遺伝子数のギネス記録。人間よりはるかに多い遺伝子を持つ動物はミジンコなの?

画像
★科学★
問題:人間の細胞核のDNAには30億塩基対という膨大な情報が記されているそうです。塩基対はいくつかまとまって遺伝子を構成するらしい。
■人間においては平成15年(2003年)4月14日に遺伝子情報の解読が完了しました。このときの推定値では、人間の遺伝子の数は3万2615個だったそうです。その後の解析によりこの推定値は誤りであることが判明します。平成16年(2004年)10月21日付の科学雑誌「ネイチャー」に掲載された新しい推定値では、2万1787個に減っているようです*1。
■遺伝子の数も多少の個体差があるとのこと。人類全員が2万1787個の遺伝子を持っているわけではなく、その前後の数ということらしい。
■30億塩基対で2万個の遺伝子だとすると、遺伝子ひとつあたりで平均すると15万個の塩基対が含まれていることになります。参考資料*3によると、大腸菌の場合では約3000の遺伝子を持ち、1つの遺伝子は1000余りの塩基対から構成されているとのこと。大腸菌と比べると、人間のほうが少し複雑にできているのでしょうか。
■科学雑誌「Science」の2011年2月4日号は、人間をしのぐ数の遺伝子数を持つ動物が発見されたことを伝えたようです。アメリカのインディアナ大学のコルボーン博士と東京薬科大学の時下進一(ときした しんいち)講師らのグループが、3万907個の遺伝子を持つ動物がいたと発表したらしい。この時点での新記録とのこと。これ以上多い遺伝子を持つ動物は見つかっていないようです。
■では、この多様な遺伝子を持つ動物は、次のどの種でしょうか?
[い]ミジンコ
[ろ]アリンコ
[は]オカメインコ
[に]フラミンゴ
[ほ]モモイロサンゴ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[い]ミジンコ
説明:ジャズサックス演奏家の坂田明(あきら)氏は、ミジンコ研究家としても知られています。日本プランクトン学会から平成15年(2003年)に特別表彰されたこともあるらしい。平成19年(2007年)には東京薬科大学生命科学部客員教授に就任したとのこと。今回の共同研究者時下進一講師の同僚に見えます。ひょっとしたら坂田明氏の提言でミジンコを調べたのかな。
■坂田明氏はともかく、素人としては首をひねりたくなります。ミジンコなんてかなり原始的な動物じゃん。なんで奴らのほうが人間よりも遺伝子の数が多いの? 人間の遺伝子数がもっと単純そうな生き物に負けてしまう。そんなのありなの。これは素人だけの反応ではなく、遺伝の専門家たちもかつては驚いたらしい。
■現在わかっているところでは、人間の遺伝子数は生物のうちでもそんなに多いほうではないそうです。たとえばイネ科の植物の遺伝子は人間より数においては多いとのこと*1。3万個ぐらいあるらしい*4。あるいは棘皮(キョクヒ)動物であるウニの遺伝子は人間とほぼ同数だそうです。身体の構造でみるとウニのほうが単純なのかもしれませんが、遺伝子の数はほぼおなじ。かつその70%は人間とウニで共通しているともいわれます。
■ミジンコは、環境に応じて身体の形や血液の組成、生殖法をかえるそうです。適応力がやたらと高いらしい。多量の遺伝子数が適応力を支えているのでしょうか。なんとも不思議ですね。
◆参考*1:HP「ヒトゲノム - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%88%E3%82%B2%E3%83%8E%E3%83%A0
◇*2HP「遺伝子 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90
◇*3HP「遺伝子 - Yahoo!百科事典」
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90/
◇*4HP「イネ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8D
◇*5HP「坂田明 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E7%94%B0%E6%98%8E

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年08月05日 06:38
坂田明さんのサックスは、あるパーティーで目の前数メートルのところで、聞かせていただきました。
感激でした♪
人間とゴリラの遺伝子の差が1個分だけと聞いて驚いたことがありますけどね。
それでこんなに差がでるのかと不思議でしたが、ウニとも大差がないのも不思議ですね。
外見は完璧に違うんですけどね。(~_~;)
ねこのひげ様<素町人
2011年08月05日 12:34
コメントをありがとうございます。

 ゴリラの話も驚かされますけど、ウニと人の遺伝子に共通部分が多いのには驚きます。ひょっとしたら、ウニとカニとワニとダニの遺伝子も共通部分が多いのでしょうか?
(^^;)

この記事へのトラックバック