サッカーW杯が現在の32か国で争われるようになったのはいつからなの?

画像
★歴史★
問題:いよいよ次回、2014年(平成26年)ブラジルW杯の予選が9月2日から始まるそうです。実際には、アジアの1次予選や2次予選はすでに始まって終わっているわけですね。日本が参加する3次予選、4次(最終)予選がこれから始まるようです。ちなみましてW杯にかんする雑学を。
■サッカーのW杯は、1930年(昭和5年)にウルグアイで開催されたそうです*2。以後、4年に1回ずつ開催されています。1942年(昭和17年)と1946年(昭和21年)は戦争の影響でお休みしていますので、次回の2014年(平成26年)ブラジル大会は20回目ということになるらしい。
■五輪をしのぐ世界最大の運動系催事です。日本も1998年(平成10年)のフランス大会から本大会に参加しています。4大会連続です。うち2回は決勝勝抜戦に進出しています。
■最初のウルグアイ大会では、13か国のチームが参加したそうです。現在は32か国のチームが参加します。約200の国と地域から選ばれるのですから予選のほうも大騒ぎですね。
■では、サッカーファンにはわりと簡単な問題です。本大会に32か国のチームが参加するようになったのは次のどの大会からでしょうか?
[い]1986年(昭和61年)メキシコ大会
[ろ]1990年(平成2年)イタリア大会
[は]1994年(平成6年)アメリカ大会
[に]1998年(平成10年)フランス大会
[ほ]2002年(平成14年)日韓大会
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]1998年(平成10年)フランス大会
説明:1998年(平成10年)のフランス大会は、フランスとしては2回目の開催だそうです。第3回大会、1938年(昭和13年)にも開催しているんですね。
■日本は初めてアジア予選を勝ち抜き、本大会に出場を果たしました。残念ながら0勝3敗で決勝勝抜戦には進めませんでした。中山ゴンが最後のジャマイカ戦でゴールを挙げた場面だけが記憶に残っています。
■フランス大会以後、日韓大会、ドイツ大会、南アフリカ大会は、ずっとおなじ方式で運営されています。まずは4チーム×8組で総当たり予選を行ないます。各組上位2チームが決勝勝抜戦へ進出します。
■それ以前、たとえば1994年(平成6年)のアメリカ大会では、24か国が参加しました。4チーム×6組で総当たり予選、各組上位2チームは無条件で勝ち抜け。3位チームのうち上位4チームも勝ち抜けて、16チームで決勝勝抜戦を戦いました。
■1990年(平成2年)イタリア大会、1986年(昭和61年)メキシコ大会もアメリカ大会とおなじ方式だったようです。
■1982年(昭和57年)のスペイン大会も24か国が参加しました。4チーム×6組の1次リーグが行なわれ、各組上位2チームが3チーム×4組の2次リーグに進出します。各組上位1チームが決勝勝抜戦を争いました。決勝勝抜戦参加チーム数は4。いきなり準決勝ですね。
■1930年(昭和5年)の第1回ウルグアイ大会からの参加国の推移は次のとおりです。
---第1回ウルグアイ大会、1930年(昭和5年)、13か国
---第2回イタリア大会、1934年(昭和9年)、16か国
---第3回フランス大会、1938年(昭和13年)、15か国
---第4回ブラジル大会、1950年(昭和25年)、13か国
---第5回スイス大会、1954年(昭和29年)、16か国
---第6回スウェーデン大会、1958年(昭和33年)、16か国
---第7回チリ大会、1962年(昭和37年)、16か国
---第8回イングランド大会、1966年(昭和41年)、16か国
---第9回メキシコ大会、1970年(昭和45年)、16か国
---第10回西ドイツ大会、1974年(昭和49年)、16か国
---第11回アルゼンチン大会、1978年(昭和53年)、16か国
---第12回スペイン大会1982年(昭和57年)~第15回アメリカ大会平成4年(1994年)、24か国
---第16回フランス大会1998年(平成10年)~第20回ブラジル大会2014年(平成26年)、32か国
■第3回フランス大会では、16か国の予定だったようですが、オーストリアがドイツに併合されたので棄権し、1か国減ったそうです。このときは予選リーグなしのいきなり決勝勝抜戦です。
■第4回ブラジル大会では第2次世界大戦の復興途上だったからなのか、辞退国が多発したそうです。
■サッカーのW杯は、参加国数も方式もだいぶ変わってきています。現在の32か国方式が長続きするのか。あるいは少し増減があるのか。先のことはわからないようですね。
◆参考*1:HP「FIFAワールドカップ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97
◇*2HP「サッカーの第1回W杯でウルグアイが優勝した日。何カ国が参加していたの?」
http://blog.q-q.jp/200807/article_51.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年09月01日 06:25
今回の予選は、本田が怪我をして離脱しているので、格下ばかりとはいえ、油断なりませんね。
ブラジルやアルゼンチンも往年の力がないように思えますので、伏兵が出てくるとおもしろいのですが、しかし、日本のサッカーも隔世の感ありでよろこばしいです。
ねこのひげ様<素町人
2011年09月01日 09:00
コメントをありがとうございます。

 本田と中村憲剛の離脱は痛いですね。ただ、いまの日本代表は、人材は豊富といわれています。3次予選の突破はそんなに難しくないものと楽観しています。
(^^;)

この記事へのトラックバック