町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 読みにくい決まり文句。「当て所ない旅に出る」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2011/12/15 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:一世一代の芝居を打つ。この場合、一世は「イッセ」と読みますね。ルパン三世は「サンセイ」。「気骨が折れる」の場合は「きぼね」。「気骨のある人物」の場合は「キコツ」。日本語は場合に応じて読みが変わるのでなかなか大変です。
■本日は、決まり文句の中で読み間違えやすい言葉を選んでみました。それぞれの正しい読みはなんでしょうか。
[い]当て所ない
[ろ]一見さんお断り
[は]活魚料理
[に]今際の際
[ほ]有象無象
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]当て所ないはあてどないと読む
■「当て所ない旅」は、「行き先の決まっていない旅」ですね。弥次喜多道中の伊勢参りはちゃんと目的も行き先もある旅。おなじ時代でも国定忠治(くにさだ ちゅうじ)らの逃避行はホントに当て所ない旅のようです。
□「所」は「処」とも書きます。「処」という漢字は、常用漢字表によれば「ショ」という音読みしかありません。漢和辞典「字通」によれば、「ショ、おる、ところ、おく」という字音・字訓があります。ただし、「当て処」の場合は「ど」という読みにするようです。「目処(めど)が立つ」などの場合にも「ど」という読みですね。
□「何処」は「どこ」、あるいは「いずこ」です。この場合は「こ」という読みらしい。「隠れ処」の場合は、「が」です。「処」はとても変幻自在な漢字ではあります。
[ろ]一見さんお断りはイチゲンさんおことわりと読む
■「一見紳士風ですが実は詐欺師」という場合は、「一見」は「イッケン」と読みますね。でも飲食店などで使われる「一見さんお断り」の場合は「イチゲン」と読みます。「初めて会うこと。特に、旅館や料理屋などの客がなじみでなく、初めてであること」ですね。
□吉原などのサービス業では初会(ショカイ)という言葉も使われます。初めての人ですね。2回目が「裏を返す」だそうです。3回目以降になってはじめて「馴染み」と呼ばれるらしい。常連客ですね。お馴染みさんとして大きな顔をするまでには、だいぶ金を使わされるようです。
[は]活魚料理はいけうおリョウリと読む
■一部上場企業で個室をもらって重要な仕事をこなしている年配の知り合いがいました。でもこの人は飲みにいくとき、いつも「かつぎょりょうり」を食いに行こうとおっしゃるのです。小僧の分際でご注意申し上げるべきか。長く迷っていたものです。「活け魚」と書いてあれば誰でも「いけうお」と読むのでしょうけれど。
□「活」という漢字は、常用漢字表では「カツ」という音読みだけが掲載されています。漢和辞典「字通」では、「いきる」という字訓も記されていました。いわゆる表外の読みとして「いきる」があるようです。
[に]今際の際はいまわのきわと読む
■「いまわのきわ」は、「ご臨終」のときですね。死に際です。「今際」は仏教用語ではなく、「今は限り」から来ているそうです。その際(きわ)ですね。
□余談です。今際の際に話す言葉には真実がある。キリスト教だったかイスラム教だったか、はたまたユダヤ教だったか忘れましたが、そういう考え方があると聞いたことがあります。死に際の証言を重要視する文化ですね。
□ゴダールの映画「勝手にしやがれ」の最後の場面でジャン・ポール・ベルモンドが演ずる主人公のチンピラが警官の銃弾に倒れたとき、今際の際に何か小さくつぶやきます。何か重要なことを言ったのかと思ったら、「むかつくぜ」という意味だったらしい。あれは宗教をからかっているのでしょうかね。単に素直な感想を述べただけかな。内臓に瀕死の重傷を負っていれば、寒気はもちろん吐き気をも感じるかもしれません。
[ほ]有象無象はウゾウムゾウと読む
■「ウゾウムゾウ」は、「取るに足りない種々雑多な人々。多く集まったつまらない連中」という意味だそうです。よくいわれる衆愚に近い言葉なのかな。
□仏教用語の有相無相に由来するそうです。有相無相は目に見える現象と見えない現象、つまりあらゆる現象を指すとのこと。形而上と形而下のすべてであり、この世の一切ですね。
□それがなぜ今の意味になったのかは不明です。「有象無象」では重箱読みが重なっています。単なる当て字なのかもしれません。
◆参考*1:書籍「勘違いことばの辞典」西谷裕子編、東京堂出版
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
忌野清四朗さんは、いまわのきわではなくなって、ご臨終しちゃいましたけどね。
日本語は、同じ単語でも使い方で読み方が違ってくるのが難しいと外人さんが言ってました。
ねこのひげ
2011/12/17 05:21
コメントをありがとうございます。

 外人さんだけでなく、60年近く生きてきた日本人でも苦労しています。素町人も日本語を体得する前にご臨終になりそうです。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2011/12/17 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
読みにくい決まり文句。「当て所ない旅に出る」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる