町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田県の難読地名。「八橋鯲沼」はなんて読むの?

<<   作成日時 : 2012/01/16 09:43   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★日本語★
問題:東北地方は、かつて北の民族が多く住んでいたところだそうです。平安時代のはじめのころ、坂上田村麻呂(たむらまろ)が征服したという蝦夷もそのひとつなのかな。東北の地名には滅んでいった民族の言葉の名残が多くみられると聞きますね。
■ただし、題の問題、「八橋鯲沼」は蝦夷とは無関係かもしれません。「やばせどじょうぬま」と読むらしい。「鯲」という漢字が難しいですね。普通は泥鰌と書きます。「鯲」は国字なのかな。
■本日は、秋田県の難読地名の問題です。下の地名はそれぞれなんと読むのでしょうか?
[い]鰄淵
[ろ]磐
[は]御囲地町
[に]機織轌ノ目
[ほ]笑内
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]鰄淵はかいらげふちと読む
■「鰄淵」は鰄「渕」とも書くようです。能代市にある地名だそうです。能代市は秋田県の北部、日本海に面した町ですね。男鹿半島の付け根から20kmぐらい北にあたります。
□「かいらげ」という魚が棲む渕があるのかと思いますよね。でも「かいらげ」で検索しても何もひっかかりません。
□参考資料*2では「鯎(うぐい)」という漢字と「鰄(かいらげ)」という漢字を取り違えた可能性が指摘されています。鰄淵のあたりは鯎がよく集まる川岸だったらしい。能代市の縄文時代の貝塚からも鯎の骨が多く出土するそうです。
□あたりはもともとは田尻村と呼ばれていたとのこと。延宝(えんぽう)7年(1679年)に鰄淵にあらたまったようです。延宝の大合併かなんかがあったのかな。新しい地名をつけるとき、鯎と鰄を取り違えたというのですが…素人には信じにくいお話です。なお、一部の辞書には、「鰄」という漢字は「鯎」の誤用という記述があるそうです。やっぱりホントなのかな。
[ろ]磐はいわおと読む

■「磐」も能代市にある地名だそうです。
□「磐」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「バン、いわ、いわお」という字音・字訓があります。「磐梯山(ばんだいさん)」などに使われる漢字ですね。磐城(いわき)という地名にも使われています。
□常磐線とか常磐自動車道という際の常磐は、常陸(ひたち)の国と磐城の国を結んでいることに由来しているそうです。それにしては、常磐線は日暮里(にっぽり)から仙台まで通じていますね。東日本大震災の影響でいまだに全線は再開されていないようです。福島原発の近所を避け、内陸部に線路を移転するというお話もあるらしい。
[は]御囲地町はおかちまちと読む
■「御囲地町」は、湯沢市にある地名だそうです。湯沢というと東京の人間はつい新潟県のほうを思い出してしまいます。こちらは魚沼郡湯沢町で市ではないらしい。
□秋田県湯沢市のほうは、内陸部にあります。雪でつくる仮設住宅かまくらで知られる横手、ちかごろでは横手焼きそばで知られる町の20kmほど南にあります。秋田全体でみると南端に位置しています。湯沢市は小野小町が生誕した地だそうで、秋田美人の産地なのかな。ちかごろでは佐々木希(のぞみ)という秋田美人が有名ですが、こちらは秋田市の産だそうです。
□オカチマチというと、東京の人間はつい御徒町のほうを思い出してしまいますね。御徒町のほうは、実際に江戸時代に下級武士である御徒(おかち)がたくさん住んでいたそうです。では御囲地町のほうはどんな由来があるのでしょうか。殿様が「ここはワシの領地じゃ」とばかりに塀を作って囲んでしまった土地なのかな。
[に]機織轌ノ目ははたおりそりのめと読む
■「機織轌ノ目」も、能代市にある地名だそうです。なんだか能代市は難読地名の宝庫みたいにみえますね。他にも槐(さいかち)とか腹鞁ノ沢(はらがいのさわ)とか松長布(まつながしき)とか朴瀬(ほのきせ)などなどたくさんあるらしい。
□「機織轌ノ目」は、少しずつ読めばさほど難しくないかもしれません。機織りという言葉はあります。「轌」を「そり」と読めれば、全体はなんとか読めるでしょう。
□なお、おなじ秋田県の由利本荘市(ゆりほんじょうし)には、雪車町(そりまち)という難読地名もあるとのこと。家政婦のミタこと松嶋菜々子(ななこ)の旦那みたいな地名です。
[ほ]笑内はおかしないと読む
■「笑内」は、北秋田市にある地名だそうです。北秋田市は、内陸部にある自治体です。男鹿半島から東に50kmぐらい行くとあるらしい。
□末尾が「内」で終わる地名はいくつかあります。北海道の稚内(わっかない)が有名ですね。歌志内(うたしない)、真駒内(まこまない)というのもありました。やはり北の民族の言葉が関係していると聞きます。「内」は沢とか川を意味するらしい。ということは、笑内は笑川のほとりにあったのでしょうか。
□関西の人ですと、「おかしない」は「おかしくないか?」という疑問形に聞こえるかもしれません。「笑う」という文字が含まれていますので、なおさら奇妙な感覚がありますね。
◆参考*1:HP「東北地方の難読地名一覧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%8C%97%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%81%AE%E9%9B%A3%E8%AA%AD%E5%9C%B0%E5%90%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7
◇*2HP「地名コラム(日本地名研究所HP)」
http://www8.ocn.ne.jp/~timeiken/column-4.htm

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
坂上田村麻呂も、日本人ではないのではないのか?という説がありますが、あのあたりは、ユーラシア大陸から渡って来たロシア人などもいたんでしょうね。
千葉県にも匝瑳(ソウサ)などという難しい地名があります。
古くからある場所ほど読み方の難しい地名が多いようですね。蝦夷とかが住んでいたんですかね。
いまのように、番号だけの地名というのも味気ないですね。
最近、子供の名前に読みにくい名前が増えたのはその反動ですかね?
ねこのひげ
2012/01/17 06:18
コメントをありがとうございます。

 千葉県の匝瑳市はなぜか知っていました。我が家に生協かなんかで届くハム・ソーセージは、匝瑳市で作られていたりします。
 今調べてみると、奈良時代ぐらいからある古い地名のようですね。凄いな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/01/17 21:58
ねこのひげも、匝瑳市のハム・ソーセージを買ったことがあります。
ハム・ソーセージの専門店が、田舎道にぽつんとあって、驚いてよったら、すごくおいしいハム・ソーセージで、うれしかったですね。
ねこのひげ
2012/01/18 06:48
コメントをありがとうございます。

 最近は、都会でなくても旨い洋風の食い物が作られていますね。
 テレビで紹介されていたのでは、秋田県や奈良県のスイーツがなかなか人気を得ているとか。ネットのおかげで、商売の機会が広がったのでしょうか。結構なことですね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2012/01/18 08:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋田県の難読地名。「八橋鯲沼」はなんて読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる