[い]織田信長(のぶなが)
[ろ]北条氏康(うじやす)
[は]毛利元就(もとなり)
[に]大友宗麟(そうりん)
[ほ]蒲生氏郷(うじさと)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]織田信長(のぶなが)
説明:参考資料*1によれば、この物語の配役は次のとおりです。
---戦国武将A=織田信秀(のぶひで)
---戦国武将B=斎藤道三(どうさん)
---Aの息子=織田信長
---Bの娘=濃姫(のうひめ)
残念ながら、斬殺されてしまった家老の名前はわかりませんでした。
■このお話は、熊沢猪太郎(いたろう?、熊沢淡庵(たんあん?))という人の「武将感状記(ぶしょうかんじょうき)」という本に記されているとのこと。「武将感状記」は、正徳(しょうとく)6年(1716年)に刊行されたらしい。戦国武将の行状を記した一種の逸話集のようです。
■江戸時代もなかばになってから記されているため、史実かどうかはなかなかわかりにくいようです。この話ももしホントだとすればたいへん面白いのですが。
■「武将感状記」には、例の石田三成(みつなり)と豊臣秀吉の出会いとして有名な、「三献茶」の逸話も記されているそうです。寺小姓だった三成が鷹狩りの帰りの秀吉に対して、大ぶりの茶碗にぬるめの茶→それよりは小さい茶碗にやや熱めの茶→小ぶりの茶碗に熱い茶という順番でお茶を出し、秀吉を感心させたというお話ですね。
■「武将感状記」は、面白いお話が紹介されているので、歴史小説のネタとしては使われるそうです。資料価値のほうはあまり高くないのかな。
◆参考*1:書籍「戦国逸話事典」初版80頁、逸話研究会編、IBSN4-404-01585-2、新人物往来社
◇*2HP「武将感状記 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%B0%86%E6%84%9F%E7%8A%B6%E8%A8%98

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この手の話は、江戸時代に作られたものが多いようですね。
掛け軸や陶器などの偽物も江戸時代に作られた物が多く、こうだったらおもしろいだろうなと、おもしろがって作られたようですね。
義経がジンギス・カーンという話も、江戸時代のようですしね。
それだけ、平和になって余裕ができたという事でしょうね。
ねこのひげ
2012/01/26 05:20
コメントをありがとうございます。

 現代においては、新聞や雑誌、テレビなどのマスコミが作り話の主たる供給源になっています。現代の作り話は部数拡販や視聴率向上という下卑た目的のために行なわれます。

 江戸時代なかごろでは印税制度もなく、著作権も確保されていなかったようです。つまり仮に作り話だとしても、読者を喜ばそうとする「純粋な」動機のみがあったのかな。まぁ、多少は名誉欲もあったかもしれませんが。

 いずれにせよ、現代の大新聞・放送局などの捏造話とは次元の異なる清らかな行為のように思われます。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/01/26 11:45
きのうニュースを見ていたら、大阪の堺市の古墳群を世界遺産に推薦するために調査していたら、そのうちのふたつが、ただの盛り土だというのがわかったそうです。
掘ってみたら、土中から江戸時代の磁器などが出て来たそうです。
あの時代の人が、後世の人間がおどろくぞ〜と思って、イタズラで作ったのかもしれませんね。
ねこのひげ
2012/01/27 07:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
政略結婚の花嫁を騙して隣国を弱体化させる計略。どの戦国大名が使ったの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる