町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検2級程度読み問題。「紺青はプルシアンブルーとも呼ばれる」の紺青はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2011/10/03 07:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
★日本語★
問題:漢検2級程度、社会人なら読めたほうがいい熟語の問題です。次の熟語はなんと読みますか?
[い]「高尚な趣味をお持ちで」の高尚
[ろ]「紺青はプルシアンブルーとも呼ばれる」の紺青
[は]「従容として死地に赴く」の従容
[に]「寸暇を惜しんで学業に励む」の寸暇
[ほ]「風袋ばかり立派な商品」の風袋
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「高尚な趣味をお持ちで」の高尚はコウショウと読む
■「高尚」は、「学問・技芸・言行などの程度が高く上品なこと」だそうです。「気高くて立派なこと」も高尚というらしい。
□反対語は「低俗」だそうです。固定観念で申し上げれば、クラシック音楽は高尚であり、ポピュラー音楽は低俗です。短歌や俳句は高尚で狂歌や川柳は低俗かな。日展は高尚でイラスト展は低俗なのかもしれません。
□かく申す弊クイズも低俗です。開き直るわけではありませんが、低俗は必ずしも悪いことではありません。世俗に対して超然たる態度をとり、理想を追って高尚ばかり求めれば、最後には誰も寄りつきません。孤高といえば格好いい。でも単なる馬鹿かもしれません。
□もちろん低俗も極端に走れば犯罪の領域に足を踏み入れてしまいます。高尚も低俗も程の良さが必要なのかもしれません。
[ろ]「紺青はプルシアンブルーとも呼ばれる」の紺青はコンジョウと読む
■「紺青」は、色の名前です。プルシアンブルーは、「プロシアの青」という意味だそうです。別名をベルリン藍。伯林(ベルリン)青とも表記されるらしい。浮世絵などの出版関係者のあいだではベロ藍となまって呼ばれたとWikipediaには記されていました*3。
□色は次のように再現できます。たとえばWORDならば、[フォント(の色)]→[その他の色…]→[ユーザー設定]の画面で次のように設定します。
---カラーモデル=[RGB]
---赤=26
---緑=68
---青=114
□試してみるとわかりますが、プルシアンブルーは暗い藍色です。ちょっと憂鬱な気分になりそうな沈んだ色です。似たような色名で群青(グンジョウ)があります。こちらはウルトラマリンブルーという明るい名前がついています。RGB値は70/93/170で、試してみるとわかりますが、少し明るめの青です。
[は]「従容として死地に赴く」の従容はショウヨウと読む
■「従容」とは、「ゆったりと落ち着いているさま」だそうです。「危急の場合にも、慌てて騒いだり焦ったりしないさま」も「従容」と形容されます。終戦直前、多くの特攻隊員たちは、従容として死地に赴いたのでしょうか。
□古い昔の中国の「荘子(そうし/そうじ)」という本には、「従容」という言葉がよく登場します。たとえば「在宥篇 第十一」という章では、「従容無為(ショウヨウ ムイ)」という言葉が使われます。「ゆったりとあるがままにふるまってこせこせした人為を弄することもない」という意味だそうです。
□岡倉天心(てんしん)の「茶の本」には、次のような荘子の問答が紹介されています。「ある日荘子は友人と濠梁(ゴウリョウ)のほとりに遊んだ。荘子いわく『いで遊びて従容たり。これ魚の楽しむなり』と。その友彼に答えていわく『子(し、君)は魚にあらず。いずくんぞ魚の楽しきを知らん』と。『子は我れにあらず、いずく んぞわが魚の楽しきを知らざるを知らん』と荘子は答えた」。
□魚が楽しんでいるね。へぇ、君は魚でもないのになぜ楽しんでいるとわかるんだい。ふふん、それなら聞くが、君は僕ではないのに、なぜ僕が魚の楽しみを理解できないとわかるんだい…というほどの意味でしょうか。なんだか高尚な屁理屈ですね。低俗な素町人風情には理解しがたいところがあります。
[に]「寸暇を惜しんで学業に励む」の寸暇はスンカと読む
■「寸暇」は、「ほんの少しのあき時間」のことだそうです。売れっ子の歌手や芸人は、寸暇を惜しんで睡眠をとるといいますね。ピンクレディのおふたりは移動の時間は寝てばかりいたとおっしゃっていました。現在ではAKB48の女子たちがそんな状態なのかな。
□「寸暇を惜しまず」という誤った使い方があるそうです。「寸暇を惜しまずに学業に励む」人は、寸暇には漫画本を読んだりゲームをしたりして時間をつぶしているのかな。それでは「寸暇を惜しんで学業に励む」人には勝てないかもしれません。「寸暇を惜しまず」は、「労を惜しまず」との混用かと疑われているようです。
[ほ]「風袋ばかり立派な商品」の風袋はフウタイと読む
■「風袋」には2つの意味があります。「はかりで物の重さを量るとき、それを入れてある容器・袋・箱など」が風袋と呼ばれることがあります。「風袋込みの重さは1kg」などと使われます。これに対して中身だけの場合は、「正味1kg」などといいます。英語の表記では風袋込みは「gross」、正味は「net」と記されていることがありますね。
□もう1つの意味は、「 実質に対しての外観。うわべ。見かけ」だそうです。最初の意味が転じたのかもしれません。「風袋のいい人」は、いい身なりの人なんでしょうね。
□似た言葉に「風体(フウテイ/フウタイ)」があります。「身分や職業をうかがわせるような外見上のようす」だそうです。「人相風体の怪しい人物」は、顔つきも身なりも卑しいということなのかな。
◆参考:*1書籍「2008年度版 漢字検定 問題と解説 2級」ISBN978-4-415-204246、新星出版社
◇*2HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇*3HP「紺青 (色) - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%BA%E9%9D%92_(%E8%89%B2)
◇*4書籍「荘子外篇上」文庫初版114〜115頁、福永光司(みつじ)著、朝日新聞社

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わりと簡単な漢検2級の間違い探し。「注意を換起する」はどこが間違っているの?
●●●★日本語★●●● 問題:最近では、パソコンや携帯機器で作文する人が増えました。仮名漢字変換装置を利用するため、熟語の間違いはかなり減っていると思われます。 ■それでも誤った熟語はときどきみられます。たとえば「注意を換起する」。注意を「喚」起するが正しい表記だそうです。ネットの「大辞泉」など、辞書で調べても、「換起」という表記の熟語はないようです。 ■ところが、ヤフーの検索で「日本国内」のサイトに限定し、「換起 -喚起 -換気」で検索すると、90万件ほどが引っかかります(1207... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2012/07/09 07:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
プリシアンブルーというとフェルメールの『青いターバンの少女』を思い出しますが、日本に輸入されると、葛飾北斎や伊藤若冲もさっそく使ったんですね。
日本人の新し物好きはこのころからなんですね。

荘子のように弁舌で世の中をわたっていた奴は中国の戦国時代には多かったようですね。
役人に誤解されて瀕死の重傷をおった男が、妻に舌を見せて舌に怪我をしてないのを聞いて「足れり」と言ったという逸話もありますね。
すごいというか、凡人はあきれますが・・・・(~o~)
ねこのひげ
2011/10/05 06:53
コメントをありがとうございます。

 ひょっとしたらねこのひげ様の勘違いかもしれません。フェルメールの活動期間は17世紀中葉にあり、いわゆるフェルメールブルーはウルトラマリンと呼ばれる顔料だったそうです。
 海を越えてアフガニスタンから到来したラピスラズリという鉱物を原料とする絵の具は、金よりも高価だったとか。ふんだんに使ったフェルメールは大きな借金を残して死んだという噂があるらしい。画材屋さんが作品を差し押さえていたりして。
(^^;)

 プルシアンブルーは18世紀初頭に開発された顔料だそうです。ウルトラマリンがあまりに高価なので代替品として利用されたらしい。葛飾北斎や伊藤若冲らが使ったのはこちらのようです。

 それにしても「青いターバンの少女」は美しい。21世紀初頭の現代でも十分に輝いています。ターバンの部分は金よりも高いと思うとさらにまぶしさを感じます。
(^^;)

参考HP
http://artprogramkt.blog91.fc2.com/blog-entry-126.html
ねこのひげ様<素町人
2011/10/05 08:54
勘違いしてました。
いま、Wikipedeiaで確認してきました。
なぜかラビスラズリ=プルシアンブルーと思い込んでました。
コメントも確認してから書くようにしなければいけませんです。正しいと思い込んでいたので確認しなかったのですが・・・・(>_<)
周りにしゃべった記憶がないので、少なくとも周りでは恥をかいてないようですが、全国的に恥をかいてしまいました。(~o~)
ねこのひげ
2011/10/06 03:59
コメントをありがとうございます。

 いやいや、間違いは誰にでもあります。お気になさらぬよう。
 かく申す素町人も細かい間違いはしょっちゅうですし、けっこう大きな間違いもわりと頻繁に犯します。
 素町人の場合は年のせいもあるのですが。抗酸化物質を大量に摂取して、脳の老化を防ぐべきなのかな。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2011/10/06 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検2級程度読み問題。「紺青はプルシアンブルーとも呼ばれる」の紺青はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる