町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS シロナガスクジラは100km離れた仲間と会話できるの?

<<   作成日時 : 2012/01/17 11:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★科学★
問題:シロナガスクジラは、ご存じのとおり動物界では最大の存在です。ひょっとしたら地球史上最大の動物かもと推定されています。体長が20〜30m。体重が150t(トン)もある個体がいるようです。
■アルゼンチノサウルスと呼ばれる恐竜は、地上では史上最大かもといわれています。いわゆるスーパーサウルスです。首と尻尾がやたらと長い草食性の恐竜ですね。体長が35〜45m。体重は90〜110tぐらいあったらしい*2。
■大きさばかりが注目されるシロナガスクジラです。でも他にもいろいろ不思議な点があるらしい。たとえばその鳴き声です。参考資料*1によればかなり遠くまで聞こえるものらしい。では、シロナガスクジラの声は、どのあたりまで聞こえるのでしょうか。
[い]約20km、東京駅と川崎駅(神奈川県)の直線距離ぐらい
[ろ]約45km、同鎌倉駅(神奈川県)の直線距離ぐらい
[は]約100km、同三島駅(静岡県)の直線距離ぐらい
[に]約150km、同静岡駅(静岡県)の直線距離ぐらい
[ほ]約500km、同備前駅(岡山県)の直線距離ぐらい
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[に]あるいは[ほ]が正しい
説明:Wikipediaのシロナガスクジラの項によると、「低周波の大きなうなり声を発し、音量は180ホンを超えることもある。この鳴き声により個体間のコミュニケーションを行っており、150km以上先の相手とも連絡をとる事が出来る」とのこと。この説を支持するとすれば、静岡駅あたりの個体とも連絡をとる事ができるのかな。ただし、海水中での話です。将来、温暖化によって両駅が海中に没した場合には実験可能かもしれませんけど。
■参考資料*3には、「ナガスクジラの鳴音の場合、20Hzという低周波であるため、到達距離は控えめに見積もって500km」とありました。500km先の仲間と話しができるのはすごい。500km離れた異性と愛をささやきあった場合、遠距離恋愛というべきなのかな。直接の会話なのだから、遠距離恋愛ではないのかな。
■一般に高い周波数の音は減衰しやすいそうです。吸収されてしまうらしい。とくに1000Hzをこえる周波数の音は遠くまで届きにくいらしい。「助けて!」と救いを求めるときは、金切り声ではあまり遠くまで届かないのかもしれません。低音で叫べば、ご近所だけでなく、警察署まで届くかも。
■参考資料*4には、やはり低音のほうが声が響きやすいという話が掲載されていました。女性に比べて男性の演説者のほうが、より少ないエネルギーで自分の声を会場中に響き渡らせることができるそうです。「高い音程の音は、低い音程の音よりもずっとよく吸収される」かららしい。「バスやテノールの声は反射される回数が多くなる」とのこと。吸収されにくいようです。
■ということは、前回、民主党の大統領候補を選ぶ戦いでヒラリー・クリントン氏が敗れたのは、女性なりの声の高さに理由があったわけか…というのはもちろん冗談です。現代では、電気をつかって声を増幅する音響機器があります。閉じられた会場であれば、男女の性差とは無関係に隅々まで声を届けることができます。ヒラリー・クリントン氏が演説のために使ったエネルギーもおそらくオバマ氏とおなじぐらいだったでしょう。
◆参考*1:HP「シロナガスクジラ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9
◇*2HP「アルゼンチノサウルス - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9
◇*3HP「jasj58」
http://cse.fra.affrc.go.jp/akamatsu/at/jasj58.html
◇*4書籍「おもしろ物理雑学 目からウロコ編」初版119頁、クリストファー・ヤルゴスキー/フランクリン・ポッター著、茂木健(たけし)訳、ISBN4-07-231225-8、主婦の友社

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
第二次世界大戦中の、連合軍の潜水艦乗りは、クジラの鳴き声を聞いて、海の幽霊か日本軍の秘密兵器かもと恐れたそうですが、日本海軍のほうは、太子出身の潜水艦乗りがいたので、クジラの鳴き声とわかっていたそうです。
メルビルの『白鯨』を読むと、当時、まだシロナガスクジラが認識されてないことがわかりますね。
ねこのひげ
2012/01/18 06:12
コメントをありがとうございます。

 潜水艦とクジラの鳴き声の話は面白いですね。

 秘密兵器ではなくても、クジラと接触したら潜水艦はかなり危ないでしょう。現在の海軍では、追い払うための音波とか流しているのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/01/18 08:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
シロナガスクジラは100km離れた仲間と会話できるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる